覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月31日

フットサル

CA3A0393.jpg

 フィレオフィッシュとコーヒーで一日が始まる。(200円)
 午前9時から午後2時まで、マンションの理事会。

 部屋にもどって、スパゲッティにレトルトカレーをかけて昼食。(材料費約150円)

 両足首にテーピングして、フットサルに参加。
 久しぶり。
 最初の2ゲームくらいはけっこう動くことができた。
 たびたび、いいパスをもらって右サイドに入り込み、3点をアシスト。

 まもなく疲れて思ったように動けなくなる。
 というわけで、その後は、ほぼキーパー。(フットサルではゴレイロと呼ぶ)
 こちらも思ったよりは反応がよくて、けっこうナイスセーブ。
 ペナルティキックも止めたし。
 会費1500円で2時間たっぷり遊びました。

 もう少しちゃんと身体を造ってもっとしっかり楽しみたいものだ。

2010年10月30日

生きることとは、やらないことを決めるということ

 台風14号がやってくる。
 夕方から夜に最接近ということで、出勤は取りやめにして家事。

 シーツを洗ったり、タンスから出した冬の下着類を洗ったり、溜まっているゴミを出したり。

 家事というのはいくらでもあるし、やったほうがいいことは無数にある。
 なので「家事をやる」と決めるとそれで大いに忙しい。

 大事なことは「これはやらない」と決めることなんだよね。

 やったほうがいいがやらないで済むことはやらない、という選択をしないと、人生は何もしないまま終わってしまう。

 やった方がいいことは無限にあり、人生の時間は有限だ。

2010年10月29日

断水、そして厳戒体制の町

R0015272.jpg

 マンションの共用部分が点検のため停電。
 その結果、インターネットやテレビ受信ができず、さらには断水。
 ヤカンに水はあるのでお茶は淹れられるのだが、トイレに行きたくなっても流す水がないのが困る。

 というわけで、朝食はマクドナルドへ出ることにした。200円。
 昼近くまで長居をして書き物。

 昼には復旧したので、シャワーを浴びる。
 風邪気味だったので4日ぶり。

 APEC開催のためパシフィコの駐車場に置いてあるバイクに関して手続きが必要、ということでパシフィコに入ろうとすると、一番近い入口が立ち入り禁止になっているではないか。
 立っている警官に聞いて、みなとみらいホールの方の入口まで行くことに。とんでもない遠回りだ。
 駐車場事務所で書類を書いて、代替地の駐車場の入場証をもらう。
(移動するのは別の日)

 あたりの警察官の数はますます増えている。
 発表によれば全国から動員して2万1千人体制だとか。
 それらが狭い場所に密集しているわけだからすごい警官密度だ。
 近隣のオフィスビルの空きフロアなども、ことごとく警察に借り上げられている。空き地も警察車両のための駐車場やプレハブが建っている。
 そのほか、保安上の理由により、APEC終了まで書かない方がいいようなふだんと違う警察の動きもたくさん目にする。
(推理作家にとってはオイシイ観察ができてありがたいのだけどね)

 住民には写真入りのIDカードが発行されているのだが、今後もバイクのアクセスのためにパシフィコに出入りすることがあったりするので、そろそろ持ち歩いた方が面倒がないかもしれない。

 とにかく着々と厳戒態勢だ。

 それにしても、人の多い大都市横浜でAPECをやろうなどと誰が言い出したのだ。
 経済効果のプラス要素は借り上げられたホテルなど、極めて限定的である一方、警備費用と経済停滞効果の方が多くなるはず。
 観光客や外来者をあてにしたみなとみらいの物販の店など大打撃を受けるはず。
 もちろん、住民は大迷惑。

 パシフィコでの用事が終了した時点ですでに3160歩歩いていた。
 そこから、さらに徒歩で黄金町の仕事場へ出勤。

2010年10月28日

葛根湯が効く

 前夜、寝るときにも喉がひどく痛いので、明治のトローチを口に含んで眠った。
 起きてすぐにうがい。

 気温10度そこそこと急な寒さだ。
 完全に秋はなくって夏からそのまま冬。

 風邪を引いていることだし、本日は出かけるのをやめて、在宅にて家事の日とする。

 まず、衣替えを50%ほど。
 暑がりなこともあって、夏物も常に最小限は残しているのだけど、それ以外の半袖短パンを、フリースやヒートテックなどと入れ替える。
 同時に、夏物冬物の一部について、傷んでいるもの、着たくないものなどを廃棄対象とする。

