覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2011年06月 | メイン | 2011年08月 »

2011年07月31日

ヨットはお休み

 仕事のために頭を整理したくてヨットは休みにする。

 涼しいので、マンションの中庭へ出て30分ほどストレッチ。

 スタジオまで出て来る。
 が、しかし、実際にはあまり進まなかった日曜日。

2011年07月30日

バーテープ

R0015736.jpg

 通勤途中で、自転車屋に立ち寄り、バーテープを購入。

 スタジオで巻く。
 なんか自転車全体が新しくなった感じがするね。(あくまでも当社比)

印象

agawabyico.jpg

 イラストレーターの高橋麻衣子さんが描いてくださった阿川大樹の肖像です。
 高橋麻衣子さんとは、最近知り合ったのですが、この絵を描くまでに2回会って、少し話をした程度。
 じっと僕を見てスケッチをしたわけでもなく、3回目に会った時にはこの絵ができていました。

 高橋さんの頭の中に印象として残った僕を描いてくれています。
 写実したのではなく、印象を絵として具現化したものです。

 僕がふだん「僕らしい僕」だと思っている特徴とは、同じようでいて違う。そして違うようでいて同じかもしれない。

 果たして、みなさんがご存じの阿川大樹とのちがいはどうでしょう。

2011年07月29日

アラビア料理

 家で読書、のち、外出。

 早めに池袋へ出る。

 まずは西口のスターバックスコーヒーで仕事。
 かなり混んでいるので、一時間ほどで遠慮して出る。

 つぎは、Moriva Coffee で仕事の続き。
 最近所々で見かけるようになった、フェアトレードコーヒーのお店。
 キリマンジャロがデフォルトで180円。
 スターバックスよりずいぶん美味しい。

 次はいよいよ、本日の食事会が開催されるアラビア料理の店へ。
 初めて会う人、久しぶりに会う人など、総勢5人。

 湘南新宿ラインが動いているうちの帰宅となりました。

 今週は、フランス料理、ギリシャ料理、アラブ料理、とヨーロッパを地中海に沿って西から東へ辿った美食週間だった。

2011年07月28日

自転車の修理

 アマゾンから届いた自転車のハンドルをもってバスで出勤。

 連載のゲラチェックを終了させて宅急便の集荷待ちの間に、曲がってしまった自転車のハンドルの交換作業。
 バーテープを買っていないのでアルミのパイプ剥き出しのまま。
 まず乗ってみないと、ブレーキレバーの位置とか、ハンドルの取りつけ角度とか最終決定できないので、どのみちそれまではバーテープは巻けない。

 調整がてら自転車で帰宅しようと思ったけれど、雨が降ってきたのでやめにして、ギターをもってバスで帰宅。
 スタジオにギターが増えてしまったので、1台、自宅へ移動。
 これで、2台増えて2台減った。

2011年07月27日

さすらいのイラストレーター

 ゲラチェック。

 午後3時半、編集者来訪。
 連載中の「インバウンド」の後半を書き換えようという話になり、その打合せ。

 うう、9月は大物の〆切ラッシュになりそう。
 推理作家協会のソフトボール合宿は今年も行けそうにない。

 冬の間の乾燥で壊れてしまったタカミネのエレガットを、アーチストの素材として提供。
 いつかどこかの作品にまぎれて僕のギターがそこに居たりするのかな。

 午後6時過ぎ、イラストレーターの高橋麻衣子さん来訪。
 宮城県名取市から疎開して7月いっぱい、黄金町地区の施設に住んでいたのだけど、住むところを見つけて出て行く。

 被災地支援プログラム(笑)として夕食をご馳走するよ、ということで、日本で一番古いギリシャ料理レストラン「スパルタ」へ。
 話は東北にはいないゴキブリの撃退法についてなど。(笑)

 キャスターバッグひとつで黄金町にやって来た人が、またキャリーバッグひとつで出て行きました。

 僕の肖像画を描いて額に入れてくれたのですが、自分の顔を画に描いてもらったのは小学生のとき以来初めてなので、めちゃ照れます。
 (そのうちスキャンしてご紹介します)

2011年07月26日

カジュアルで本格的な料理

 Baybike でベイクォーターへ出て、横浜駅西口へ。
 エレクトリック・アコースティックギター YAMAHA CPX1200 を購入。
 そのまま電車でスタジオへ。
 カミサンには内緒です。(笑)
(ていうか、家に置かなければ文句は出ない)

 夕方、某出版社の人が来訪。
 徒歩10分ほどのところにあるフレンチレストラン "Chaud Lapan" で食事をしながら、あんな話、こんな話。
 久しぶりにラリーとか車の話とかをした気がする。

 料理はどれも美味しかったけれど、とりわけコンソメの煮凝りが入ったビシソワーズが絶品。
 コンソメはとても手の込んだ料理でフランス料理の基本だから、これがしっかりしているお店は他の料理もまちがいない。

 それにしても、ずっとラジカセからFM放送を流しているフレンチレストランというのは珍しい。(それもこの店の魅力のひとつ?)

