覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2013年07月 | メイン | 2013年09月 »

2013年08月31日

タモリカップヨットレース前夜祭

R0019991.jpg


 194艇がエントリーした「タモリカップヨットレース横浜2013」でしたが、日曜のレースは台風接近のため金曜の時点でキャンセル。
 前夜祭は予定通り開催されました。
 なにしろ194艇の乗員が参加するので1000人規模のバーベキューパーティ。
 表には出ていないけど、実際は電通が仕切ってスポンサーもたくさん。
 司会はニッポン放送のアナウンサー。

 ステージの余興は前座がタモリの早稲田のサークル(モダンジャズ研究会)の後輩の女性ばかりでつくったニューオリンズジャズ系のバンド。
 オープニングチューンは「笑っていいとものテーマ」(笑)

 つづく、ヘッドライナーはオルケスタ・デ・ラ・ルス。
 ご機嫌なサルサでがんがん盛り上がりました。
 最後は酔っ払ったタモリが出てきてコンガで参加。

 ちょっとした夏フェスでした。
 会費4500円で、飲み放題食べ放題、帽子、オルケスタ・デ・ラ・ルスのライブ付。

 これで、僕の夏は終わり。
 日曜日、レースがなくなったから、仕事をしよう。

R0020005.jpg

足を計る

ashinoura.jpg

 出かける途中、addidas の機械で走っている足を計ってもらいました。

 右端が余計に外に開いている。
(これはわざわざ計らなくてもそうなんです。スキーのペアリフトは右に乗らないと隣に迷惑)
 土踏まずのアーチが高い。(知りませんでした)
 左足がオーバープロネーション。
(昔は右膝が痛くなったけど、最近はむしろ左足なのは走り方が変わったのだろうか)
 着地から踏み出しまでにブレーキをかけている。(だって、試験走路が短かすぎるじゃん)

2013年08月30日

タモリカップヨットレース中止

 ここぞというときに台風が近づいてきて、やきもきしていたのだけれど、9月1日に開催予定だった「タモリカップヨットレース」の中止が決まった。
 197艇が参加する最大規模のヨットレースだけど、台風には勝てない。

 前日、土曜日の前夜祭は予定通り開催されるとのこと。

 決定をチームメンバーにメールしてから出勤。

 久しぶりに35度になるということで、徒歩や自転車はやめにして、バスで出勤。
 事務所の前にバケツで5杯分打ち水をしたけど、5分で半分乾いてしまう。
 でも、路面の温度が下がることが重要なので、効果はあるはず。

2013年08月28日

カッパ

 ヘリーハンセンの通販からヨット用の合羽(のズボン)が届く。
 ここのところ、少しずつ時間を作って店を見ていたのだけど、なかなかないので、通販にしてみた。サイズが心配だったけど、OK。

 ズボンが来たところで、近くの Mont-bell ショップに合羽の上着を買いに行く。
 ヨット用はごつくて重いので、最近の乗り方に合わせて、軽い山用のものにした。
 秋には軽登山をしてみようと思っていることもあったりで。

 もう35年近くヨットに乗っているけど、合羽を買うのはまだ4つめ。
 素材が経年変化で駄目になるまで使える。
(まあ、防水性能なんかはその前に落ちてくるのだけど)

 日曜日に開催される、タモリカップ横浜ヨットレースはどうやら雨模様なのだ。

 午後遅くに事務所に出勤。

 結局、芸術学校の作品集を一所懸命やってしまって、本業はあまりできないまま、午前六時前まで事務所にいた。

 帰り道、伊勢佐木町の「富士そば」の朝そば(300円)を初めて食べた。
 温泉玉子の載ったたぬきそばかきつねそばが朝だけ300円。
 徹夜明けで胃があまり活動していないときだからきつねそばが身体に滲みる。

