覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« [WINE]ひるぜん 岡山ピオーネ | メイン | クリスマス »

wii + wii fit 任天堂の偉業

R0012846.jpg

 クリスマス・イブ。
 昨日、ヨドバシで注文した wii + wii fit が本日午前9時過ぎに届いた。
 注文から20時間しか経ってない。すごいな最先端の流通。

 午後3時くらいから夫婦で3時間ほど遊んじゃった。
 軽く汗ばむので、夕食の時まで暖房がいらなかった。

 体動かさないと頭も働かない、というときがある。
 特にバランスを取るという意外に体幹をしっかりつかう運動ばかりなので、僕のような暮らしには、かなりいいかもしれません。
 最初、慣れないこともあってバランス年齢が「+13歳」で「げっ」と思ったけど、1時間ほど遊んでからもういちど測ったら「-14歳」と、一気に27歳若返った。ほんとかよ。(やる気を出させるためのおべんちゃらだろ)

 どうやら、静止時のバランスはほとんど完璧。意図的にずらしていくのは、けっこう苦手、片足立ちは軸足の左はいいけど、右だと不安定。
 重心の位置を中間位置で自分の思ったように思った精度で動かすのはなかなかむずかしいのだ。

 すでに自分のアバターに愛着を感じ始めています。(笑)

 しかし、デザインも大人向けにできていて、wii は、すごくいい商品だ。
 ソニーの Play Station に於ける戦略の間違いが、ほんとに力任せでダサイものだったということがわかってしまう。任天堂はまったく新しいホームエンターテインメントをいいかたちで産み出した。
 これは、かつてのウォークマンに匹敵する画期的な「発明」だと思う。
 鉄腕アトムの頃に描いた、21世紀の姿は、Play Station 3 よりも wii が体現していると思う。「生活のなかの先端技術のありかた」という視点。

 深夜から明け方にかけて、年賀状200枚の印刷。
 他に妻が150枚出すので、我が家の年賀状は合計350枚。
 妻と僕とは別人格なので、一人の方にそれぞれから年賀状が別に届くこともあります。(て、当たり前のことだと思うけど、意外にそういう受け取り方をした経験はないなあ)

 我が家はクリスチャンでも商売人でもないので、クリスマスイブのイベントは特になし。

 よく、「クリスチャンじゃないのに騒ぎすぎ」という人がいるけど、そもそもクリスチャンはクリスマスに騒がない。一方、宗教にかかわらず商売人ならあらゆる機会をうまく利用するのは当然だと思う。消費者としての自分はそれに乗るつもりはないけど、クリスマスは(宗教行事ではなくとも商売の機会として)騒ぐべきだ。
 イスラムのイベントもヒンズーのイベントも、どんどん掘り起こしてやったらいいんじゃないかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.agawataiju.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/689