覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2013年05月 | メイン | 2013年07月 »

2013年06月29日

劇団!王子の実験室

 夕方5時半から、黄金スタジオで劇団!王子の実験室の「阿倍仲麻呂暗黒伝」を見る。
 久しぶりに見るお芝居でした。
 脚本がよかった。

 その後はまた仕事場に戻る。

2013年06月28日

上七軒の裏路地

 明け方までテレビでウィンブルドン・テニスを見ていた。
 というわけで、シャワーを浴びてチェックアウトしたのは午前11時少し前。

 演劇関係の旧友の運営しているギャラリーに顔を出し、先日亡くなった先輩の話など。

 朝昼兼用の食事は、堀川通り近くの「七福神」というラーメン屋さん。
 とんこつだけどなかなか繊細な味。

 バスで上七軒へ出て、「雅景錘」というギャラリーへ。(バス代220円)
 これがまたふつうの住宅街のど真ん中で10m以内に近づいてから30分くらい探し回った。
(京都は大きく看板を出さない)

 このギャラリーで開催されているのは、実は、黄金町の僕の事務所の並びに活動場所のある倉谷さんの個展。
 ちょうど本日から開催なので行ってみました。

 バスで四条烏丸までもどり、ホテルに預けた荷物をピックアップ。(バス代220円)
 地下鉄で京都駅へ出て、新幹線の人となる。

 行き先は横浜ではなく品川。
 予定のある時間よりも早く到着したので、駅近くのイタリアン・バルでスプマンテを呑みながら仕事。なんだか豊かな時間。
(ハッピーアワーで飲み物350円也)

 午後6時過ぎから、客船クルーズで知り合ったご夫婦と会食。
 シンガポール料理。
 楽しくて美味しい時間。

2013年06月27日

人間ドック

 午前7時前、起床。
 これから人間ドックなので、食事も摂れない、水も飲めない。
 寝ている間に汗をかいて脱水状態なので目がドライアイ。
 シャワーを浴びて出発。

 山科駅からシャトルバスで病院。

 6年前に椎間板ヘルニアの手術をしたときにいろいろな検査をしたあとは、大規模な検診はしていなかった。

 午前11時過ぎ、検査終了。
 すぐに分かる範囲の結果では、コレステロール値が高いと。

 肉ばかり食べているわけでもないのだけど、いままで割と健康だったので、安心して野放図な食生活だったかもしれない。
 もう少し、食事に気をつけよう。

 会計の際、病院の近所で使える食事券をもらったけれど、胃の内視鏡検査の麻酔のせいで1時間は食事ができないということで、待合室で時間つぶしをしながら、パソコンで仕事。

 さてと正午になったので、外へ出てみる。
 少し歩いてみたら、食事券の使える場所のひとつを発見。
「鶴喜そば」は麺も独特の舌触り、それによいワサビをつかっていて、美味しゅうございました。

 いつのまにか京都でも SUICA を使えるようになっていて便利。
 いったんホテルにもどり、午後4時から会議、ひきつづき飲み会。

2013年06月26日

のぞみは西へ

 午後、京都へ向かう。
 面倒なことに傘が必要な程度の雨が降っている。
 どこかの飲み屋でもらった今にも壊れそうなビニール傘をもって出発。

 昼の中途半端な時間なので、新幹線は空いている。
 いつものように崎陽軒のシウマイ15個入りを食べながら。

 午後4時半、京都に到着。
 最近の常宿「からすま京都ホテル」にチェックイン。

 明日人間ドックのため、食事は午後9時まで、しかも酒が飲めない。
 となると、京都で食の楽しみを追求するモチベーションが湧かない。
 ホテルの向かいのサイゼリアでいいか、くらいの感じ。

 午後7時を過ぎるまでホテルで仕事をして、それでも、どこかないかと近所を歩いてみる。
 京都にも立ち飲み系の飲み屋が増えているみたいだけど、こちらは飲めないので素通り。

 都野菜バイキング、と銘打った店を発見。
 1300円でおばんざいと生野菜の食べ放題。これにしよう。
 豆腐の味噌汁かと思ったら生麩だったり、なかなか充実。

2013年06月24日

また、マークイズ

 またしても妻とマークイズへ。
 商業施設に出かけるという感じじゃなくて、急に自分の町が発展しちゃったので、我が町を把握しないと落ち着かない、という感じ。

 平日なので少し空いている感じだけど、まだまだ混雑中。

 朝食はフードコートの沖縄そば。
 東京ガスのショールームが楽しい。
 ついに妻は洋服を買う。
 どこにしまうのだろうか。(笑)