 注射した手首は、今日も好調。

 ふつうなら「もう一軒」と飲みに流れるところだけど、あまりにも満腹で酒の入る余地がなかった。

2011年07月25日

注射

 家の窓を開けたら賑やかに蝉が鳴いていた。
 いい感じの夏らしさ。

 昔、体験していた夏はだいたい30度くらいで、ひと夏に何度か32度を超える日があった。
 28度や29度の日もけっこうあって、午前中は涼しく、夜になると涼しくなった。
 今年の夏は、6月に猛烈に暑い日があったけれど、このところ昔の夏みたいな感じで楽だ。
 もしかしたら、みんなが節電してエアコンをあまり使っていないからかもしれないね。

 とある小説、読了。これから書く小説の参考資料。

 午後、伊勢佐木町の整形外科へ。
 両肩と手首のレントゲン撮影。

 とりあえず、手首に長時間作用型のステロイド(ベタメゾン:商品名「リンデロン」)を注射してもらう。
 症状が軽くなり、効いたような気がする。
 この薬の半減期は36-54時間なので、数日後に症状がどうなるか。

 左肩にはヒアルロン酸注射を提案されたが、こちらはいったん保留。

 久しぶりに深夜までスタジオに残って仕事。

2011年07月24日

日曜日なのでヨット

 日曜日なのでヨット。
 と、ふつうにいうペースに戻ってきた。

 No1 Genoa とフルメインで、4-6ノット。
 八景島海の公園沖にアンカリングして食事。

 ここ数日涼しかったので、身体が涼しさになれてしまったみたい。
 先週は34度でも平気だったけど、今週は30度でやや熱中症気味。

2011年07月22日

三吉橋「小嶋屋」で蕎麦

 自転車で出勤途上、横浜美術館前の横断歩道で車体の一部をポールにひっかけて転倒。わ、恥ずかし。

 ハンドルが曲がってしまった。
 あちこち、軽く打撲と擦り傷。
 身体の傷は放っておいても治るけど、機械はそうはいかない。
 というわけで、アマゾンで自転車のハンドルを注文。便利な世の中。

 定例食事会のリクエストが「そば屋で一杯」
 ということで、三吉橋「小嶋屋」で。
 この店、場所柄に似合わぬ(?)立派なお蕎麦屋さん。
 創業は明治だけど、今の蕎麦は甲斐大泉の「翁」の流れを汲むものらしい。
 福島のお酒で蕎麦で飲む。日本人に生まれて良かった。

2011年07月21日

あかい靴バス

CA3A0516.jpg

 車の点検のためにディーラーへ。
 ラボエームでパスタランチ。オードブル2品、サラダ、ドリンクバーがついて800円から980円。落ち着いた空間でとってもリーズナブル。

 点検が終わるまでまだ時間が合ったので、100円バス「あかい靴」に乗ってみる。
 ふだん、徒歩や自転車で動き回っている範囲だけれど、バスの窓から見ると視界が新鮮。
 ぐるーっと一周一時間半の100円観光旅行。お勧めです。

2011年07月20日

黄金町、のち、池袋

 T社編集、来訪。
 小説誌向け短編の依頼。
 新しい書き下ろし長編の話、など。

 4社から計4冊のオファーを戴いていて、1作を除いてまだほとんど未着手なので、質を落とすことなく自分自身の執筆速度を確保していく必要がある。

 午後7時過ぎ、池袋へ向かう。

 午後9時前、ピン芸人で、劇作家&演出家でもある快児さんと飲む。
 いろいろな話をしているうちに、あっというまに閉店時間の11時半。

2011年07月19日

下水管、のち、イタリアン

 午後、横行下水管の清掃があるので自宅待機。
 午前中は、掃除、洗濯、ゴミ捨て。

 下水管の作業終了を待ちながら読書。

 午後7時、G社の編集者にインターコンチネンタルホテルでイタリア料理をご馳走になりながら、いろいろなことをじっくり話す。
 長編の書き下ろしを依頼されているのだけれど、先の仕事がつまっていてすぐに着手できないので、まずは人間関係の構築。
 いい作品を作るには、率直に意見を言い合える関係が大切。

