覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月31日

贅沢とは

hedcase.jpg

 仕事の調子が上がってきている。

 以前、渋谷で見かけて衝動買いしたカラシ色のヘッドフォン。
 あまりに気に入ったので、ヘッドフォンを入れるケースを、黄金町のアーティスト仲間の服飾デザイナー・伊東純子さんにカスタムオーダーで注文してしまったのは、3月28日のこと。

 先日、それがやっとできてきました。

 想定を遥かに超えた素晴らしい出来。
 銀色のキルティングでファスナーも隠れるようになっているし、裏地の色がこれまたぴったり。
 こんな素敵なソフトケースにヘッドフォンをいれている人はそうそういないぞ。(笑)
 お金はないけどこういう贅沢は価値がある。
 
 仕事として注文したつもりだったのに、伊東さんがお金を受け取ってくれないので、本日はお礼の飲み会。

 野毛の「たべもの横丁」の「居酒屋あお」でホッピーを飲み始める。
 ここはフードコート方式になっているので、他の店から出前が取れる。
 ビストロから真鯛のクリーム蒸しを取ったり、寿司屋から刺身を取ったり。
 どの店の料理もかなりレベルが高くて値段はリーズナブル。

 ついで都橋の「華」にホッピング。
 よく飲みました。

2013年07月30日

いつものきらく亭

 推理作家協会の懇親総会は欠席。
 火曜日の夕食はいつものきらく亭。

 こつこつと仕事をしただけなので、特記事項無し。

2013年07月28日

完璧な日曜日

 昨日は4人が集まって久々のセーリング。
 4人も乗ってるのに舵はオートパイロット(自動操舵装置)に任せる。(笑)
 3-4mの風がときどきなくなる。海を見て風の在る場所を探すのは人間の仕事だ。
 フルメインに#1ゼノアで、3ノットくらいしかでないけど、行き先があるわけじゃないので気にしない。
 ホームポートにもどってから、買い物をしてランチを摂ったのは3時過ぎ。
 シャワーを浴びて5時まで、ハーバーの風の抜ける場所でだらだらおしゃべり。

 ヨットで1日遊んで、本日の会費は食事代込みでひとり1500円。仕事の帰りに居酒屋に立ち寄るより安い。(ていうか、いまお金がないから、基本的にひとりで飲み屋には行かない)

 家に帰って、妻と近所に買い物に出る。
 モッツァレラチーズとかバジルペーストとか買って来る。
 大分前にコストコで買った生ハムや安売りのメロンがある。トマトもたくさんある。
 夕食は、カプレーゼ、生ハムとメロン、ワインはベネト産のシャルドネのスプマンテ。
 締めは、黄金町の「産直おおたき」で買った新じゃがとコンキリエ・リガーテ(貝の形をしたパスタ)とインゲンにバジルペーストをつかってジェノベーゼ。

 今年はまだ本が出ていないので、収入があんまりなくて、そこから事務所家賃とか電気代とかの経費も払っているので、大学卒業後の人生で一番貧乏だけど、メリハリつければけっこういい暮らし。

 こういうことができるのも、日常に、280円の牛丼とか、100円バーガーとか、ジャンクなものが存在していてくれるから。現時点で800円の定食を日常的に食べられる経済力はない。

 小説家の収入はマクロ経済とはリンクしないので、不景気で物価が安い方が助かるのだけど、物価が上がるような経済がみんなにとって幸福なら、きっとその方がいいのだろう。

2013年07月27日

高校卒業40年

 とりあえず午前中のイベントはジョギング。
 といっても自転車と併用して仕事場まで行き、昨日、帰り際にバックアップさせていたPCの電源を落として、遠回りで走って帰宅。

 シャワーを浴びた後は着替えて都内へ。

 ハイアットリージェンシー東京で高校の同窓会。
 600余名の参加。
 僕らの年代は卒業40年で幹事年ということで動員がかかり、200名以上の参加。
 僕自身、卒業した年が会費無料だったから参加して以来だと思う。