 4部屋分のエアコンのフィルター掃除。
 脚立に乗って天井の吸入口のフィルターをはずし、掃除機でフィルターの目詰まりを掃除する。
 やはり居間のフィルターが群を抜いて汚れていた。

 6時過ぎ、車でスーパーへ買い物。
 切らしているもの、まもなく切れるもの、などいろいろ。
 夫婦ともに仕事ばかりしているものだから、家のことができず、買い物も最小限で済ましている状態が続いていたので、いろいろ差し障りが出てきていた。

 夕食は鍋。

 食後、葛根湯を飲んだら楽になった。
 なんだ、最初から服用すればよかった。

2010年10月27日

風邪ひいた

 のどが痛いので昨日からビタミンCの大量摂取を続けている。

 朝食はマクドナルド。200円。
 朝から主題録音を聞きながらメモ起こし。
 昼食はてんやの天丼。500円。

 午後2時、新作落語プロジェクトの打ち合わせ。

 終了後、またメモ起こしに戻る。
 午後9時過ぎ、切り上げて帰宅。

 夕食はつけ麺大王でラーメンと餃子(850円)

2010年10月26日

単純作業

 午後3時、仕事場のある黄金町地域のアーチスト連絡会。

 日経ビジネスオンラインで連載をしていた「第三企画室、出動す」を書籍化するための準備作業。
 機械的な作業なので、あまり頭は使わないけど、黙々と一日続ける。

 午後9時過ぎ、終了。

2010年10月24日

いざ、鎌倉

CA3A0386.jpg

 オートバイで鎌倉の友人のビーチハウスへ。

 ヨットに乗っているから海にはよく行くわけだけれど、海水浴というのはまったくしない。
 砂浜へ出たのなんて何年ぶりだろう。

 40分ほどお邪魔して雑談とあるものを受け取って辞去。

 横浜横須賀道路と首都高速を使えば1時間かからないのだけど、帰りは一般道にしてみた。
 予想通り、磯子あたりで雨が降り出す。

 近ごろは絶対に晴れる日にしかオートバイで出かけないので、バイクで雨に降られるのは20年ぶりとか、そんな感じだ。
 合羽ももっていたけど、面倒なのでそのまま濡れて帰った。

 3日間まったく仕事場へ出なかった。
 旅行中以外ではほとんどないのではないかと思う。

 そういえば煙草もまったく吸わなかった。
 僕の場合、煙草を吸っているのはやめられないわけではなくて、吸うと楽しいから吸っているだけ。
 吸わなくてもまったく平気なのだ。

2010年10月23日

家庭サービス

 予定では友人のヨットでレースに参戦するはずだったのだけど、そのオーナーの海外出張が長引いてしまってキャンセル。

 というわけで、家庭サービスの日にする。

 妻に帯同して昨日に続いてまたしてもヨドバシカメラへ。
 実家のソフトバンクの携帯を au に1円でNMP。

 簡単ケータイなんだけど、これがなかなか使いやすいのだな。
 まったくマニュアルを見る必要がなかった。

2010年10月22日

完全にOFF

 ずっとテンパっていたので、本日は積極的に休む日とする。

 9時過ぎに起きて、お風呂に湯を入れる。
 音楽はチェン・ミンの二胡。
 ぬるい湯にゆっくり浸かる。

 Wii Fit plus でストレッチ(と雪合戦)を30分ほど。

 あえて黄金町にはいかず、徒歩で横浜駅方面へ。久々だ。
 裏横浜とか、西口とか、そこそこ変わってきれいになっていたり。

 ヨドバシカメラで au IS03 を予約。
 まだ値段も発売日も決まっていないのに、500台以上、予約が入っているそうで。
 すごいね。

 鈴の屋で立ち食い。天ぷらそば330円。
 岡野町の交差点の Veloce でコーヒーを飲みながら日記を書く。(これのことです)

 このあとは、黄金町美人アーチストたちと野毛飲み!
 四人で沖縄料理「玉ちゃん亭」、のち、JAZZの名店「ダウンビート」。

2010年10月21日

長編を磨く

 スタジオで目覚める。
 野菜を摂りたいので、朝食は COCO's の朝バイキング。(699円)

