覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2010年07月 | メイン | 2010年09月 »

2010年08月31日

テレビの取材

 午後4時、ケーブルテレビの取材チームがやってくる。
 午後10時過ぎまで仕事。

Amazon Kindle がやってきた

R0015230.jpg

 8月30日、はるばるアメリカから kindle が届く。

 kindle を触るのは初めてではないけれど、改めて、e-ink の読みやすさに感動する。
 コントラストも素晴らしいし、文字の大きさが自由に変えられるのも助かる。
 アメリカで kindle の利用者が50代60代が中心であるというのも納得だ。

 手始めに The Los Angeles Times, The Mainichi Daily News を講読してみる。
 パソコンで講読を申し込むと、勝手に kindle に届く。
(もちろん kindle から買うこともできる)

 ネットもパソコンも意識する必要のない仕組みが素晴らしい。

 仏英辞典を購入。これも自動的にダウンロードされる。
 これでフランス語の本を読むときも、辞書引きが簡単になる。

 電子書籍端末として、読みやすさ、購入の容易さ、バッテリーの保ち、など、システムとハードウエア両面で、すばらしい作り込みだ。
 日本で電子書籍の議論をするときに、この amazon の仕組みは、到達すべき最低限の基準として考えていくべきだと思う。

 Amazon Kindle を基準に考えたとき、日本語入力、縦書き、ルビ、など日本固有の解決すべき課題はある。

 それらはそれらとして解決するとして、そのあとにできる、読むときの端末の見やすさ、使い勝手、本に出会う場所としての電子書店の品揃えや使い勝手、買うときの決済システム、など、それぞれの在り方は、amazon の利便性を下回るのではだめだ。

 このような優れたすでにお手本があるのだから、日本の出版業界には、早く日本語の書籍のファイル形式やオーサリングシステムを確立して、少なくとも amazon を下回らない使い勝手を提供してもらわないと困る。

 そもそも文字だけの本に関しては、縦書き、ルビ、など、すでに技術的な問題は青空文庫などで解決済みであるはずだ。
 時代は「どれだけ人と金をかけてやる気を出すかどうか」という実行の段階に来ている。

 kindle では、カラー写真や映像は取り扱えない。
 しかし、年間8万タイトルも発行されている日本の書籍の多くは文字だけの書籍であるはずだ。
 電子読書端末がソフトウエアでアップグレードできる性格のものであることを考えれば、それらの対応は後からでもできる。
 大事なことは、メインストリームである文字だけの電子書籍を、どれだけ早く十分な品揃えで、きちんと流通に載せていくことができるか、だろう。

 文字だけの書籍でインフラが揃っていき、市場が立ち上がっていけば、そこに、あとから雑誌やマルチメディアコンテンツを載せることはいつだって可能だ。

「電子」なんだから、あとからアップデートすればいいのだ。

 早くキンドル(または同様のデバイス)で日本の本をどんどん読みたい。

R0015232.jpg
さっそく100円ショップで買ってきたポーチがぴったりサイズ

2010年08月28日

チラシの印刷

 午後、こんどは電車で横浜駅西口のヨドバシカメラへ。

 B5の紙を2000枚買って担いで歩いたら疲れたので、中国茶の専門店「茶話」で、西湖龍井茶をゆったり淹れて飲みながら日が暮れるまで過ごす。

 駅へもどるついでに、丸善横浜ポルタ店で「D列車でいこう」の売り場を確認。
 担当の書店員さんがいたら挨拶しようと思ったのだけど、見かけなかったのでそのまま失礼した。
 発売二ヶ月が経ってまだ平積にしてくれている。感謝。

 夕方からスタジオに出勤して、チラシの印刷を始める。
 900枚刷ったところでトナー切れ。

 2000枚なので印刷屋に頼んでもいいのだけど、交渉が億劫で。
 
 午前0時過ぎに帰宅。
 自宅で夕食。後、チーズで赤ワイン。

2010年08月27日

遥かなり、海南鶏飯

 夏休み美食シリーズ。
「GOHAN」の隣の「青蓮」へ。

 海南チキンライスがあるとウエブには書いてあったのでランチにいったのだけど、いまはご飯が普通の米なので、ただの蒸し鶏定食だった。
(海南チキンライスは長粒米を鶏の出汁で炊いたご飯を使う)
 まあ、鶏自体は美味しかったですけど。
 全体に微妙ないい味を出している店で魅力はある。