 2時間の会が終了後、ホテル内の隣の宴会場で同期会。
 それが終わったところで、帰ろうとしたら外は雨。
 タクシーに並んでいたら電話が鳴って、玄関の中にみんないるぞと引き戻され、離脱失敗。
 小田急ハルク裏の居酒屋で3次会は午後11時過ぎまで。

 午後3時から11時まで8時間も酒を飲んでいた。(笑)

 以前ならば新宿からの帰宅は山手線で渋谷に出て東横線というパターンだったけど、新しい最短ルートは新宿三丁目で乗り換えてみなとみらいまで一直線。

 近くまで来ていたけど、新宿ゴールデン街には寄れなかった。

2013年07月25日

オートバイで出勤

 オートバイで出勤。
 仕事の前にバケツの水で洗車。

 GPSナビ Garmin Nuvi 1365 の取付治具を取りつける。
 以前はタンクバッグに入れていたのだけど、真下を向くことになって視野の移動が大きく、安全上問題があるので、ハンドルバーに取りつける治具(RAMマウント)を導入。
 2500円のどの投資で見やすくなり安全度も向上した。

 仕事を始めると、知らない番号から電話が入る。
 9月に開催される「タモリカップヨットレース」の事務局から。
 書類に不備でもあったかと思ったら、パンフレットに船の紹介を載せるということでそのオーナーインタビューだった。

 午後10時頃まで仕事。
 オートバイだとあっというまに家に着く。

2013年07月24日

無事帰宅

 午前9時過ぎ、寝台特急北斗星は上野に到着。
 夢から覚めると平日の東京、というギャップ。

 ふつうに帰宅し、少し休憩してから、事務所へ出勤。
 寝ている間に着くというのは楽でいい。運賃は飛行機よりも高いけど、飛行機で深夜早朝に移動するよりも体は遥かに楽だ。

2013年07月23日

小樽港マリーナ

 北海道に来ているならヨットに来ないか、というお誘い。
 会社員時代、仕事を通じて知り合った人が、いまは札幌に住んでいる。

 妻の予定が午前中に終わるので、午後から函館本線小樽築港駅から近い小樽港マリーナへ向かう。
 駅からマリーナへは隣接する商業施設「ウィングベイ小樽」の中を通る。
 このショッピングセンターは明らかに市場規模に比べて規模が過大。
 ちょっと採算が難しい感じだなあ。

 ヨットのオーナーが名古屋から戻ってくる飛行機が遅延して、合流したのは午後3時過ぎ。

 オーナーKさんに最後に会ったのはお嬢さんがお腹の中にいたころ。
 そのお嬢さんは18歳になってイギリスの学校に留学中。夏休みに香港からの友人と一緒に日本に戻ってきているということで、ヨットの上で初めての対面。

 1時間ほどデッキでくつろいでビールを飲み、札幌駅に向かう。
 
 帰りは寝台特急北斗星のB寝台。

2013年07月22日

旭山動物園

 午前9時過ぎ、寝台特急カシオペアは札幌に到着。
 みどりの窓口で旭山動物園行きの割引チケットを購入。
 荷物を大きなコインロッカー(600円)に荷物を預ける。

 特急スーパーカムイで旭川へ。
 旭川駅はやたらと立派。しかし駅前工事中でバス停が遠い。
 5番乗り場から旭山動物園行きのバス。

 ついた旭山動物園はかわいらしい。
 あまりお金をかけないでできるだけ楽しい見せ方、動物との距離を近づけようという工夫に富んでいる。

 午後5時過ぎ、札幌のホテルにチェックイン。
 久しぶりに「荷物を部屋まで運んでくれるホテル」(笑)
 ふだんはよくてビジネスホテルだし、沖縄では1週間で1万円のゲストハウスだったりするので。

 シャワーを浴びて服を着替え、午後8時からは、こちらに住む友人と会食。
 美味しい和食とお酒。

2013年07月21日

寝台特急カシオペア

 午前8時過ぎ、参議院選挙の投票へ。
 投票所である横浜美術館の前にクラシックカーが何十台も展示されている。

 午後2時過ぎ、上野駅へ。
 寝台特急カシオペアで北海道へ向かうため。
 早めに着いた上野駅でまず「白州ハイボール」(650円)。

 列車が出発する前に Wine & Dine という売店でスプマンテとビールを買って客室へ。
 客室はトイレ付きのツインルームで、広さはちょうどヨットのキャビンくらいの感じ。
 ソファーを移動するとベッドになるのもヨットと同じ。