 千切りキャベツをお替わりしながらムシャムシャ。プチトマトはスーパーで売っている1パック分くらい。

 そういえば、かつてサラダバーのついているフォルクスで、今年みたいにトマトの高かった頃、5杯くらいトマトだけお替わりしたことがあった。
 さすがにかなり身体が冷えました。

 黙々と、長編の原稿を磨く。
 まっさらから書くときとちがって、分量が増えていく、という独特の喜びはないかわりに、自分の物語がキラキラしていくのをみるのも、意外に楽しい。

 午後6時、事務局のYさんの還暦のお祝いプレゼント贈呈式。
「乾杯の音頭は阿川さんに」
 そうか、Yさんを除くと僕が最年長か。

 夕方、7時、本日の第2食。
 聚香園で定食。750円。

 午前1時前、とりあえず区切りをつけて編集者にメール。

 さて、帰宅だけど、頭がつかれているのでちょっと遠回り。
 伊勢佐木長者町のつけ麺大王で(つけ麺ではなく)ラーメン。500円。
 期待してなかったけど、かなり美味しいではないか。これはお気に入りリスト入りだ。

 それから日ノ出町の On The Road へ。 よく前は通るのだけど店にはいるのは初めて。
 ファサードがすごくかっこいい。
 中は変なマスターがひとりでやっている変な店。
 ジムビームのソーダ割 600円。
 チャージ 300円。

 午前2時すぎ、40時間ぶりに自宅に。

2010年10月20日

記憶喪失

 よく憶えていないけど、ずっと長編の改稿をしていたのは確かだ。

 夜遅くなっても調子が落ちなかったので、もったいないのでスタジオに泊まった。

2010年10月19日

浦島効果

 火曜日。
 スタジオで目覚める。
 起きるとドライアイである。身体が水分不足。

 朝食はガスト。
 野菜ジュースを2杯。スープを2杯。そしてコーヒー。
 これでドライアイは解消した。

 夕方6時過ぎ。
 まだまだ仕事をしたかったけど、用事があるので帰宅。

 途中、竜宮へ寄って、忘れ物のイヤフォンをピックアップ。
「さっき来たときに、イヤフォンを忘れていかなかった?」
「ありますよ」
 そんな会話をしたとき、僕は同じ日の午前中に来たと思いこんで疑っていなかった。
 でも、それは前日のことだった。
 ずっと一人でスタジオで小説を書いていたら時間が止まってしまっていたのだ。
 さすが竜宮である。
(て、竜宮にいたわけじゃなくて自分のスタジオにいたのだけど)

 用事とはマンションの管理組合理事会の分科会。
 深夜に及ぶこともあるが、午後9時過ぎに終了。

2010年10月18日

風呂に入る

 月曜日。
 身体がこわばっている。何ヶ月かぶりに湯船に湯を張って入浴。

 昼頃に仕事場へ向かう。
 行きがけに竜宮の Lcamp でコヒーを飲む。

 うってかわって黄金町は静かだ。
 淡々と仕事をして、そのままスタジオに泊まる。

2010年10月17日

ちょいと遠回り

R0015262.jpg

 午前8時、GB250 Clubman で自宅を出発。
 東名高速を走る。
 まだ気温が上がっていないので少し寒い。
 御殿場ICで降りて仙石原。
 バイクに跨がったまま写真を撮って、元来た道を戻り、昼前に黄金町に到着。
 ほんの205kmほど遠回りして出勤。
 午前9時頃には箱根は晴れると予想していたのだけど、雲の多い空だった。

 空気が濃くなり冷却効率もよくなって、新車から24年目になるバイクのエンジンがすこぶる調子がいい。

 出発前の給油 255Km/10.6L = 25.3Km/L 。

 そのまま夜遅くまで仕事。

R0015264.jpg

R0015268.jpg

2010年10月16日

まちづくり井戸端会議

CA3A0375.jpg

 午後1時から、「まちづくり井戸端会議」。
 町の人たち、とっても熱心。
 当たり前みたいだけど、全国のシャッター通りの多くは、「熱心な地元の人」そのものがいない。いても、何年かのうちに孤立したり、燃え尽きたりしてしまうのだ。

 クルム伊達公子、決勝へ。
 勝てば、ビリー・ジーン・キングの記録を塗り替えるツアー優勝最年長だそうだ。

 一つ前のストーサーに勝った時点で、「トップ10に勝った最年長選手」だそうです。
 世界の女子テニスの歴史に残るってことだよ。すごいね。

CA3A0373.jpg

2010年10月15日

プチ印税生活

 銀行に「D列車でいこう」の3刷、4刷の印税が振り込まれていた。
 お金が入るとうれしいね。人間は単純だ。

 連載エッセイを書いて切りがいいので、野毛で軽く飲んで帰ることにした。(ちょっと「金」が入るとすぐこれだぜ)