 自転車で東急ハンズとヨドバシカメラへ。
 黄金町バザールのイベントのためのチラシを印刷するための紙探し。

 夕方からスタジオに出勤。
 紙の当たりがついたのでチラシのデザイン。

 翌午前5時過ぎに帰宅。
 やっていることはあいかわらず事務的なこと。

2010年08月26日

Japanese Dining GOHAN

 暑さに負けて出勤せず。
 代わりに(?) wii sports でヨガとか筋トレとか。

 夕食は「近所で夏休み」の続きで、近くの「みなとみらいセンタービル」に月曜にオープンした「GOHAN」へ。
 ここはワタミ系列の上位ブランド。
 カリフォルニアの多国籍レストランのイメージの内装。接客もとてもきちんとしている。料理のバリエーションも味も見かけも大変けっこう。
 
 もっとも、チェーン店の開店時は、本社のオープニングスタッフが大量に入って、教育とサポートをするものなので、問題はしばらくして現地のプロパー従業員だけになったときに、接客品質を保つことができるかどうか。
 夫婦で、5皿と飲み物で、小計4700円、開店記念クーポンで1000円引きで3700円払って、9月から使える金券2000円をくれた。

 割引はともかくとして、この価格でこの品質を確保できるワタミはすごい。
 帰宅後は、妻のパソコンの環境整備のサポート。

2010年08月25日

おいしい豆腐

 午後から黄金町へ出勤。
 事務的な仕事をダラダラこなす。
 午後6時過ぎに切り上げて、横浜橋商店街へ。
 水曜日で休みの店が多い。ちょっと失敗。

 いつもの105円なのにすごくおいしい豆腐2つ、それにトマトなど。

 夕食はその豆腐をメインディッシュに。

2010年08月24日

第三企画室の日

 打合せの日につき黄金町には出勤せず。

 午前中、プール。
 暑さのせいか空いていて、1レーンにつき1人。
 腰が痛いので無理をせず、「軽く、軽く」を心がける。

 各駅で渋谷へ向かう途中、「アップルvsアマゾンvsグーグル」(武井一巳 マイコミ新書)を読む。

 夕方、渋谷某所にて新刊の打合せ。
 終了後、待ち時間に紀伊國屋にて「永遠の0」(講談社文庫)を購入。

 夜は、渋谷某所にて「第三企画室、出動す」の打ち上げ。
 渋谷は子供の町になってしまって、大人向けの店がどんどん撤退しているけれど、マークシティに沿って、道玄坂の上の方に大人の町ができあがっている。

2010年08月23日

病院へ

 何日、真夏日が続いているのだろう。

 バイクで黄金町のスタジオへ出て、1時間ほど事務仕事。
 その足で、義母の入院している病院へ。
 機動力からバイクでの移動を選んだわけだけど、暑いのなんの。

 手術は予定外の部分にまで及んだようだが、ICUで面会した母は、手術前よりもむしろ元気な印象。

 足を太ももから切断したので、足のない自分に直面することになるわけだけだ。
「自立した生活」という機能の側面からは、他の器官に比較して足は、比較的生活の質にインパクトを与えないのが不幸中の幸い。
 ただ、「足のない自分を受け入れる」という心の問題をしっかりとケアしなくては。

 見舞いのあと、ジョリーパスタで冷たいスパゲティ。
 とても美味しかった。

 午後8時から11時まで、マンションの理事会の分科会。

 いろいろあって疲れるけど、小説を書いていないので、疲れの種類が楽。

2010年08月22日

夏だ、ヨットだ!