 レストランの予約は取れなかったけど、予約で届く和食のお弁当(散弾銃いや三段重)がけっこう美味しくて大満足。ワンカップの高清水(250円)を飲んだらすぐに眠くなる。(笑)

 途中駅のホームで子どもたちがカシオペアの写真を撮るためにカメラを構えて待っていたりする。
(僕らも出発前には撮りました)

 十分広いベッドで眠っているうちに、コクンと小さなショックで目を覚ます。
 青森駅で連結を外すために停車したのだ。
 陸路を青森県に入ったのは58年の人生で初めてだ。

 ♪上野発の夜行列車着いたときには~、もう機関車は外れてたぁ~♬

 先頭のラウンジカーへ行くとすでに機関車はいなくなっていた。しばらくいると、かわりに隣のホームに
入って来たトワイライトエキスプレスの機関車切り離しを見ることができた。

 やがて列車は動きだし、いよいよ青函トンネルへ。
 青函トンネルはレールが長いこともあって、窓越しに聞こえてくる音が違う。

 函館で再びディーゼル機関車の繋ぎ替え。

 午前9時過ぎ、札幌駅に到着。

2013年07月20日

黄金町芸術学校 小説コース

 土曜日。
 午前10時から、マンションのホールで講演会を受講。
 横浜市の開発に関わった人から、「みなとみらい開発秘話」のような話。

「50年の計」みたいな話を具体的に聞く機会はあまりないので、とても面白かった。

 午後は黄金町へ出勤。
 
 午後4時からは、こんどは僕が講師の黄金町芸術学校。
 小説コース「エッセイで黄金町を語る」の最終回。

 終了後、仕事にもどるつもりだったけど、どっと疲れが出て、すぐに仕事はギブアップ。
 久々に野毛に立ち寄ってから帰宅。

2013年07月17日

深夜の救急搬送

 午後10時過ぎ、そろそろ仕事を畳んで帰ろうかという時刻、知らない番号から電話がかかってきた。

「セコムですが、○○さんですか」と本名あてだ。
 一人暮らしの母が急病でアラームを押した。救急車が向かっているので、準備していて欲しい。と。

 オレオレ詐欺かもしれないので、すぐに母の携帯に電話してみると男性が出た。

 いま現場から救急搬送を始めるところだが、行き先の病院はまだ決まっていない。決まったら電話をする、と。意識はしっかりしていて自分で歩ける状態らしい。

 これが全部詐欺のシナリオならよくできているなあ、と推理作家協会会員は思うわけだけど、そろらくは本当のことなので、準備を始める。

 オートバイで出勤してきているので、どこへでも出かけられる。

 ほどなく、救急隊員から搬送先の情報が届く。
 行き先の病院の場所と道順をインターネットで確認して NEXUS 7 の地図にも表示させて、オートバイで走り始めた。
 午後11時過ぎ、病院に到着。

 この時刻の病院はひっそりとしていて、人気がない。
 そこだけ電気が点った待合室に居るのは、救急患者の家族と、自力で救急診療に来た人だけ。
 出入り口付近で盛んに携帯電話であちこちと連絡を取っているパンツスーツの女性。カップルできて、待合室で体温計を渡されている女性。などなど。

 母は救急処置室に隣接したところで点滴を受けていた。
 意識ははっきりしている。

 しばらくして、車椅子で検査に出て行く。
 もどってくると、医師の説明があり、尿路結石が原因の発作であろうということ。
 痛みも治まっているので、翌日、泌尿器科を受診することにになり、帰宅することに。

 一旦バイクを置いて、タクシーで母の家に行き、一人で過ごせることを確認して、再びタクシーを呼んで、病院に戻る。
 そこからオートバイで自宅へ戻った。

 一仕事終わった午後10時からが長くなった一日だったが、母の病気も大過ないようでよかった。

2013年07月14日

今日はヨット

 今日はヨット。午前10時集合。
 いろいろドタキャンが出て、集まったのは女性クルーと僕の二人。
 腰痛だからセーリングはやめて手入れをしましょう、と彼女の方からの提案。