2010年10月14日

救出開始

 チリの落盤事故での被害者救出が始まった。
 CNNのウエブサイトで、延々と生中継。
 パソコンの画面の隅に常時表示させながら仕事。
 
 昨日、390円のカツ丼を食べたらかけたので、夕食は本日も同じもの。
 かなり味が濃かった。390円は明日までだけど、もう食べないだろう。

 執筆の方は、なかなかはかどっています。

2010年10月13日

安上がりな日

 朝食、自宅で玉子かけご飯。ゼロ円。

 昼食、マクドナルドにてクーポン使って、コーヒー、ハンバーガー、ジーシーチキン。合計290円。

 夕食、やよい軒にて、カツ丼いまだけ390円。

 執筆順調。

2010年10月12日

再び、静かな町

 バザールが終了して、うってかわって静かな町。
 でも、ところどころで展示スペースの撤収作業が行われている。

 intimacy の展示場に置いてあった、赤の入った僕の生原稿。
 3種類、それぞれ1枚目が何者かによって持ち去られた模様。
 プリントアウトだし、実害はないのだけど、あまりよい気分ではない。

 午後7時、西牟田靖さんと電話で長話。
 日本対韓国の試合をテレビ観戦のため、早じまい。

2010年10月11日

黄金町バザール最終日

 黄金町バザール最終日。

 天気もよく、これまたすごい人出(当社比)で、展示用に並べていた「D列車でいこう」が、二冊とも売れてしまった。

 沢山仕入れても、ふだんはそう売れる物でもないのだけど、あと、どうしよう。

 僕が映っているケーブルテレビの番組を見た、という女性が来訪。
「テレビとおんなじですね」
 て、それはそうなんだけど。(笑)

 最近、こちらは知らないで向こうがこちらを知っている、ということが増えてきた。
 さぞや芸能人の人は大変だろうと思う。

 午後7時でバザールは終了。
 クロージングパーティが19:40からあるのだけど、もう少し仕事をしたかったので、途中「聚香園」のカニチャーハン2人前を差し入れにもって、20:20頃から参加。

 みんなに「おつかれさま」を言ったり、建築家の青島琢治さんとちょっとじっくり話したり。

西武全線、異常あり?

P1130137.jpg

 ただいま、西武線全車両の連結部分に「D列車でいこう」のステッカー広告が貼ってあります。

P1120718.jpg

P1120719.jpg
(撮影は、ノンフィクション作家の西牟田靖さん)

2010年10月10日

バザール真っ只中にて執筆好調

 スタジオの寝袋で目覚める。
 朝食は100円ローソンのサンドイッチとおにぎりと野菜ジュース(合計315円)

 昨日の雨も上がって、爽やかな天気のなか、オープンスタジオ。
 ものすごい人出(当社比)だ。
 
 そんななかだが執筆好調。
 午後5時過ぎ、疲れたところに、アーチスト仲間の室津文枝さん、山田よしえさんらが来訪。しばしゆんたく。

 午後8時前、デザイナー・伊東純子さんのスタジオのバーで、飲んだり食べたり。
 疲れていたからか、腰痛が出てきて、深夜、家まで脂汗をかきながら徒歩にて帰宅。

2010年10月09日

黄金町バザール、最後の週末

 黄金町バザールに妻を案内する。
 まずは日ノ出竜宮のLcampで食事。

 居合わせたさかもとゆりさんのお母様、本人と瓜二つ。

 いろいろ見て回る。

 バザールも最後の週末になり、雨降りなのに人通りが多い。
 午後4時ごろ、妻が帰った後は仕事。

 夜遅くなって調子が出てきたので、そのままスタジオに泊まる。

2010年10月08日

早寝早起き

R0015249.jpg

 昨日は久々に電車に乗って半蔵門だの三軒茶屋だのへ行ったせいか、帰宅するとひどく疲れていて、午後6時過ぎにベッドに入り、そのまま午後11時過ぎまで眠ってしまった。

 超早寝早起きだけど、わりといいテンションだったので、そのまま起きていることにした。

 午前2時、運動不足解消のため、ウォーキングに出る。
 11月のAPECのため、横浜中心部は全国から警察官が動員されていて、厳戒態勢。
 こちらは推理作家なので深夜の警備体制の取材も兼ねている。