149523477.jpg

 久々にヨットに乗る。
 クラブレースの日なのだけど、ゆっくり出て行ってレースには参加せず。
 だって、暑いんだもん。夏はヨットには向かない。

 午後4時からはボートヤードでビアパーティ。

 午後7時、黄金町の仕事場へ出て、事務仕事。

2010年08月21日

馬生ハマ寄席

 午後、野毛のにぎわい座で「馬生ハマ寄席」。
 新作落語プロジェクトの一環。

 桃川健の江戸紙切りに始まって、金原亭駒ん奈(荻野アンナ)、金原亭馬治、茶番、なぜか三宅美子のハープ演奏があったりして、金原亭馬吉、金原亭馬生、最後は大喜利。

 駒ん奈の落語を1としたとき、馬吉は100,馬生は10000、くらいの差がある。

 弁天橋近くのレストランでの打ち上げにも参加。
 馬生師匠にビールを注いでいただきました。

 そのあとは、落語プロジェクトの室津文枝さんと「華」へ。
 華は二日連続だ。

2010年08月20日

これもまた、夏休み

 ゆっくり目にスタジオへ出て、事務的な仕事。

 夜9時、妻と野毛で待ち合わせて、夏休みの続き。
 バジルの出店、キンピラキッチン、華、とハシゴ。

2010年08月19日

家族の夏休み

 様々な事情で、今年は遠くへ出かけて夏を過ごすことができないので、夏休みらしくすごそうと。
 横浜は観光地なので、夏休みに横浜に来る人もいる。
 ここはひとつ、観光客になったつもりで横浜で過ごせばよいではないかと。

 まず、早起きをして赤レンガ倉庫の Bills へ。
 ここは「日本一の朝食」を標榜している。
 安くはないが値段に見合ったよい朝食で、すっかりリゾート気分だ。
(ほんとうは風の涼しい高原のテラスならなおよいのだけど)

 午後、病院へ義母を見舞う。

 夜は、松坂牛でスキヤキ。激うま!!

2010年08月18日

あれやこれや、そして飲む

 午後、出勤。
 その後、新宿へ。

 キムチの美味しいレストランで、仕事の打合せ。
 
 その後、一人で新宿ゴールデン街のいつもの店に立ち寄って、バーボンのハイボール。

2010年08月17日

遠方より、松坂牛来る

 冷蔵宅配便で松坂牛をたくさん頂戴する。
 すぐには食べきれないので、小分けにして冷凍。

 マンションの共有部屋で読書。
 読んだのは「女落語家の二つ目修業」(川柳つくし 双葉社)

 新作落語プロジェクトの一環だけど、20ヶ所以上付箋をつけながら読みました。

 夜は、もちろん松坂牛の焼き肉。
 激うま!!

2010年08月16日

不況の荒波

 夕方、某社編集が来訪。
 2年越しでやってきた絵本が、会社の経済的事情で刊行できなくなったという。
 出版不況の波が、ついに僕のところにもやってきた。

 事情はよくわかるが、こちらも仕事としてやってきて、90%仕上がっている。
「はいそうですか」で済む話ではない。

2010年08月15日

なんちゃってペイント

 世の中は日曜日。

 日曜日らしいことをしようとオートバイでヨットハーバーへ。
 途中、セキチュウで錆止め塗料とサンドペーパーを購入。

 キールの錆びているところをヤスリがけしてスプレーでなんちゃって塗装。
 錆も真剣に落としていないけど、五年以上露出して錆びていたところだから、そのまんまよりはずっとマシだろう。

 午後4時過ぎ、仕事場へ。
 まず、バケツの水でバイクを洗う。
 午後9時まで、なんとなく仕事。

2010年08月14日

「D列車でいこう」ついに4刷!

 午前10時、携帯電話が鳴る。
 徳間書店M編集「阿川さん、またまた重版です。四刷が決まりました」

 発売が7月2日だったから、6週間である。
 阿川大樹を初めて読んだ読者が着々と増えていることがうれしい。

 昼過ぎに家を出て少し仕事をして、人と会ってインド料理を食べる。

 横浜スタジアムでコンサート。
 黄色いシャツを着てひまわりを手にしている人、多数。
 だれのコンサートなのだろうと携帯電話で検索してみると「遊助」だとわかったのだけど、その遊助を知らないから、調べただけ無駄だった。(笑)

2010年08月13日

新作落語

 オートバイのバッテリーが駄目になっていた。
 バイクのバッテリーは高くて、ふつうに買うと1万4千円ほどする。
 通販で、中国製のものが送料込み4千円ほどで買えた。
 というわけで、バッテリー交換。
 1987年に購入してから23年で走行距離7000km。

 午後2時、事務局で打合せ。

 阿川が黄金町にちなんだ新作落語を書いて、金原亭馬吉さんが演じる、というプロジェクト。
 馬吉さんはオーラがあって、その場の雰囲気を一気に変えてしまう。
 これぞ、ステージパフォーマーだ。

 もちろん僕は落語の台本など書くのは初めてだ。
 一方、噺家さんはみんなそうだが、何年も修行をして芸を磨いている。
 そういう人にいい加減なものをやってもらうわけにはいかないので、こちらもきちんと勉強しなくてはならない。
 身が引き締まる。