2013年08月27日

野毛イグレック

 午後、黄金町のアーティストの定例会議。

 9月14日から始まる「黄金町バザール2013」に選ばれたアーティストも滞在制作を始めているので、大勢集まった。
 今日は30人以上いたかな。
 よく売春を排除したあと「寂れている」といわれる黄金町だけど、ここはべつに商店街じゃないので、住んでいる人もアーティストも、みんな建物の中にいるわけで、黄金町にはアーティストが常時40人くらい活動しているけど、それほどには目立たないのは当たり前なのです。
 住宅街に人が歩いていないのを「寂れている」とはいわないのと同じ。
 売春専用の建物はそのままでは売春以外に使い道がないので、締め切ったままになるのはしかたない。かろうじて、アーティストだからそれなりの用途に使えるだけ。

 午後9時過ぎ、妻と友人が食事をしている野毛のイグレックに合流。
 妻たちは、元町で始めていて二軒目。
 ジゴ(羊の腿肉)が美味しかった。

 アマゾンから山歩き用の地図が届いていて、どこを歩こうか考えながら見ていたら午前4時過ぎになっていた。

2013年08月26日

電話の日

 古い友人から久しぶりな電話がかかってきて、福島に住んでいる古い友人のところに行くから、この週末に一緒に行かないか?という誘い。

 あいにく今度の週末には、タモリカップヨットレースに参加することになっているので、一緒には行けないが、もらった電話で簡単な近況報告。

 次は、編集者からの電話。
 電子書籍の契約書のことなど。

 基本、電話はほとんどかかって来ないけど、かかってくる日には集中してかかってくるものだ。

2013年08月25日

焼肉

 昨日から妻が肩を傷めていて元気がない。

 晴れ間を縫ってひとりで横浜市長選挙へ出向く。
 ほとんど争点が表に出ない上に、議会のほとんどの会派が現職の林市長を推しているので、まったく投票意欲の湧かない選挙。

 投票の後は、 Montbell のショップで合羽を見る。

 僕はかなり政治に関心のある方だと思うけど、その僕が徒歩3分の投票所に行くのがいやでしょうがない、という選挙。
 もしかしたら投票率が30%以下になるような予感がしていたら案の定29%。

 それで思ったのは、投票に行かない理由は無関心ばかりではないということ。
 どんなに関心があっても「投票に行く人に全権委任でいい」と思えば、行く必要がないのだ。

 投票率の低さを嘆く前提は、投票しないことを「政治に関心がない」と考えるところにあるわけだけど、今回のような場合はそうでもないとつくづく思う。

 わざわざ投票する気が起きない選挙というのもあるのだなあ、と選挙権を持って38年の僕としても初体験だった。

 こうなると「投票に行くのがいやだ」状態を楽しむより他になく、肩の調子を戻すためにも少し歩いた方がいいぞ、と妻を焚きつけて午後8時前に、散歩がてら妻に帯同してもう一度投票所へ。

 元気がないので、昨年できた焼き肉屋で夕食。
 それほど高くなくてけっこう美味しかった。
 焼き肉屋で夕食を摂るなんて、何年ぶりだろうという感じ。

 焼肉のせいでもないだろうが、夜になって少し腕が上がるようになってきたらしい。
 僕の五十肩の方はあいかわらず一進一退。
 9月には推理作家協会のソフトボール合宿があるのだけど、今年も欠席かなあ。