 疲れたのでアマルフィカフェの列に並んでみるが15分くらい並んでも、列があまり進まない。
 家まで徒歩2分だから、こんなに待つならさっさと家に帰った方がいい。
 というわけで列を抜けてそのまま地上を歩いたらキャンプコーヒーという店が空いていたので、そこでホットサンドとアイスコーヒーのランチ。
 ゆったりとしたいい時間を過ごした。

 昨日の都議選に出馬して惜しくも落選した中学時代のクラスメートの事務所の場所がわかったので、オートバイで行ってみようと思い立つ。

 中学の同級生だから、ようするに彼の地盤は僕が中学生の頃住んでいたあたり。

 ネットで調べた事務所はしまっていて誰もいなかったけれど、懐かしい、変わっているようないないような、そんな町を少し走ってみて、そのまま帰って来る。

 夕食はオムライスその他。

 この段階で仕事の進捗がゆっくりなのはある意味予定通りだけど、そろそろスタートかけなくては。

2013年06月23日

図書館


 午後から図書館。
 みなとみらいは新しい商業施設のオープンで、ものすごい喧噪だけれど、図書館は静かで極楽。

 3時間ほど資料調べをして、午後5時に閉館。
 資料がドンドン出て来ると、調べものはとても楽しくなる。

 野毛山を超えて黄金町へ出勤。

 都民でもないのに東京都議会選挙の開票速報を見る。

2013年06月22日

ジョギング

 午前中、ジョギング。
 割りと調子がいい。

 パシフィコの二輪駐車場を引き払って、そのままバイクで黄金町へ出勤。

 東京の戦後を舞台にした某小説を読む。
 横浜の千語を書くので資料として。

 バイクで帰る先は、本日よりパシフィコではなく自宅のあるマンション。
 いままでは家を出てバイクを乗り出すまで10分かかったけど、これからはオートバイの場合、通勤時間全部で10分。
 ちなみに、自転車で15分、歩いて35分、電車で30分、バスで25分。

2013年06月21日

町歩き

 MARK IS みなとみらい、正式オープン。

 本日開店で新聞にチラシが一杯入っていたらしいけど、新聞電子版だとチラシがなくて不便。チラシだけ配ってくれないかな。本紙は電子で読めば十分だけど。

 FM横浜が、ティールームのテラス席に陣取って、マークイズからライブ放送をしている。
 僕はそれをインターネットラジオで聞きながら内部を探検。

 マークイズは地上5階地下4階で大きなワンブロックすべてを締めているので、ひとつの町くらいの広さがある。
 いつも旅行や取材で初めての町に行ったときの手法で、この町を取材して歩き、土地勘をもてるようにする。買い物は必要なものがあれば買うけど、むしろ必要な物が買いたくなったときにこの「町」で手に入るかどうか、可能性を調べ上げておく、という作業。

 買い物はユニクロで下着、京急ストアで、キュウリ、レタス、牛乳など。

 午後4時前に一旦帰宅。

 喧噪から隔絶された某ドトールコーヒーで仕事。
 本日も読書。

 午後7時過ぎ、仕事から帰ってきた妻と待ち合わせてもう一度、マークイズへ。
 先に調べておいた知識で妻の探索を効率化。
 京急ストアで本日2度目の買い物。(笑)

2013年06月20日

小説を読むという贅沢

 日本対イタリアのサッカーを観るために早起き。
 2点先制したけど、そう簡単に勝てるわけがないと思っていた。
 結果は4-3で負けた。
 勝つチームを強いチームというのだ、ということ。

 ブラジル、イタリア、メキシコ、と強いチームのいるグループでほんとによかったよ。ワールドカップに絶対にプラスになる。

 事務所へ出て、長い間、読みかけのままだった小説を読む。
 小説を読むという贅沢。(仕事がらみではあるけれど)

2013年06月19日

Mark Is みなとみらい 内覧会

 臨時に仕事はオフ。

 午前中、パシフィコの駐車場事務所へ出向き、二輪駐車場解約の手続き。

 某書店某夏フェアのためのPOPの作成。
(あ、仕事してるじゃん)

 午後2時半過ぎ、横浜美術館前にできた Mark Is へ。
 出がけにマンションの1階で、知人に会う。目的地は同じ。(笑)
 この施設、正式には21日オープンだが、本日は近隣住民とみなとみらいポイント会員の為の内覧会。