 まず船台から海へ降ろしてポンツーンに繋留。
 陸上に置いたままでは暑いしね。船を海に浮くために作られている。
 まず、キャビンのクッションを表に出して虫干し。
 ちょうど数分間エンジンをかけたことになるので、オイルが暖まったところでポンプで抜く。真っ黒だ。
 新しいオイルを缶からジョッキへ移して上から注ぐ。
 一連の作業でいちばん気をつかったのは、したたり落ちる汗を新しいオイルの上に落とさないこと。とにかくボタボタとめどなく汗が流れ落ちてくるわけなので。

 女性クルーの方は、キャビンの清掃と整理整頓。
 何年前からあるのかわからない、気温45度からマイナス5度という温度変化を何度も経験したであろう不気味なキアンティが出てきたり、2004年が賞味期限のサラダオイルとか、おそろしいものが出て来る。
 乗り物としてのヨットの運航のためのものではなく、生活部門について全面的に権限を移譲して、いらないもの古いものは独断でどんどん捨ててもらうことにする。
 塩も胡椒も醤油もとりあえず一旦全部処分する。

 午後二時前に一段落したので、エンジンのテストを兼ねて、二時間ほど機走で海を走る。

 ずっと手が汚れていたので写真はありません。(笑)

2013年07月13日

ヨットのメンテナンス

 明日、久々にヨットを出すのでオイル交換の準備。
 新山下のオートウエイブへいって、ディーゼルエンジン用のオイルを探す。
 あんまり売っていない。そういえば最近ディーゼルエンジンの乗用車ってなくなったね。
 量り売りで2.5L購入。
 2980円の一番安いバッテリーも購入。だめになっているサブバッテリー用。

 セキチューでオイルジョッキと廃油を捨てるパックも購入。

 スーパーに寄ると、鰹の刺身が2本で298円だったので、さっそく購入。

 ふたりで2本一度には食べられないので、タタキにしておく。

2013年07月12日

トラックボール

 ヨドバシカメラに立ち寄る。

 使っていたトラックボールのクリックボタンの動作が不安定なので。
 今回は Kensington Orbit Trackball with Scroll Ring というのにしてみる。

 このメーカーではもっと値段も高くて評判のいい物もあるのだけど、僕の場合、トラックボールは身体の正面、キーボードの手前に置いて使うのであまり大きなものは、邪魔になってしまうのだ。4600円ほど。
 ポイントで買えたけれど、痛い出費だ。

 その後、会食。帰宅は11時過ぎ。

2013年07月11日

暑くて早起き

 寝室の離れたところに扇風機を緩くつけて寝ているのだが、朝は暑くて寝ていられない。
 無理に寝ることもなく、起きたなら起きたで起きればいい。(笑)

 朝食は鮭茶漬け、梅干し、シソの実入り。

 自転車で出勤。

 昼食は伊勢佐木町7丁目の「どんや宝」で刺身定食。(ランチタイムは680円)
 自転車で出て来るといつもは行かないエリアに足を伸ばせる。

 早くから仕事を始めたので午後7時に終了とする。

 夕食はマークイズのキッチン・オーミヤで。
 ハンバーグとエビフライといういわゆる洋食だけれど、ものすごく真剣に作られた料理。
 これは立派です。

2013年07月10日

昼はカツ、夜はカツオ

 出勤が昼時だったので、ランチを途中の馬車道の丸和にする。
 とんかつ定食(1100円)

 横浜に古くから住む人は、近くの勝烈庵よりも丸和だと異口同音に言うのだけれど、いままで食べる機会がなかった。(勝烈庵も行ったことがない)

 たしかに、とんかつとしてものすごく美味しいのだけど、今日の僕にはちょっとヘビーだった。
 値段も予算の2倍だし、コレステロールに気をつけているので、そうそうは来られない。
 ここはカウンターの中で肉を切り、カツを揚げている職人技を見るのが楽しい。