2013年08月24日

土曜のヨット

 日曜日が横浜市長選挙ということもあって、土曜日にヨットを設定したら人の集まりが悪くて、久しぶりに参加の女性クルーと二人だけになった。

 彼女がよく来ていたのは、ほぼ20年くらい前のことだ。
 20代だった彼女は当時も山ガールだったけど、いまではトレイルランニングをするまでになっているらしい。

 いくらか曇り気味で日差しは強くないが蒸し暑い。
 準備をしていると汗がぽたぽた落ちる。

 海へ出ると涼しい。秋の気配。
 風がないかと思ったら、やがて必要なだけの風は出てきて快走。

 クルーは久しぶりすぎて、ほぼ役に立たないので、自分一人でも楽に船を動かせるコンディションだったのが助かった。

 午後2時過ぎにホームポートにもどって食事。
 午後3時過ぎ解散。

 夜は芸術学校作品集編集作業のつづき。

2013年08月23日

スコール模様

 朝から空が不安定な感じで一日中スコール模様。
 というわけで、自宅で洗濯などの家事をしながら、小説家の仕事。

 ひとしきり降り終わった感じのところでドトールへ出勤。

 届いたばかりの電子出版の契約書についてコメントを返す。
 黄金町芸術学校の受講者作品集の編集作業。

 レイアウトに凝り出すときりがないのだけど、バラエティ豊富な作品が集まっているので、ちょっとがんばりたくなる感じ。ノーギャラだけど。

2013年08月22日

元気だぜ

 昨日のマッサージのおかげで、すごくよく眠れて身体がすっきり。
 あとは運動ができれば完全な体調になるのだけど、暑くて走れないので少し太り気味。

 黄金町芸術学校・小説コース「エッセイで黄金町を語る」の作品集の編集作業。

 午後9時、事務所を出て、かつやでヒレカツ定食を食べて帰宅。
 帰宅後、久しぶりにジョグ&ウォークに出る。6.5km。

 大桟橋に飛鳥Ⅱが泊まっていて、夜空にとても美しかった。
 僕が乗った Costa Victoria はクルーズ客船で「豪華」はつかないけど、こちらの船はほんとの豪華客船。ヘタをするとお値段が一桁違います。

2013年08月21日

身体をいたわる日

1187176_526581710728614_670485716_n.jpg
(あっという間に雨雲の真っ只中になったようす)

 体調がよくない。
 暑いので運動ができないのと、仕事の根を詰めているのとの両方。

 今日は体をいたわる日にして、野毛の行きつけのマッサージ店へ。
 雨雲が近づいているアラームがきたので、早めに出て、マッサージ店の隣のカフェに入って30秒後、土砂降りの雨がきた。ラッキー。

 60分、マッサージしてもらって、身体が軽くなったところで、黄金町に出勤。
 2時間ほど、軽めに仕事をして帰宅。

1185436_526581440728641_1121319107_n.jpg

2013年08月20日

人の種類の多い町

 夜型になっているので、午後4時前に事務所に出て、パソコンが立ち上がるまでの間に道路に打ち水をする、というのが日課になっている。
 打ち水をしていると、右のお隣から人が出てきて初めて話をする。

 お隣は女装マニアの人が共同で借りているらしい着替え場所のような感じの場所。
 背広を着た人がやってきて、しばらくすると女性の格好をして出て行く。
 ふつう男性の女装は女性以上に色気を表に出して派手になることが多いのだけど、ここの人たちはむしろ地味目の国文科女子大生みたいなファッションだったりする。
 いろいろな人がいるのも黄金町のおもしろいところ。

 6時半、モモコ・ヨハンソンのアトリエへ。
 彼女が発行しているフリーペーパーの為の取材を受ける。
 話が長くなって火曜日のきらく亭の閉店時間が迫っていたのであわてていったら、きらく亭はやっていない。
 しかたなく中華一番。

 午前2時で切り上げる。

2013年08月19日

いい飽きたけど、暑い

 暑いので、午前中は家で家事をしてから、時差出勤。

 午前2時前、疲れたので、事務所の並びにあるバー「The Outsiders」へ。
 黄金町からちょんの間が駆逐されたあと、最初にバーを開いた人。

 町の将来のこととか、町内会のこととか、近隣の店のこととか、いろいろ話をしているうちに午前4時。

 空が白んできてから帰宅。
 みなとみらいの朝はとても美しい。

2013年08月18日

盆踊り Again

 この二週間、いいシーンが書けているとは思うものの、作品全体の中で重いシーンなので、書いていて辛いし、分量が進まない。
 こういうときは焦らずに、じっくり構えて、少しずつでも毎日必ず前に進めて行くことが大事。