 入口まで行ってみると、びっくり長蛇の列がランドマーク方面まで!
 しかしながら、近隣住民招待枠の入口は空いていて、そちらからすんなり。

 いままでみなとみらいで実際の需要にあっていたのはジャックモールくらいだったのだけど、そのジャックモールもなくなって、こちらの施設が、高級ブランドでも高級レストランでもない店を集めたものとして期待していた。
 マンションの人たちも口々に「はやくできるといいね」と。

 まずは、4階のフードコートへ。
 いろいろあったけど「なんくるないさー」という店で沖縄そば(680円)、沖縄の標準値段は500円だけど、しょうがないさあ。

 物販は生活雑貨、カジュアル&スポーツが中心。
 はい。見て回ろうと思う店たちです。

 京急ストアは思ったよりも小規模で値段もデパ地下値段。
 やや期待はずれだけど、駅と直結で買えるのは便利。
 その他、惣菜やスイーツなどもデパ地下的な感じ。

 フードコート以外の飲食店も、他のビルのような「ああ勘違い」な高級店はなく、そこそこリーズナブルな値段でそれぞれの店の創意工夫が楽しめる感じ。

 京急ストアと Kaldi Coffee Store で食料品を買って、午後4時、一旦帰宅。
 マンションへ向かう途中、ぞろぞろと京急ストアの袋を提げた人たちと一緒。
 たぶんうちのマンションから千人以上、Mark Is に行ってるんじゃないだろうか。

 書類を書いて、マンションの二輪駐車場の契約手続き。
 これで、月末まで、いつでも天気と都合のよいときにバイクをマンションまで移設できる。

 午後7時20分、今度は仕事から帰ってきた妻と待ち合わせて、再び Mark Is へ。
 要するに、残り40分で効率的に見て回るための妻の案内係。(笑)
 4階の飲食店の列に並ぶ、同じマンションの友人を発見。

 午後8時、内覧会終了。
 歩き疲れて台所に立つ気力もないので、近所の三間堂で夕食。
 いつもは第三にビールなので、プレミアムモルツが旨い!!

2013年06月17日

チーム阿川

 昨晩書いた連載エッセイを見直して、メールで送信。

 Nexus 7 用に iijmio の月額945円の回線を契約。
 似たような値段でも、b-mobile とちがって、ターボモードじゃなくても、普通に使える。スカイプも、ネットラジオもOK。
 大満足。

 映像化関連の契約書に捺印して、鞄に入れ、大門の出版社へ。

 午後6時から編集者と新作の打合せ。
 極めて有用な意見交換ができた。
 本格着手とする。

 その後、営業部門、法務部門などの人たちが合流して、近くの本格ピザレストランで会食。
 ベネチアのピザより美味しい。

 2軒目はオーセンティックなバー。
 久々に、ブラントンとか、ライ・ウィスキーとか。

2013年06月16日

Welcome to the Jungle

 本日最終日の横浜美術館の「Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術」を見る。

 かなり充実した内容だった。
「アジアで現代アート」なので、最終日なのに空いていて、見る方としては助かった。

 横浜美術館は、必ずしも一般に評価の定まっていないものを積極的に取り上げている。
 とてもよい美術館だと横浜市民として胸を張りたい。

 さて、そのあと図書館に行くつもりだったが、閉館時間に間に合わないので、黄金町に出勤。

 夜は、冷凍庫を塞いでいた去年のザリガニを食べる。

2013年06月15日

送別会

 午後4時から、黄金町芸術学校の授業。
 取材のためにまちあるきをする、という回だったのだけど、幸い夕立にならず。

 午後7時半からは、お世話になった人の送別会。
 ある程度実績のあるアーティストたち数人とで羊の串焼きが名物の中華料理店「京味居」で。
「自分」がしっかりしている人たちなので、話していて楽しい。
 しかも国際的。

 午後11時過ぎまで楽しく語り合う。
 
 午前4時からのサッカー、日本対ブラジル、を起きていて見ようか、寝てから早起きしようか迷っているうちに午後2時半を過ぎ、ベッドルームのテレビに予約をいれて就寝。

 4時に起きて、試合を見始めたのだが、やはり、いつのまにか眠ってしまっていた。

2013年06月14日

男子、厨房を出でよ

「男子、厨房に入ろう」みたいなのがよくある。

 だけど、主夫としては、できれば厨房から脱出したいと思っている。
 料理自体はきらいじゃないけど、できれば趣味でやりたい。
 しかし、いまは料理を趣味でする余裕はない。たいていは食べることさえ面倒だと思っているありさま。腹なんて減らなければいいのに。自分への餌やりは実に面倒だ。