 打合せ終了後、落語プロジェクトの仕掛け人でもある木綿アーチスト(手で糸を紡いで染めて織る)の室津文枝さんがスタジオに来て、ゆっくりといろいろな話をする。

 そんなこんなで、13日の金曜日は無事に終わる。
 しかし、どんどん仕事が増えるんですけど。

2010年08月12日

iROBOT 社の Roomba が家にやってきた

 本日は完全にオフ。
 まず、プール。

 帰宅すると、ルンバが届いていた。

 Roomba というのは、円盤状のお掃除ロボット。
 もともとは地雷探査やピラミッド内部の発掘、海洋調査、それとたぶん原子力施設、など、人間が作業をするのに適さない場所で仕事をさせるために開発されたロボットの技術で作られている。

 人工知能で、自動的に床を這い回って掃除をして、終わると自分で充電器の上にもどる。
 とってもよくできていて、平らな壁だとぶつかる直前に減速するし、机の脚などに当たると、脚の部分だけを避けてその周りをぐるりと回って掃除をする。

 我が家にロボットが来るのは AIBO につづいて2台目だけど、どちらもとってもかわいい。(笑)

 入院中の義母を見舞いに藤が丘へ。
 帰りはフォルクスでステーキを食べた。肉食うと元気が出るもんだ。

2010年08月11日

上七軒

R0015219.jpg

 午前9時半、疲れてるけど晴れやかに起床。
 二日ぶりにシャワーを浴びた。

 11時40分、家を出て京都へ向かう。
 朝昼兼用の食事は崎陽軒のシウマイ15個入り。580円。

 新幹線で隣の席の方、シウマイ臭くてごめんなさい。

 それにしても新幹線で日経を読んでいる女性ってそれだけで「いい女」という感じがする。
 日経は七難隠す新幹線。(サラリーマン川柳?)

 西洞院/仏光路の某社で会議。
 その後、上七軒ビアガーデン。
 蝉の鳴く中庭のビアガーデンで、舞妓さん芸妓さんが代わる代わる来てくれる、という京都ならではのビアガーデン。
(少なくともバドガールがいるビアガーデンよりいいよね)

 午後8時30分。新幹線の人となる。
 歩いて30分の黄金町に出かけるより、京都へ出張した方が家につくのが早い。(笑)
 京都は近い。

R0015222.jpg
ビアガーデン入口には、舞妓芸妓の名入りの団扇が並んでいる

2010年08月10日

長編第三稿、脱稿

 スタジオの床で目覚める。
 朝食はまたガスト。412円。
 ドリンクバーで氷をもらってステンレスボトルに詰める。これで一日、冷たいものが飲める。
 
 小説の時間軸の詳細を決めて、全編に時間の流れを明示的に書き込んで読者向けの「目盛り」を入れていく作業。
 夢中になってやっているうちに、昼食をとるのを忘れていることに気づいたのは、午後5時。

 あまり食欲がないので、回転寿司。6皿818円。

 ラストシーンの書き換えと加筆。
 午前2時前、第三稿、脱稿。

 そういえば、夕食のことも忘れていた。
 世の中は午前3時なので、なかなかめぼしい店が開いていない。
 野毛にできた大きな中華食堂を試してみるが、これが大失敗。久しぶりに美味しくない中華料理を食べた。
 中ジョッキが小さいし。これ小ジョッキじゃない?

 家に帰ると妻は、まだ起きて仕事をしていた。
 紅茶を入れて一緒にデザートを食べて、午後5時、就寝。

2010年08月09日

いよいよ大詰め

 昼食に「洗濯船」という洋食屋を試す。
 800円で「冷しゃぶサラダ仕立て」の定食。厚めの肉が5枚も載っていて、それを食べないとレタスやアルファルファに到達できない。ボリュームありすぎ。
(年輩の女性二人でやっているのに)

 肉、半分でいいから値段を700円にしてくれ。(笑)

 さて、改稿の方はいよいよ大詰め。

 この時期、原稿用紙450枚分を頻繁に印刷するので、どんどん紙が減る。

 といっても、推敲用は横書き二段組でA4用紙1枚に8枚分くらい印刷できるので、全文で1回あたり50枚ほどなんだけど。

 原稿用紙換算450枚は、いままで出版された長編のなかでもっとも短い。

 夕食は、やたらでかいカップ焼きそば。105円。
 集中できているので、腹が減らない。食事に時間を使いたくない。たとえ店員であろうと、だれかと話をしたくない。

 調子が出ているので、早々にスタジオ泊まりを決める。(日常生活をすることでテンションが抜けないための自主缶詰)