 日ノ出町、初音町、黄金町界隈は、すっかり夏祭りの雰囲気。

 午後7時過ぎ、町内会の盆踊りに向かうが、子どもとご婦人方ばかりでなんとなく居場所がなくて、会場近くの居酒屋「ぴー」に入って、ビールと枝豆。(420+150円)

 店で小一時間過ごしてから、盆踊りに参加。

 盆踊りは大盛況で、近くのマンションに住む親子連れなども参加していた。
 幅8mほどの道は二重の輪になり、さらには長方形に伸びて行く。
 盆踊りに初めて参加したのは、小さい頃、岐阜に住んでいた頃だった。

 インドネシアや台湾から来ているアーティストも輪に加わって踊る。

 最後にビールも配られたが、こちらはまだ仕事中なので、持ち帰ってアイスボックスに入れる。

 午前2時過ぎ、本日打ち止めとして、乾燥小魚をツマミに先ほどもらったビールを飲む。
 午前4時前、自宅到着。
 すっかり夜型になっている。

2013年08月17日

いいシーンが書けた

IMG_0440.jpg

 少しだけ涼しいかもしれない。予想最高気温は33度。

 午後事務所へ出て、さっそく前に打ち水。
 まるで料亭みたいだ。(笑)

 日差しも風も、かすかに秋。
 遅い昼食に出る途中、黄金スタジオに寄って、モモコ・ヨハンソンと打合せの日取りを決める。
 ランチは、若葉町の八十番で揚げ焼きそば。700円。

 午後6時過ぎ、オートバイで母の家へ向かう。
 1時間ほど話をして、事務所に戻る。

 午後11時過ぎ、遅い夕食のため、曙町の中華一番本店。
 まもなく相席の隣に、湯上がりの匂いをさせた「手入れがいい系の美女」二人が「餃子でビール」。このあたり、そういう土地柄ですので。

 午前2時過ぎ、いいシーンが書けたので終わりにする。

2013年08月16日

盆踊り

IMG_0484.jpg

 午前中、妻とクィーンズスクエアの沖縄フェアへ行くが、野外猛暑のため2分で退散。
 ドックヤードガーデンにできた「みらい横丁」のイタリアンバルでランチ。

 暑すぎるので、そのまま、電車で出勤することにする。
 乗換の横浜駅でヨドバシカメラに立ち寄り、小型の bluetooth キーボードを購入。
 17mmピッチを基準に一番軽そうなものを選んでみた。
 これで、Nexus 7 が執筆マシーンに変身してくれると、道具立ての重さが軽くなる。

 夕方は初黄町内会の夏祭り。

 午後7時から盆踊り。
 会場は初音町の道路を通行止めにしたミニ会場。
 知らない曲が多かったけど、炭坑節だけ一緒に踊った。
 ビール1杯100円。その他、焼き鳥など無料。
 
 午後9時前、事務所に戻り、零時まで仕事をして、終電で帰宅。

2013年08月15日

終戦記念日

 終戦記念日。

 世の中は、お盆休みの真っ最中だけど、こちらはあまり関係ない。

 せっかく東京が空いているなら、ちょっと出かけてみたい気はする。
 横浜にいて徒歩通勤だと、お盆の実感というのはまるでないので、ちょっともったいないかも。
 うちの近所は観光地なので、お盆はお盆で混んでいる。

 今日は平和について考える。(わりとしょっちゅう戦争と平和については考えているけど)

 自分が武器をもたなければ戦争は起きない、という考え方には、歴史的にも論理的にも、なにも根拠がない。

 多くの人は戦争を起こしたくないと考えていると思うけれど、その上で、どういう手段がいいかというところで意見が分かれているのだと思う。

 一方、憲法改正とか軍備増強という話題になると、すぐに「戦争をやりたがっている」という批判をする人がいる。
 戦争したい人もいないとは言えないけど、戦争をしないために憲法を改正してしっかり軍隊を持とう、という考え方をしている人も多いと思う。
(実際、世界のほとんどの国は戦争をしないために軍隊を持っている)

 戦争をしないためにどうしたらいいか、もっと真剣に考えたいものだ。

2013年08月14日

少し涼しい?