 1時間10分、8kmほど歩く。
 途中30人以上の警察官とすれ違ったけど、真っ赤な半袖Tシャツに短パンでサクサク歩いていると、目が合って挨拶するだけで職務質問には遭わなかった。
「こんな時間にどちらまで」
「ちょっと警備体制を調べているんです」
 なんて答えるとややこしいことになるしね。(笑)

 ずっと定点観測しているので警備体制についても、いろいろ意外なことがわかっているけど、ここに書いてしまうと悪意のある人を助けてしまうので、執筆ネタの引き出しにしまっておく。

 夜が明けてからシャワーを浴びる

 というわけで、午前9時にはもう出勤。
 仕事がはかどるはかどる。
 午前中に、過去3日分くらい進む。
 やっぱり仕事は朝型がいいね。

 夕方までに冒頭から120枚まで見直し完了。
 もう少しやったら、サッカーを観るために早く帰るのだ。
 今晩は、日本対アルゼンチン。

2010年10月07日

二度づけ禁止

nidoduke.jpg

児童書の企画売り込みのために都心へ出たあと、三軒茶屋の書店回りの帰りがけ。
ついハイボールと串カツ。
となりの店では「牛すじカレー」がありました。
三軒茶屋は大阪かい。

文教堂三軒茶屋店では、「D列車でいこう」が特大の扱いでした。

2010年10月05日

ついに ベストセラー! (瞬間風速)

bunkyohama1.jpg

 午前8時過ぎ、スタジオの床で目覚める。

 朝食はガストでモーニング。423円。
 午前10時から野菜の朝市で500円分野菜を買う。
 インゲン、茄子、椎茸、クレソン、など。

 昼食は Lcamp でハヤシライス。美味しかった。

 ここ数日、原稿の冒頭部分の40枚をずっといじっている。
 第4稿では主人公の性格を少し変更したので、彼女の目から見える景色、物の感じ方、問いの発し方などすべてが変わる。
 結果、ストーリーは同じだけど、450枚のほとんど全部書き直すことになる。
 まあ頭が決まればあとは一気(のはず)。

 夕方、「D列車でいこう」(徳間書店)が、文教堂ブックストア談・浜松町店の文庫部門で、週間ベストセラー9位に入ったとのニュース。

 夕食は十八番でタンメン。600円。

bunkyohama2.jpg


2010年10月04日

調子、上向き

R0015253.jpg

 やっと集中力が出てきた。(遅すぎるだろ、阿川)

 やっぱり夕食にロースカツ定食を食べたのがよかったのか。

 というわけで、もったいないのでスタジオに泊まる。

2010年10月03日

お気楽セーリング

CA3A0368.jpg

 午前10時すぎ、ヨットハーバーへ。
 クルーと二人で自動操舵装置を使ってお気楽セーリング。
 午後1時すぎに帰港し、食堂「浜ちゃん」でサバのフライ定食(750円)を食べてから、後片付け。
 午後4時前、黄金町の仕事場へ。

 車から降りたら、鉄道系ライターのSさんが「阿川さんですね。『D列車でいこう』面白かったです」と近づいてくる。
 さっそく名刺交換。
 しかし、なぜ、僕が阿川大樹だとわかったのだろうか。
 謎だ。

 日暮れまでスタジオでかたづけなどをして、スーパーで買い物をして帰宅。

CA3A0370.jpg
ホームポートにもどってくる仲間のヨット

2010年10月02日

黄金町バザール 町歩きツアーガイド

CA3A0366.jpg

 午前9時からマンションの理事会。
 11時で中座して黄金町へ向かう。

 午後1時からの「黄金町バザール2010 町歩きツアー」は僕が観光ガイド役。

 黄金町のという地域の特異な歴史は、1945年5月29日の横浜大空襲が発端になっている。
 というような話から語り起こして、前後から現在まで、バラックの町、買収や麻薬の町がら、アーチストの町に変わっていくまでの変遷を交えて、黄金町バザールの見所を案内した。

 スタジオに戻って、少し仕事。
 17時過ぎ、高架下広場で「高架下名残り納涼祭」にちょっとだけ顔を出す。
 また少し仕事。
 午後10時、妻と待ち合わせて野毛の「イグレック」で食事。