 電子書籍時代には、出版社を通さずに作家が直接本を出版できる、などと言われたりするけれど、小説を読者に届けるまでに編集者の果たす役割はとても大きい。
 少なくとも阿川大樹としては、プロの編集者の介在なしで本を出したいとは、まったく思わない。

2011年07月18日

落語、のち、女子会

 野毛にぎわい座で、横濱小せん会。柳家小せんさんの独演会だ。
 すがやみつるさんにチケットを2枚いただいたので、夫婦で楽しんだ。

 終了後、スタジオへ。
 二日間空けていたので、まずは鉢に水を遣る。

 午後6時過ぎ、ピンクの絵馬で有名らしい江ノ島神社に婚活の願かけに行った帰りだという女性歌手5人が中華料理を食べにはるばるやって来た。
 彼女たちのお目当ては若葉町の「聚香園」。
 女5人に男は僕1人の女子会(?)。

 ビールと共に女子会的アケスケな会話が続く。

 ううう、腹いっぱい。

女子ワールドカップ 日本優勝

 少し仮眠を摂って、午前3時起床。
 女子ワールドカップ決勝戦、日本xアメリカ。

 前半の序盤、パスの距離感、精度、相手のスピード、などを計りかねていた感じだったけれど、徐々に自分たちのサッカーができるようになってきた。
 延長の末、PK戦。

 なでしこジャパン、彼女たちは自分たちが負けると思っていなかったと思う。
 本当に強いチームの戦い方だった。

 試合が終わったらすぐに寝るつもりだったのに、興奮してるわ、テレビでは次々にリプレイが放送されるわ、で、結局、午前7時過ぎまで眠れなかった。
 僕が生きているうちに日本がワールドカップで優勝する日が来るなんて、まったく想像することすらできなかった。
 貴重な体験をさせてくれて、ありがとう、なでしこジャパン。

2011年07月17日

夏らしい一日

CA3A0515.jpg

 午前10時、ヨットハーバーへ。
 快晴。
 ほどよい風で快走。
 暑いけど、最高の夏の日。

 八景島海の公園沖にアンカリングして、ランチはそうめん。

 よく遊んだ。
 サッカー決勝戦観戦のため、早めに仮眠に入る。

2011年07月16日

銀座

CA3A0509.jpg

 銀座へ。
 着いたのが6時少し前だったので歩行者天国だった。なんかうれしい。

 山野楽器へ立ち寄る。
 何十万円という値段のギターがごそっと並んでいる。
 お茶の水もそうだが、高いギターが売れているんだね。

 銀座TACTで、友人のダンサーのショーを見る。
 この店、バッキー白方もRCサクセションも牧伸二も出演したことのある老舗。

 終了後、客できていた女性歌手二人と飲む。
 銀座で2軒ハシゴして合計一人当たり3000円。安!

CA3A0512.jpg

CA3A0513.jpg

2011年07月15日

小説を読む幸せ

 読書の日。
 遅い朝食は、カレーにレトルトカレー。

 自宅の居間で音楽を聴きながら小説を読む。
 読み終わったときの豊かで充実した心。

 小説家になってよかったと思うのは、自分の小説が本になったときよりも、他の人が書いた小説を読んだとき。小説というものが人を幸福にすると実感したとき。

 オートバイでベイクォーターへ。
 遅い昼食は、鹿児島ラーメンの店で冷やし麺。
 800円もするラーメンと食べようと思うほどに経済的余裕が出てきた。(笑)

 先週に注文した眼鏡を受け取る。遠近両用の生涯4つ目……かな。記憶曖昧。

 その足で、今度は新しい携帯電話を届けに母親の所へ。
 それにしても「簡単ケータイ」は安いし使いやすいね。自分もこれでいいくらい。

 西区よりも旭区の方がかなり涼しい。
 バイクで走るのが気持ちよかった。

 バイクを置いて近所のスーパーに買い物。
 レトルトカレー、食パン、金麦、タラコ。
 297円の鳥の竜田揚げ弁当が3割引。
 これと昨日作ったワカメの赤だし味噌汁で夕ご飯。
 ラーメンごときで贅沢してしまったので節約。(笑)

2011年07月14日

物々交換

 仮眠から午前3時半にセットした目覚ましで起床。

 FIFA女子ワールドカップ準決勝日本対スウェーデンの試合をテレビ観戦。
 3-1で日本完勝。
 準々決勝を見て、スェーデンは日本に比べてあまり強くないと思っていたけど、実際、まったく寄せ付けなかった感じ。