 34度だそうだけど、なんだか少し涼しいような気がするのは身体が慣れたのだろうか。
 慣れて感じなくなる、というのはかえって危ないかもしれないので、要注意。

 ランチは趣向を変えて阪東橋のココズまで行ってみた。
 ファミリーレストランならハンバーグ。(笑)

 午後7時半、早めの帰宅。

 夕食はひさしぶりに大戸屋。
 新しいメニューが増えていて、なかなかよかった。

 サッカー、日本対ウルグアイを録画で遅れてみる。
 点が取れるようになったけど、それ以上によく点を取られるようになった。
 強い相手と練習試合を組むことが多くなったのはとてもいい。
 練習試合で勝ってもしょうがないので、できるだけ強い相手と戦う方が役に立つ。

2013年08月13日

がっかり

「今日は34度だから少し涼しいよ」
 などととんでもない会話が交わされる昨今。

 自転車通勤。

 ランチは今日も「どんや宝」の刺身定食(680円)

 夕食は火曜日なのでいつもの「きらく亭」のつもりでいたのに、行ってみるとお休み。
 世の中、お盆休みなんだ。
 しかたなく吉野家で牛丼(並)280円。

 食後は、小説を中断して、連載エッセイを仕上げる。

2013年08月12日

恐ろしき残暑

 四万十市で日本市場最高気温41度。
 もう立秋は過ぎている。これ、残暑ですよ、残暑。

 ランチは伊勢佐木町6丁目の「どんや宝」で刺身定食680円。

 後はひたすら仕事。

2013年08月11日

ヨットレース

IMG_20130811_170046.jpg

 午前9時、ヨットバーバー。
 すでに途中の外気温は35度を超えている。

 準備が整い次第、海へ出て、本日はクラブレース。
 微風の中、11時25分、スタート。
 とにかく暑い。ひたすら水分を摂りながら。

 ハーバーに戻っても、今度はクレーン待ちが長くて、炎天下、運河上で待機。
 陸揚げして片付け、その後、熱々のコンクリートのボートヤードで表彰式を兼ねたビアパーティ、と、これでもかと日差しを浴びた1日。

 パーティはハワイアンの演奏とフラ・チームのダンスパフォーマンスもあって、1000円で食べ放題飲み放題。
 ヨット遊びはほんとに安い!

 レース結果は11艇中6位だけど、年々戦闘力がなくなっている。
 周囲の船よりもはっきり上り角度が悪い。

 まあ、本がたくさん売れたら、新しいセールを買いましょう。

 と、仕事の意欲へ繋げる、よく遊んだ夏の一日でありました。

2013年08月10日

金原亭馬吉 第一回独演会

 今日は金原亭馬生門下の二つ目・馬吉さんの初めての独演会。

 全席自由でチケットは売り切れているので、開場時間一時間前に「にぎわい座」の近くのフレッシュネスバーガーに陣取って仕事。

 開場時間に行って整理券番号55番で階段席ほぼ正面に座る。

演目は;
 金原亭駒松 元犬 
 金原亭馬吉 お初徳兵衛
  (仲入り)
 遠峰あこ (唄うアコーディオン弾き)
 金原亭馬吉 八五郎出世

 実は前座の駒松さんの元犬は、実は馬吉さんの得意な演目。

 馬吉さんには縁あって「黄金町」という新作落語を僕が書いて演じてもらったことがあって、黄金町でも落語会を開いていた、というご縁。
 遠峰あこさんは、何年か前、大岡川桜まつりの演芸大会で僕が司会をした時の出演者の一人。

 馬吉さんの噺を聞くのは久しぶりだったけれど、達者になって貫禄がついて来た感じ。
 もともと上手な噺家さんだったけれど、巧さが鼻につかない、そんな滑らかさが備わったように感じられました。

 帰りに1月に開催される「第二回」のチケットもさっそく購入。
 ここまでは小ホールですが、第三回はきっと大ホールになり、まもなく真打ちでしょう。

 独演会について、詳しくはこちらのブログなどで。


 終了後、再びフレッシュネスバーガーで仕事。

2013年08月09日

美容室

 猛暑で家を出るのが嫌になるけれど、頑張って自転車通勤。
 いやあ、暑い!!

