覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2014年09月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月31日

商売人


 午前中、自宅に徳間書店から『横浜黄金町パフィー通り』30冊が届く。
 黄金町バザールの最終三連休のための仕入れ商品。

 リュックに15冊を入れてバスで出勤。
 本を売ってくれているところに納品。

2014年10月29日

もりだくさんな一日

 薬局に妻の薬を取りに行き、銀行で払い込みをし、サブウェイで朝食。
 サブウェイのサンドイッチを食べると、いつもちょっと豊かな気分。

 オートバイで三ツ沢公園へ。
 事務所で横浜市のスポーツ施設の予約のための登録を済ませる。

 次は横浜市民ギャラリーの展示を見る。
 今日が最終日の開館記念展「横浜市民ギャラリークロニクル1964-2014」。
 横浜美術館某主席学芸員も見に来ていた。

 展示では柳原良平と草間彌生、それにやなせたかしが光っていた。
 たくさんの作家のさまざまな作品が並んでいるのに、自然に目が吸い寄せられる。
 天才たちよ。

 ランチは酔来軒で、酔来丼と小ワンタン。(400円+200円)

 以上を済ませて、いつもより早い時間に事務所に出勤。
 事務所に着くと、黄金町エリアで委託販売してもらっている『横浜黄金町パフィー通り』が完売して在庫がないとメールが届いていたので、わずかな手元のものをもって、事務局に納品。
 黄金町バザールが終わりに近づいて来場者も増えているので、本も売れ行きが良くなっている。

 徳間書店に電話して、あわてて追加在庫の手配。
 と、ここまでやって、やっと仕事に取りかかる。

 ただいまの仕事は、月刊小説誌向けの短編。

2014年10月28日

アーティスト連絡会

 月に一度のレジデンスアーティストの連絡会。

 チエン堂に『横浜黄金町パフィー通り』を8冊追加納品。

2014年10月27日

母が黄金町に来る

 母が黄金町に来る。

 町内の和泉屋で夕食。
 この店は何を食べても美味しい。真面目につくっているのだよね。

 あまり仕事は進まないが助走の日だからよし。

2014年10月26日

11.5km

 イベントが終わって、短編の〆切に向かうための切り換えの日。

 家から、長者町アートプラネット、黄金町バザールインバザール、赤レンガ倉庫、山下公園、赤レンガ倉庫、新港ピア、みなとみらい、というコースで11.5kmを走る。
 今シーズン初めての10km超のランニング。

 10kmだと、足の裏全体が少し腫れる。
 42kmを走りきるためには、足の裏も鍛えないとね。

 家では、一部、衣替え。
 シーツの洗濯。
 夕食は、オムライスをつくった。

2014年10月25日

黄金町ナイト☆シアター

 写真家の秋山直子さんプロデュースによるライブイベント「黄金町ナイト☆シアター」。

劇団!王子の実験室の田口浩一郎さん、美術家で劇団☆死期の岡田裕子さん、そして、元夢の遊眠社で小説家の阿川大樹、の三人で。
 阿川のセクションでは「地図をつくろう」を会場のお客さんと一緒に唄う。
 この曲を初演した合唱団の人たちも応援に来てくれました。
 岡田さん、田口さん、秋山さんとの4人トークも楽しうございました。

 高架下のロックウェルズで打ち上げ。
 そのあと、帰ろうとしたら雨がぱらついてきたので、アウトサイダーズに避難したら美術家の竹本真紀さんがいて、マスターと3人で二時まで話す。
 雨は上がって徒歩で帰る途中、野毛の玉ちゃん亭で沖縄そば。

2014年10月24日

歌の練習

 昨日と今日の二日間は土曜日のイベントのために歌の練習。
 黄金町の合唱団のために作曲した「地図をつくろう 黄金町の歌」を自分で唄ったことがないので。

2014年10月22日

PA確認

 雨降りだ。

 ギターを持って出るためにバス停まで行くが、目の前でバスは行ってしまう。
 次のバスは30分後なので、電車にする。
 ところが横浜駅で京浜急行が遅れていて大いに待たされる。
 結局、事務所に着いたのは30分後のバスと同じ時刻。

 まあ、人生そういうこともある。

 午後7時、site D で25日のイベントの音響の確認。
 
 ロックウエルズで水曜日恒例の500円定食。

2014年10月21日

楽譜の制作

 25日に写真家の秋山直子さんのプロデュースのイベント「黄金町ナイト☆シアター 最終夜 黄金町の夜」がある。
 劇団王子の実験室の田口浩一郎さん、劇団☆死期の岡田裕子さん、そして元・夢の遊眠社の阿川大樹、の3人でやるライブイベント。
 そこで、合唱団によって歌われた「地図をつくろう 黄金町の歌」を、会場のみんなで歌って、合唱団の歌を「黄金町の歌」にしよう、という。