 午前6時過ぎ、あらためて就寝。

 ノジマ電機で母親の携帯電話の機種変更。
 午後4時、スタジオの賃貸契約について打合せ。

 黄金町地区に短期滞在中の、宮城県名取市で被災したイラストレータ・高橋麻衣子さんが阿川の著作と交換に、肖像画を描いてくれることになった。
 わーい!
 プロの絵描きさんに肖像画を描いてもらうなんて、とてもうれしい。
 というわけで、本と絵を物々交換することになりました。

 ちなみに『会社、売ります!』の表紙の背景には、ラストシーンにちなんで、陸前高田で生き残った一本松が描かれています。

2011年07月13日

伝票整理

 本日も灼熱。そして筋肉痛。(卓球のせい)
 僕が小学生の頃には「夏休みの勉強は午前中の涼しいうちに」などと言われていたけれど、午前中からもう三十度超えていて、ちっとも涼しくなんか内。

 本日、連載の再校が届くはずだったのだが、編集者から電話。
 大人の事情があるらしく「インバウンド」の第二回は、次号では STORY BOX には掲載されず、休載。

 僕が原稿落としたからじゃないからね。〆切通りに送って、初校だって〆切通りにもどしたからね。

 午後4時半、母に来てもらって今年前半の領収書類の整理をしてもらう。
 その間に、こちらは連載エッセイを仕上げて送付。

 お礼がてら母を連れて「聚香園」で夕食。
 うぅ。腹いっぱい。

2011年07月12日

今週も黄金町卓球部

 先週に引き続いて黄金町卓球部。
 本日は、鈴木杏樹に似ているともペコちゃんに似ているとも言われている部長とサシで1時間打ち合う。

2011年07月10日

黄金町落語会

 オープンスタジオのため午前中から出勤。

 正午からオープンスタジオ。
『幸福な会社』『会社、売ります!』のサイン本を販売。

 少しの時間、抜け出して、スタジオAで開催中の「産直おおたき」で千葉大多喜町の野菜を購入。
 トマト、プラム、胡瓜、椎茸。

 午後4時半からは、「黄金町落語会」。
 金原亭馬吉さんによる初の新作落語は阿川大樹の書き下ろし。
 書く方も話す方も新作落語に初めて挑戦!
 途中、馬吉x阿川のトークショー「黄金町落語のツクリカタ」。
 満員のお客様の来場、ありがとうございました。

 終了後は、来場のお客様を交えて懇親会。

2011年07月09日

ヨット、後、梅雨明け

 ヨット。

 風、軽やか、うねり、なし。
 絶好のセーリング日和。

「このまま梅雨が明けたら勘弁だなあ」
 と言っていて、家へ帰ったら、梅雨明けのニュース。

2011年07月08日

シウマイとトリスハイボール

 国際ブックフェアとその関連展示会にご招待をいただいていたのだけれど、人混みへ出る心の体力がなくて出席断念。
 会いたい人もいたのだけれど。

 ベイクォーターの眼鏡屋さんへ行って、遠近両用のメガネの作り替え。
 僕は乱視の度が強いので、多くの場合、表示よりもレンズ代が高くなるのだけど、標準料金でできるとのこと。
 別の店で先日つくった読書用の単焦点レンズでは追加料金取られたのに。
 いろいろオプションも勧められず、良心的だ。

 眼鏡屋の後はヨドバシカメラの定点観測。
 テレビ売り場では、小型のテレビの前に人だかり。
 アナログ廃止が目前になって、2台目用の買い換えと最後までアナログでがんばっていた人の買い換え需要が重なっている感じ。

 午後4時、オフィスに到着。
 横浜駅の崎陽軒の売店で買ったシウマイ15個入りとトリスハイボール(148円)で昭和的リラックス。

 午後6時、町の広報について打合せ。
 その後、新しく町へやって来た人の歓迎会に出席。会費500円のtづくりパーティ。

2011年07月07日

七夕 ゲラチェック

 世の中は七夕。今年の夜は晴れるかな。

 とはいえ、こちらは85ページ分のゲラチェック。
 午後6時過ぎ、宅急便の集配を呼んでチェック済みのゲラを送付。

 ゲラを読んでいたスターバックスが寒くて、ちょっと体調を崩す。
 OLさんのようにカーディガンと膝掛けが必要か?(笑)