 夕方、仕事場近くのいつもの美容室で髪を切る。

 午後11時まで、まずまず好調。
 帰宅後、3.5Kmをウォーキング。

 暑いので運動不足で体重増加中。

原発事故を経験して二年たった長崎原爆の日に思うこと

 我々日本人は核兵器による被爆という人類唯一の経験をした。
 さらに、地震と津波をきっかけに引き起こされた原子力発電所の事故を経験した。

 原爆による広島長崎での被曝は、多くの人に、長期にわたって健康へ大きな影響をもたらした。
 その影響は日米共同の研究機関によって現在に至るまで調査研究が行われている。
 (放射線影響研究所 最近の年間予算約30億円 など)

 この研究は、「放射線によってこんなに健康に影響が出る」というデータと同時に「このくらいの被曝では影響が出なかった」というデータも、現在までの68年間という長い期間と膨大なサンプル数をもとにわかっている。
 その調査解析は、被爆時年齢区分、爆心地からの距離他による被曝量の見積、などを含む。
 戦争の不幸な結果により、我々は、被曝の、危険なゾーン、グレイゾーン、そこからさらに遥か下の安全ゾーンについて、十分なデータをもって科学的統計的に知ることになった。

 我々は、被曝量や被爆時年齢ごとに「60年後までの期間に人体にどのような影響があるか」について、(理論的にではなく)実証データをもとに相当わかっているのである。
(何故か、低線量、子ども、長期、について「わかっていない」とう誤解が広がっているけれど)

 その知見を活かした上で、次の問題は福島の原発事故によって、それぞれの人の被曝量が、グレイゾーンにあるのか、それよりずっと少ない安全ゾーンにあるかを正しく見積ることだ。

 空間線量、除染のデータ、食品の汚染量、などをを含む、現在までの調査では、幸いほとんどの人が安全ゾーンであることもわかってきた。
 その人たちがしっかりした知識で安心して暮らせるようにすることが重要だ。
 危険領域の被曝量、グレーゾーンの被曝量について、継続的に健康診断を続けて早期の適切な措置を取ることが重要であるのと同時に、安全なのに不安に脅えてQOLの低い暮らしをする人々を減らさなくてはならない。

 我々は核兵器による被爆という経験をした結果、放射能の危険性の程度について、かなり網羅的な調査によるデータを得る機会を持つことになった。
 放射能の危険を知るとともに安全範囲についての知見もきちんと活用して原発事故の被害を適切に受け止めたい。

 それが原爆の体験を今に活かす道だと思う。

【念のため追記】
 ある値以下の被曝による危険が少ないことは、なんら東電や政府の責任が小さいことを意味しない。安全な人を危険だと水増ししなくても、事故は重大であり、事故はまだ続いていて、その責任も重大である。

2013年08月07日

猛暑

 基本、通勤は運動を兼ねて徒歩にしている。
 真夏だけはそれだと汗びっしょりでバテるので、自転車中心。

 しかし朝から30度を超えるような日は、自転車でもぐったりするので、バスを使ったりしている。
 ただし、バスは夜10時で終わってしまうし、片道210円かかる。

 6月からオートバイの駐車場がマンション内になったので、通勤にも使えるようになった。(以前は、駐車場が離れていたので、家を出てオートバイで乗り出すまで15分くらいかかった)