 今日は、そのための楽譜の書き直し。合唱用の楽譜をメロディー譜に直し、さらに、歌いやすい音域に移調。
 何ヶ月ぶりかで使うので、楽譜書きソフトの使い方を忘れている。

 なんとか完成。

2014年10月20日

ギターの弦を替える

 散歩がてらワールドポーターズまで歩く。
 ギターの弦(D'ddario Phosphor Bronze Extra Light)を購入。 
 25日土曜日にライブイベントがあるので久しぶりに交換。
 初めて張ってみた弦だけど、なかなかいいみたい。

 今日だけ10%のクーポンをもって、Sports Authority でウィンドブレーカーのズボンを購入。
 5000円のものが30%引きになっていたのをさらに10%引きで3000円で買えた。

 今日の買い物はいずれも成功。(笑)

 家で夕食を摂ってから、午後10時過ぎにオートバイで黄金町に出勤。

2014年10月19日

深夜の筋トレ

 割りと原稿が進んだ。

 徒歩で帰宅し、午後1時過ぎ、自宅近くのスポーツクラブへ。
 20分ストレッチして、30分筋力トレーニング。

 24時間営業のスポーツクラブはありがたい。

 定期的にストレッチをするようになってから、マッサージに行かなくても体調が維持できている。

2014年10月18日

エッセイの原稿


 カナダの雑誌向けのエッセイを書き上げる。

2014年10月17日

同業の来訪者

 午後2時、書評家のAさんがご夫婦で黄金町来訪。
 町を案内する。

 午後5時半、小説家のIさんが来訪。同じく町を案内する。
 高架下でビールとカレーをご馳走になる。

 アーティストの町で、微妙にアウェイ感を味わっているので、同業者と話をするとなんとなく安らぐ。
 刺激を受けたので、そのまま遅くまで仕事をする。

2014年10月16日

有明でテニス

 午後、有明テニスの森で2時間テニス。
 4人だったのでたっぷりできた。
 だいぶ昔の勘が戻ってきたような気がする。

 帰る途中、大井町駅近くで同じ方面のメンバーとビール。
 旨い! というわけで、エッセイのネタにした。

2014年10月12日

照屋林次郎三線展

 山手の西洋館111番館でコザの友人であり、三線の名工・照屋林次郎三線展。
 13日に行こうと思っていたけど、台風が来そうなので急遽今日に。

 いつも一緒に飲んでいるばかりで、彼の仕事にふれることはほとんどなかった。
 本土で彼に会うのも初めて。

 数種類の型の違う三線が並べられている。
 どれも見るからに美しい。
 手によると、竿が自然に手に馴染む。
 弦をつま弾くと、僕ですらいい音が出る。

 欲しいけど、彼の作品は25万円とか60万円とかとても手の届く値段ではないし、そもそもろくに弾けない人間が手にする楽器ではない。


 みなとが見える丘公演前から「あかいくつバス」で赤レンガ倉庫まで行き、JICAからチョイモビで黄金町へ出勤。
 翌朝5時まで仕事。

2014年10月11日

黄金町バザール盛況

 会期も残り少なくなりつつある黄金町バザールが盛況。
 かいだん広場は人で溢れているし、僕の展示室にもひっきりなしに人が来る。

 夕方、友人夫婦と妻が来訪。
 いっしょにバザール展示を回って、あとは野毛で食事。

2014年10月10日

東京オリンピックの思い出

 東京オリンピック開幕から50年の日。
 それで10月10日は体育の日になったというのに、いつのまにか体育の日は10月10日ではなくなっている。

 開会式を見て、世界にはこんなにたくさん国があるのだと実感した。
 けっこうメダルを取って、日本人すごい、と思った。

 そもそも東京オリンピックよりまえは、オリンピックそのものに興味がなかった。
 でも、何年も前から盆踊りでは「東京オリンピック音頭」なんていうのを踊ったりしていたなあ。

 オートバイで市立中央図書館へ行き、8月31日の神奈川新聞読書欄をコピー。
『横浜黄金町パフィー通り』の書評が載っている。
 
 事務所に出ると、1階の展示スペースで手に取れるように置いてある『横浜黄金町パフィー通り』がなくなっていた。美術展にきて、会場のものを盗む人がいるんだね。

2014年10月09日

尾道 桂馬蒲鉾商店

 夕方、東横線で代官山へ向かう。
 日吉で人身事故があったとかで、全体に遅れていた。
 上り各駅停車は着席できたので、別冊文藝春秋で連載の始まった伊東潤さんの「横浜1963」を読んでいたら危うく代官山を乗り過ごしそうになって、慌てて降りる。