 午後9時過ぎまで仕事。

 日ノ出町の京急ストアで買い物。
 カツオのタタキが半額、マグロのカツが4割引。

 とうわけで、夕食はカツオのタタキ。

2013年07月09日

打ち水

 とにかく暑いので、事務所に着くと玄関前の道路に打ち水をする。
 バケツ10杯をやると汗が出るが、まあ、そこそこ気持ちがリフレッシュする。
 あっという間に乾いてしまうが、少しは温度が下がったような気がする。

 夕食は火曜日なので「きらく亭」の500円定食。

 深夜、3.5Kmほど、軽くジョギング。

2013年07月07日

七夕

 マンションの1階のホールに大きな笹があって、願い事を書いた短冊が下がっている。

 毎年「ベストセラーが出ますように」と書いた短冊を提げようと思うのだけど、恥ずかしくて書けない。(笑)

2013年07月06日

土曜日

 わざわざ曜日を書かないと頭から抜け落ちる。(笑)
 実はまだ金曜日だと思っていたのだ。

 家で連載エッセイの推敲をして仕上げた。
 関東地方に梅雨明け宣言。15日ほど早いそうだ。
 水の心配をしたけれど、神奈川の水源はほぼ満水。
(水源の違う東京はすごく不足しそうだということ)

 朝日新聞に「熱中症で救急車を利用した高齢者の半数がエアコンをもっているのに使っていなかった」という記事があったので、母親に電話してエアコンを使うように言った。

 ランチは若葉町の「すゞ家」で大盛り冷やしたぬきそば。
 ここの蕎麦は美味しいんだけど、揚げ玉が少なくて、キュウリやかにかまや卵や山菜がたっぷり入っている。そういうのいらないから揚げ玉をたっぷりかけて欲しい。
 というわけで、上に乗ったものを先に全部食べてしまって、「揚げ玉と蕎麦」にしてから、冷やしたぬきそばを堪能する。

 夕暮れ時、夕涼みにギターをもってかいだん広場に行ったら、しっかり蚊に喰われた。

2013年07月05日

下水排水管洗浄

 午後2時前、下水管洗浄の作業員が来る。

 午後3時過ぎ、マークイズの築地食堂源ちゃんへ。
 釜揚げしらす丼に刺身が少しついて980円。
「釜揚げしらす」は大嘘で乾燥しらすを戻したものだと思う。ひどくしょっぱい。ついてきたお刺身は価格比でよいと思う。

 出勤する途中、ピアゴで美味しそうなハンバーグ弁当が298円だったので買う。

 連載エッセイを書いていたら腹が減らないうちに夜10時を過ぎる。
 ネタは下水排水管洗浄。(笑)

 同時刻、建築家の西倉さんが和来で呑んでいることがわかったので、そちらに合流。
 黄金町帰りとしては久しぶりの外飲み。ほぼ24時まで。

2013年07月04日

部屋の大片付け

 アメリカ合衆国独立記念日なので(関係ないけど)部屋の片付け。

 本当は、明日、下水管洗浄のため業者が来るので、それをきっかけに仕事を休んで部屋の大片付け。

 ランチはマークイズでアジアン食堂Kuu。
 シンガポールチキンライス(別の名前だったけど)980円。
 味をうんぬんする以前に、ここは量が少なすぎて、食事として役に立たない。これは飲食店として問題外。
 打合せがあるので、一旦、バスで黄金町へ向かう。

 何故か家にあって使っていなかったアロマランプを事務所で試してみる。
 まずはラベンダーの香り。
 部屋が狭いのであっという間に充満してしまうので、少しの時間つけたらすぐに消した方がよいようだ。

 午後4時、黄金町芸術学校後期の打合せ。
 後、少し書類仕事。

 傘をもってバスで出かけてきたけど、雨は止んでしまった。

 茂蔵の豆腐などを買って、午後7時、家に到着。
 夕食は冷や奴など。

 その後、再び部屋の片付け。
 ゴミを10袋、古着を2袋、本を100冊ほど、ゴム集積所に出す。
 最後にシャワーを浴びて、風呂の排水口の掃除。

2013年07月02日

きらく亭

 夕食は火曜日だから「きらく亭」。

 事務所に戻ってまた仕事。