 というわけで、今日は猛暑の予報だったのでオートバイで出勤。
 長距離だとオートバイで出かけるも「暑くてカンベン」なのだけど、片道15分なら爽快だ。

 締め切った事務所もうだるような暑さになっているかと思ったけど、昨夜遅くまで仕事をしていたせいで、まだ建物もいくらか冷えている感じだった。

 夕方、facebook でワインマニアの友人からメッセージが入る。

 僕が、Veneto州の Ombra Chardonnay Frizzante を探していると知って、同じ醸造元の季節限定商品が明治屋京橋本店で見つかり、
「試飲したら美味しいよ、いまなら12本買うと1割引で送料無料だよ」
 という。
 というわけで彼がそこで買って発送してくれることに。

 わあーい。まったく予想外のびっくりな展開(笑)

2013年08月06日

きらく亭

 曇り時々雨の予報だったので、自転車をやめて Baybike と徒歩で出勤。
 粛々と仕事。先週は夜にイベントが多くて時間が少なかったが、今週はしっかり働く。

 昼食は日ノ出町駅前の東京チカラめしで焼き牛丼(330円)。
 夕食は火曜日だからお決まりのきらく亭。(500円)

 ずっと常連だったけど春から名古屋の大学の先生になってしまってずっと来ていなかった建築家のNさんがいた。
 そうか、大学は夏休みに入っているのか。

 午後11時半過ぎまで仕事。
 徒歩で帰宅したら汗びっしょり。

2013年08月05日

めまい

 午前6時過ぎに起きて、さっさと朝食を摂って仕事に出ようと思ったらまさかの目眩に襲われる。
 初めての体験だし、通勤手段のオートバイも自転車も目眩とは相性が悪い。

 ベッドに横になって昼過ぎまで眠ったら復調。
 どうやら、累積的な睡眠不足だったような感じ。
 暑くて眠りが浅い上に、ここのところずっと5時間半睡眠くらいで、まとめて寝る日もなかった。

 会社員の頃はベッドで寝るのは4時間くらいだったが、通勤の電車やバスでは必ず眠っていた。いまは、徒歩や自転車通勤なので、ベッドで眠る時間だけが睡眠時間。

 午後から、近くのカフェに出勤して、原稿書き。
 調子は悪くなかったので、まずまずの量の仕事はできた。

2013年08月04日

楽しいセーリング

R0019906.jpg

 楽しいセーリング。
 本日のメンバーは5人。

 幸い薄曇りで日差しもマイルド。
 風と海面は完璧。
 フルメイン+レギュラージブで快走。

 某所に舫いを取り、そうめん。

 帰りも快走。

 近ごろ、海を走っていても、ずっと蜂が一緒に周りを飛んでいる。
 どうやら船のどこかに巣を作っているらしい。
 蜂がブームの中に入ったところで、丸めた軍手で蓋をする。

 ホームポートに帰ってから、ブームの中をホースで洗浄すると、二匹の蜂と草だの小枝だのが出てきた。
 以前は、同じ場所に、鳥が巣を作っていたこともあった。

 なにはともあれ、実に楽しい日曜日。

2013年08月03日

雑用とBBQ

 午前中、ヨットハーバーに行き、ほったらかしだったデッキのチーク材の部分にチークオイルを染みこませる。

 帰宅して、セキチューへ行き、トイレットペーパーや洗剤などの買い物。

 シャワーを浴びて、午後3時からはマンションの理事会のOB会。
 会場はうちのマンションじゃなくて海側の別のマンションのバーベキューサイト。
 ご近所づきあいも楽しい。

 もどってきて、セキチューにふたたび出かけ、バケツを購入。
 ヨットの食器洗い用。

2013年08月02日

仕事、仕事

 雑事のない日なので、仕事をしっかりこなす日。

2013年08月01日

神奈川新聞花火大会

 みなとみらいは夕方から花火大会。
 交通混雑が予想されるので、出勤せずに自宅近所のカフェで仕事。

 午後6時半、我が家よりも海側のマンションの24階にお邪魔する。
 実は、土曜日の同窓会で40年ぶりに会ったクラスメイトが、近所に住んでいることがわかり、花火を観る会に誘ってくれたのだ。

 横浜港を一望する素晴らしいロケーションから1万5千発の花火を堪能。