 某氏の私邸で創業百年の尾道の老舗「桂馬蒲鉾商店」の蒲鉾だけのフルコース食事会。
 四代目の村上優美さん直々に製品と素材を持ち込んでの食事会。
 4代目とこのお店のことはずっと前から知っていて、実はいつかこのお店を題材にして小説を書こうかとも思っていた。
 とはいえ、実際はこのお店の蒲鉾を食べること自体初めて。

 ううむ。すべて美味しい。すべて味が違う。すべて柔らかくて、他の何にも似ていない味がする。すばらしい。
 尾道、すごい。桂馬、すごい。
 製品化前の試作の洋風魚肉ソーセージ三種。

 たぶん、来年になってしまうけど、一段落したら尾道へ取材に行こう。

2014年10月07日

台風一過

 寝たのが午前5時で、起きるともう台風18号は峠を過ぎていた。
 午前中、自宅でペーパーワーク。

 雨も上がって気温は急上昇。
 10月だけど、半袖ポロシャツに短パン。
 
 原稿、少しだけ調子が出てきた。

 午前零時前、疲れたので終了。
「アウトサイダーズ」に立ち寄ったら、結局、午前3時まで。

 というわけで、帰宅してから夕食(?)に買い置きのトンカツとビール。
 午前6時過ぎにやっとベッドに入った。

2014年10月05日

楽天ジャパンオープン 錦織圭、優勝!

 夜型になっていてゆっくり起きるとすぐに午後になる。
 午後2時からは、楽天ジャパンオープンテニスの決勝戦。

 錦織圭vsラオニッチ。
 互いにミスの少ない緊張感のあるゲーム。決勝戦らしいいい試合だった。
 去年までいいテニスをしながら、勝ち進むと途中で棄権していたのが、見違えるようにタフになり、そして、技術も駆け引きも素晴らしく進歩している。
 2週連続優勝、おめでとう。おつかれさま。

 というわけで、テニス観戦が終わってから、黄金町に出勤。
 日曜日は自宅近くからバスがないので、桜木町まで徒歩で出て、そこからバス。
 帰りは逆ルート。

2014年10月04日

土曜日

 錦織の準決勝。危なかったけど、最後、きっちり勝ちきった。

 出勤せずにドトールで仕事。
 20代後半と思われるけど、すごくおばさんくさい女性二人組が大声で話をしているのがうるさい。
 目の前の人と話をするのにそんな音量いらないのに、とおもいつつ、Walkman のノイズキャンセル機能で気にならないレベルまで消し去る。デジタルの勝利。(笑)
 もし walkman をもってきていなかったら、と思うと恐ろしいけれど。

2014年10月03日

まだまだ

 金曜日。
 だからどうということはないのだけど、帰り道の誘惑に負けないためにオートバイで出勤。
 最近にしては原稿が進んだが、まだまだ。

 録画で錦織のテニスの試合を見て、午前2時過ぎから近所をランニング。4.7km。
 入浴してから寝る。

2014年10月02日

錦織2回戦も勝利


 テニスは試合が何時に始まるかわからないのが難点だ。
 楽天オープンテニス、錦織の2回戦を見る。順当に勝利。
 平日なのに有明のコートは連日満員。

 午後7時から、アーティストの集まりなので、早めに会場近くに行って、VELOCE で仕事。
 空調が暑くて汗をかく。

 午後7時からは、気鋭の女性アーティストふたりと、激安海鮮居酒屋で、刺身の大食らい。
 午後9時半に解散。Baybike で帰宅。

2014年10月01日

角川春樹事務所のパーティ

 テレビで、楽天ジャパンオープンテニス、錦織圭選手のシングルス1回戦を見る。

 涼しい。3.5kmほどジョギング。
 先週、ソフトボールをやったので、すこし身体が楽だけど、筋力はまだ全然足らない。

 シャワーを浴びて、ついでに風呂場のカビ取りと、運動靴の洗浄。

 久しぶりにネクタイをして都内へ向かう。
 キャピトル東急ホテルで角川春樹事務所のパーティ。

 どのルートで帰ろうかと考えながら、結局、溜池山王から新橋まで歩いた。
 寄り道する気分ではなかったので、どこにもよらずに午後9時前には帰宅。