覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド  








阿川大樹TOP

こんな仕事をしています

【小説】
 基本的に「ミステリー作家」(日本推理作家協会会員)ですが、活動範囲は広く小説一般だと考えています。
 短編の執筆もお受けします。
 いくつか未刊行の長編の手持ちもあります。
 こちらからお問い合わせください。

【エッセイ】
 雑誌で100号以上つづく連載の他、単発のものなど、幅広い分野の雑誌でエッセイを書いています。
 エッセイコンテストの審査委員の経験もあります。

【取材記事】
 音楽雑誌、工学系雑誌、ヨット雑誌、就職情報、などに取材記事やさまざまなインタビュー記事を書いています。
 アメリカ企業のCEO20人以上にインタビューしたことがあります。
 
【評論・コラム・解説】
 インターネット文化、テクノロジー全般、音楽(クラシック、ジャズ、ロック)、経済、政治、社会、マスメディア論、ファッション、ライフスタイル、スポーツ、旅行、自然、アメリカ文化、沖縄、など、社会全般に関する新しい視点からの、評論・コラムを書いています。

【講演・講義】
 いくつかの大学で、特別講義をしています。
 企業の依頼で社内向け、社外向けのセミナーの講師などをお引き受けしています。
 シンポジウムのスピーカー、パネルディスカッションの座長やパネラーの経験もあります。
 司会もやります。

 なにしろ劇団「夢の遊眠社」創設者だったりもしますので、ステージ度胸と機転の利いた対応には定評があります。人前で話しをするのはかなり好きです。

 いずれも、こちらへお問い合わせください。

 著作については、公表できるものの概略を著作目録よりご覧いただけます。