2010年08月08日

目覚めれば日曜

 仕事場で目覚めると、世の中は日曜日。
 朝食は伊勢佐木町のガスト。492円。
 野菜ジュースを2杯飲む。

 夕食は聚香園で五目焼きそば。800円。

 午後10時前、早めに(?)切り上げて帰宅。

2010年08月07日

また泊まり

 なんとか3時間の睡眠時間を確保して午前8時過ぎ起床。
 食欲ナシ。

 シャワーだけ浴びて、午前9時よりマンションの理事会。
 午後1時半、理事会終了。
 午後2時、やっと朝食。

 そのまま仕事場に向かおうかと思ったけど頭痛。
 この状態で炎天下自転車で出勤することは危険と判断。
 とりあえず仮眠。

 午後5時、起床。
 ステンレスボトルに氷を詰めて出勤。
 午後7時、Lcamp 移転前につきサヨナラパーティ。
 会費2000円、生ビール他、飲み放題食べ放題。
 
 アーチストの増田くんのハンバーグが絶品。ずいぶん食べたぞ。
 レバノン風のクスクス、タコライス、などなど、美味しいもの沢山。

 午後9時半、パーティはまだまだ続いていたけど、スタジオへ戻る。
 ビールが醒めるのを待って、午前0時前から、長編改稿。
 午前4時、空が明るくなってきてから、スタジオの床で眠る。

2010年08月06日

あいかわらず改稿

 金曜日。
 仕事場に出てきて最初の仕事はマンションの管理組合の資料作りだ。

 いろいろやっているうちに、やっと午後4時頃から小説に手をつけることができた。

 わりと調子が出てきて、翌午前4時、目が疲れて焦点が合わなくなったので、帰宅することにする。

エノラゲイの乗組員

論評せず、まず、見る聞く。
そしてずっとずっと考える。

少なくとも彼を非難するのは正しくない。
戦争では、勝者も被害者である。

生存する最後のエノラゲイ乗組員へのインタビュー(英語)


2010年08月05日

改稿

 スタジオで目覚めた朝は、恒例により、Coco's の朝バイキング。
 野菜を中心に摂る。
 ステンレスボトルに氷を詰めて。

 ひたすら改稿。

2010年08月04日

泊まり込み

 午前11時出社。
 長編改稿。

 午後、某企画の打合せ。
 のち、長編改稿。

 夕食を摂りにLcampに行ったら、話し込んで日本酒を飲んでしまう。
 それはそれで必要な会話だけど、仕事には差し支え。

 スタジオに戻り、帰宅を諦めて泊まり込みとする。

2010年08月03日

おうちで仕事

 改稿した長編のプリントアウトを読む日なので、スタジオへ出る必要なし。
 というわけで、久々に、自宅で仕事。
 今のテーブルで仕事、マンションの共用部屋で仕事、新高島のブランズコーヒーで仕事。

 夕食は、わかめの味噌汁、冷や奴、生野菜、粕漬け。

2010年08月02日

もう8月

 て、昨日からだけど。

2010年08月01日

どすんと花火で文明開化

 昼に出勤する。
 みなとみらいは、すでに花火客でごった返している。
 紀伊國屋書店横浜みなとみらい店で、「特捜神話の終焉」(飛鳥新社)を購入。

 長編改稿。

 午後6時半から、神奈川新聞花火大会の打ち上げ場所にほど近い、荒井屋万国橋店で、食事会。
 奥さんが亡くなった友人を励ますヨット仲間の集まりだ。

 横浜は文明開化で肉を食べる文化が始まった場所なので、創業100年の老舗の牛鍋屋がある。
 仕事場に近い伊勢佐木町5丁目の「じゃのめや」、末吉町の「太田なわのれん」、そして曙町の「荒井屋」。いずれも、黄金町の仕事場から至近距離だ。

 今日の会場はその荒井屋の万国橋店。

 花火の音が、どすんどすんと響く中で、いろいろな牛肉料理を満喫。
 金に糸目をつけない食事はいいなあ。
 吉野家の牛丼も嫌いじゃないけど。(笑)

 二次会は、曙町にある古き良き横浜のバー「アポロ」。