 息抜きなどしなくてもいつも心は元気で、永遠に腹の減らない体をもち、雨にも負けず、風にも負けず、ずっと夢想している。

 そういう人にわたしはなりたい。

横浜会

 午前10時、クイーンズスクエアでK社の編集さんと打合せ。
 1年前から進めている長編について、意見の合わないところが残っているので摺り合わせ。
 じっくり腰を据え直さないと。

 他にずっと待ってもらっている原稿もあるので、そちらと並行して進める。

 一旦家にもどると、マンションの管理事務所からのインターフォン。
 引越以来6年間、空きを待っていたオートバイの駐車場の順番が回ってきた。
 月々の駐車場代も節約になるし、何より、片道5分以上のところまで行かなくてよいので、バイクに乗るのがずっと気軽になる。

 午後7時、横浜駅西口で「横浜会」。
 横浜の書店員、版元、作家の集まり。
 阿川は初参加。
 本を愛して本で生計を立てている人たちの熱気がすごい。
 久しぶりに会う小説家、初めて会う小説家、出版社の営業、編集、そして、もちろんたくさんの書店員。こんなに熱い人たちが日本の出版を支えているのだと実感できた。
 25枚用意していた名刺がソールドアウト。

 T社のKさんとふたりで野毛に移動して、勝手に二次会。(笑)

2013年06月13日

リコール

 午前中、メーカーからリコールになった我が家の車をディーラーに持ち込む。

 中華街の老舗のお粥屋さん「安記」で鶏粥。
 たかがお粥だけど、えもいわれぬ満足感。老舗、恐るべし。

 今週は連日呑んでいるので、内臓が疲れ気味だし。

 晴れていたら自転車で黄金町へ出たところだが、あいにく雨なので一旦自宅に戻るが、どうも仕事に集中できない。

 夕方、部品交換の完了した車を引き取りに再びディーラーへ。

 夕食は、ムール貝のスパゲティと、トマトとモッツァレラチーズでカプレーゼ。
 美味しいものを食べたら少し元気が出て、最低限の仕事をこなす。

2013年06月12日

芸術学校の生徒になる

 午後7時から、黄金町芸術学校「まちづくりコース」を受講。

 本日は、雑司ヶ谷や北九州のシャッター通り商店街でプロジェクトを興している建築家・嶋田洋平さんのレクチャー。
「まちづくり」は小説家阿川大樹のライフワークのひとつ。

 終了後、近くのギャラリーで懇親会。

2013年06月11日

野毛呑み

 某野毛友の会5人衆。

 小半(こなから)でスタート。
「のげ一刺身が旨い」と書いてある店で、看板に偽りなし。
 ほんとにどれも美味しかったけれど、とりわけ炙りしめ鯖が絶品。

 次は最近できた「野毛たべもの横丁」の鉄板焼き「肘鉄」へ。
 隣は「ナウなヤングが集う店 スナック へそまがり」。
 その他、立ち食いの寿司屋とか、串カツ屋とか、いろいろ。
 また探検に行かなくては。

 最後は三陽御用亭で餃子とラーメン。

 11時半キックオフの日本代表サッカーまでに帰宅するはずだったけど、楽しくて大いに酔っ払う。

 家に着いたら試合後半が始まったところだったけど、そこで記憶が途切れて朝を迎える。
 岡崎が得点したらしい。(笑)

2013年06月10日

横浜市立中央図書館

 横浜市立中央図書館で調べもの。

 黄金町にスタジオを持つ前はよく仕事場としてきていたけれど、しばらく来る用事がなかった。
 久しぶりの図書館は、静かで別天地のような心地よい空間。

 貸し出しの図書カードが見つからなかったので、再発行の手続きをする。

 夜は関内の居酒屋で会食。

2013年06月09日

護衛艦やまぎり

 この週末は開港祭なので、いつにも増して、みなとみらい地区は大混雑。

 新港にあるハンマーヘッドスタジオの航海日なので立ち寄ったら、知り合いのアーティストは全員不在だった。

 すぐ隣で、海上自衛隊の護衛艦やまぎりが公開されていて、あまり混んでいなかったので見学。

 76mm速射砲の実演もあって、7トンもあるものがキュキュッと動くのに感動。
 1分間に80発撃てるというその銃身は水冷式になっている。

 誘導ミサイルを攪乱するチャフの発射装置は艦船にもあると知ったのは新鮮。

 見学できるのは甲板の外回りだけなのだけど、ふつうの船舶とは違うものがたくさんあって面白かった。

 夕食はピアゴの弁当(398円)
 野菜の足らない分は、帰宅後、たっぷりにサラダを作って食べる。安ワイン付き。(笑)