ふと思ったこと:
 アイドルの握手券を金で買ってもそのタレントと恋に落ちることはないよね。
 いやむしろ恋愛のチャンスから遠ざかる。特別な存在になる可能性を捨てて、自分を何万人のうちの一人にしてどうする、と思ってしまう。

 七夕の深夜、下界では、ベッドパッドとシーツの洗濯&乾燥。

2011年07月06日

新しいおつきあい

 小学館 STORY BOX #23 発売。
 阿川大樹の新作「インバウンド」の連載第1回、150枚一挙掲載です。

 こちらには次の号のゲラが到着。

 新しいおつきあいの出版社から編集者とその上司が来訪。
 阿川の作品を読んで新作を書いて欲しいと言ってくださるのはほんとにありがたいことです。

 いろいろ率直な話を1時間半ほどして、黄金町エリアを簡単にご案内。

2011年07月05日

黄金町卓球部

 朝起きて、近所のマクドナルドで朝食。
 というのもその近くに証明写真のブースがあるから。
 フィレオフィッシュとコーラのLサイズで370円。

 写真を撮って、自転車にて本牧へ向かう。
 1級小型船舶操縦士の5年ごとの更新講習と身体検査。(講習料4080円)
 午後2時過ぎ、講習修了。
 海員生協の食堂でカレーライス(300円)。

 午後3時、修了証と身体検査の合格証をもって、北仲の第二合同庁舎へ。
 運輸局で船舶免許の申請、即日交付。収入印紙代1350円。
 以前はいきなり窓口まで行くことができたけれど、セキュリティゲートができていて、行き先を告げて入館証をもらうようになっていた。

 黄金町へ向かう途中、竜宮美術旅館の Lcamp で極上のアイスコーヒーで、干涸らびた身体が生き返った。

 午後7時40分。黄金町卓球部。
 7人で卓球台2台使って、1時間10分で450円。
 たっぷり汗をかく。

 黄金町に戻って、地域のお母さんによる大多喜町の野菜を使った週に一度のワンコインディナー。
 餃子、きんぴらゴボウ、胡瓜と昆布の和え物、トマトと玉葱の冷菜、その他、トリスハイボールも飲んで、500円なり。

 いったん自分のスタジオに戻って、雑用をして午前0時過ぎに引き上げる。

2011年07月03日

ヨットレース、観戦

 午前7時半、起床。
 日曜日なのに早起きなのはヨットに行くからだ。

 とはいえ、出かけるのは9時半。

 今日は、うちのクラブが主催している「横浜市長杯ヨットレース」。
 我が艇はレースにはエントリーせず、観覧艇を決め込む。

 午後2時過ぎに帰港して、かたづけの後、午後5時からパーティ。
 長いつきあいのヨット仲間たちと久しぶりに馬鹿話をするのが楽しい。

 もちろん日焼け止めを塗ったけど、しっかり日焼け。

2011年07月02日

のんびりした土曜日

 原稿を書かない時期なので、本日は出勤せず。

 妻は仕事で出かけていないので、一人で割とのんびり過ごす。

 週明けの船舶免許更新の為、ジャックモールに写真を撮りに行くが先客がいて長くかかりそうだし、強風でブースのカーテンを押さえながら撮影しているようなので、写真はやめにする。

 横浜駅東口の行政サービスコーナーへ住民票の写しを取りに行く。(船舶免許の住所変更のため)
 自前の自転車で行こうと思ったら、カードキーを部屋に置いて出てしまったので、自転車置き場のセキュリティゲートを開けられない。
 というわけで、baybike を使うことにする。

 baybike だと30分以内に返却しないと料金がかかるので寄り道せずに途中のステーションでいったん返却し、そこからまた借りて、スーパーへ。

 小麦粉とか、2割引のメンチカツとか、5割引のいかげそ2パックとか、スパゲッティ1kgとか、トマトのパッサータとか。

 買ってきた材料で夕食を適当に作って、ひとりでのんびり食べる。
 サントリー白州蒸留所のシングルモルトを炭酸で割ったハイボールが極上。

2011年07月01日

ベッド到着 シモンズ

 午前7時半、起床。
 
 午前8時50分、家具屋の配送到着。
 早すぎ。午前9時から11時の間に来ると言ったではないか。

 午前10時前、新しいベッドの設置終了。
 マットレスを実測して、ベッドパッドとボックスシーツをニトリに買いに行くつもりなのだが、まだ店がオープンしていない。

 午前11時10分。ニトリで買い物完了。
 部材が揃ったので、ベッドを設える。

 昼から出勤。
 夜は会食。