2013年06月08日

事務所の電気

 事務所の5月の電力消費は20KWh。

 ほとんどパソコンと4WのLED天井灯だけで、冷蔵庫もないから安い。
 夏はエアコンを使うから少し増える。

2013年06月07日

かいだん広場

 日が暮れる頃、かいだん広場へ出て、小一時間、ギターを弾いた。
 適度に反響して、風が吹き抜けて心地よい。

 目の前ではアーティストの山田裕介が布とコンクリートで作品を作っている。

 たっぷり血を吸った蚊を仕留めたところでおしまいにする。
 

2013年06月05日

ジョギングには暑い

 昼時、ジョギングに出る。

 ふつうのペースだけど、遠回りしながら山下公園までの5kmでけっこうへばった。
 帰りは baybike を漕いで帰る。
 風は気持ちがいい。このパターンはなかなか使える。

 そろそろ昼間走るのはやめた方がいいかもしれない。

 シャワー浴びて昼食を摂ってから出勤。

 昔、書こうとした長編のアイデアをレビューする。
 いろいろな事情により、長編3作同時進行、というと大袈裟だけど、並行して動かしていく体制へ切り替えようとしている。

 昨年買った新しいギターの音がだんだんよくなってきた。

2013年06月04日

臨時の客人

 6月4日は虫歯予防デー。

 夜はサッカー日本代表の試合なので仕事ができない。
 というわけで、午前中から出勤。

 途中、尾島でメンチカツバーガーを買おうとしたら、お金を持っていない。
 どこかで朝昼兼用の食事をする予定もご破算。
 事務所に出ればお金はあるのでまっすぐに出勤と相成る。

 改めて伊勢佐木町に食事に出る。
 ついでに銀行口座を確認したら、クレジットカードの引き落とし口座の残高が少なくなっていたので、二つの口座からかき集めて入金。
 最近記帳していなかったからね。

 と、食事前にちょっとあたふたして、錦珍楼でランチ。
 マーボ茄子定食。680円。
 ここのは量が多いのでご飯はとうてい食べきれない。今度から半ライスにしてもらおう。

 事務所で仕事始めると、まもなくドアチャイム。
 大手建設会社の人、3名を携えてNさん。
 大手建設会社ではこういう物件は建てたことないでしょうというわけで、ちょんの間様式の我が事務所をご案内。

 つづいて、窓越しに道路から声がかかったと思ったら商店会のTさん。
 近くの接骨院の帰りだとか。
 というわけで、こちらも部屋をご案内。

 書類を一通メールで送り、オンラインで原稿料の入金を確認。
 メールを何通か書いて本日の仕事は終わりにする。
 サッカーのキックオフにはちょっと早いけど、明るいうちに事務所をでるとなんだか楽しい。

 スーパーで小口に食料品を買って帰宅。

 日本対オーストラリア、ハラハラしたけど本田のPKで追いついて同点。
 ワールドカップ出場が決まった。よかったよかった。
 
 でも、ゆっくりしたところからキュンとイッキに得点のとれるモードにスイッチできないので、まだまだ力が足りない感じだけど、大いに期待はしています。

 頑張れ日本。

2013年06月03日

美容室

 頭が爆発していたので、美容室で髪を切った。

 ずっとアシスタントだった男の子が初めてやってくれた。

 若い人が成長する姿を見るのはいいものだね。
 頭も心も清々しくなった。

2013年06月02日

寺島商店

 日が長くなっている。
 いつも深夜に帰宅するクセがついていたところ、珍しく明るいうちにオフィスを出た。

 なんとなくうれしくて、しばらく外飲みをしていないことに気づいて、伊勢佐木町の立ち飲み屋「寺島商店」に立ち寄る。

 瓶ビール、焼き鳥4本、アスパラガスの天ぷら、970円の幸福。

 生活時間帯を改善して、せめて夜8時くらいまでには仕事を終える生活にしようかな。

2013年06月01日

16億円の使い道

 ロト7の一等が2口同じ売り場から出たそうで、もしかしたら一人で16億円の当選金を手にする人がいるかもしれないという話。

 よそさまのサイフだけど、ふと使い道を考えはじめたら楽しくなった。
 16億円なんてあっというまに使えてしまうけど、こういうあぶく銭は堅実に使ってはいけないような気がする。

 あ、僕には関係ないので妄想ですけど。

 現実世界では半年ほど滞っていた某取引先から原稿料が振り込まれた。
 よかったよかった。