覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月31日

金城宏次

 コザの友人、琉球紅型のアーティスト・金城宏次がジャワ更紗の古賀るみこさんとの2人展を渋谷の東急本店でやるというので、行ってきた。
 会場で古賀るみこさんから作品とジャワ更紗について、とても詳しく話を聞いた。作る人の情熱を感じる、いい時間だった。
 帰りにインドネシアのお土産をもらってしまった。(笑)

 7時閉店になったあとは、金城宏次と彼のスタッフの女性2人と、近くの居酒屋へ。
 昨年、沖縄県立芸術大学の大学院を修了して新しくスタッフになった国吉春香さんは、紅型の新しい作り手の登竜門である「りゅうぎん紅型デザインコンテスト」でさっそく平成27年度の奨励賞をとってる。やるなあ。師匠も本人も。
 金城宏次は照屋勇賢のパートナーでもあるので、実は彼の描いたものはけっこう世界に広まっている。勇賢からはニューヨークに来いとずっと言われているのだけど、本人は伝統工芸とアートの間で揺れている。
 黄金町へおいでと僕はさそいつづけてもいる。(実は、ただ来ただけなら1度町を案内したこともあるのだが)
 彼も考えはじめているみたいなので、そのうち、なにか起きるかも。

 古賀るみこさんのジャワ更紗と金城宏次の紅型は本日6月1日の午後7時まで、渋谷東急本店6回のエスカレータ正面で見ることができます。
 帯地などは安すぎる値段が付いているので、財力のあるかたで着物の好きな方には別の意味でもお勧めです。(いくら「安すぎ」ても財力がないと買えないお値段なので、僕には手が届きません)

2016年05月30日

推理作家協会賞授賞パーティ

 午後6時、新橋・第一ホテル東京にて、推理作家協会賞授賞式&パーティ。
 このような授賞式では、いつも受賞者の言葉から刺激を受ける。
 久しぶりの編集者数人と情報交換したり雑談したり。
 全体的には精神状態があまり社交的ではないので、午後7時をまわって辞去。

 新宿ゴールデン街へ。
 4月に火事があってから初めて。
 馴染みの店が開くまで、初めての店に挑戦。
 プチ文壇バー「月に吠える」という店へ。
 カウンターは若い人でいっぱい。どうやらアニメかゲームの話題らしいのだが、おっさんにはさっぱりわからない。

 なじみの hammon-d が開いたようなので、そちらに移動。
 午後11時過ぎ、辞去。

2016年05月25日

短編脱稿

 前日から最後の追い込みで、午前10時過ぎに、短編、脱稿。
 バイクで出勤していたが、とても安全に走れる体調ではないので、バスで帰宅。
 なんとか2時間睡眠を摂って、山手公園へテニスへ。
 休みたいところだが、自分が幹事なので、タクシーを飛ばしてテニスコートへ。(電車で行くのはしんどいし、時間も間に合わない)
 コートを借りる手続きだけして休んでいようと思ったら、もともと3人だったところ、1人が遅れてくるということで、やらざるを得なくなり、3人目が来るまで小一時間練習。
 3人目が来たところで、日陰のベンチで横になってあとの1時間は休憩。自律神経がおかしくなっていて、脈拍がなかなか下がらない。でも、いい風が吹いて気持ちよかった。
 帰宅後、シャワーを浴びて、約束の会食に出かけて、深夜零時に帰宅。疲労困憊。頭痛。体温調節もおかしい。
 早めに寝たが、5時間しか眠れずに目が覚めてしまう。
 溜まっていた洗濯をして、5キロほどジョギング。
 執筆ピークになると太ってしまうので、ただいま人生最高体重。
 とりあえず、しばらくの間、毎日少しでも運動して体調管理に努めることにする。食事も野菜中心にしよう。(タンパク質よりコストがかかるなあ)
 小説のためにコラムの仕事を止めていたので、後れを取りもどすために、この先、10日のあいだに30本書かなくてはならない。
 何はともあれ、健康で仕事があるのはありがたいことです。

2016年05月24日

町内会

 午前6時半。
 ラジオ体操をする町内の人たちをみながら、二日連続でオリジン弁当で買ったサラダと唐揚げで心と体を緩める。
 午前7時22分のバスで帰宅。
 みなとみらいは小学生の通学時間で子どもがいっぱい。

 午後6時、12時間ぶりに黄金町に出勤。
 7時からは、初黄町内会の班長会。

 のと、仕事。

2016年05月23日

オリジン弁当

日本時間、午前6時。今日の(昨日の?)仕事終了。
リオデジャネイロ時間で生活していると、飲み屋がやってないから、オリジン弁当とコンビニのお世話になる。
ちょっと緩めてから、徒歩で帰宅する。

2016年05月21日

妻の誕生会

 今朝、帰宅途中に、オートバイの距離計が、11111.1Km になりました。
 新車から29年かかった。
 このペースだと、2が並ぶまで生きていることは難しいな。
 というわけで、おはようございます。お休みなさい。

 ずっとカミソリで髭を剃っているけど、事務所でヒゲが気になることがある。
 事務所は水回りが貧弱なので、心地よく髭が剃れない。
 というわけで、何十年かぶりに電池式の電気カミソリを導入。
 剃った後、皮膚がチクチクするので、化粧水がいるな。

 〆切期間中なので、予定を入れていないのだけど、少し美味しいものを食べて心の元気を付けるのも必要な感じ。
 というわけで、衝動的なスケジュール。
 忙しくてお祝い会をしていなかった妻の誕生会ということで、元町でピザ。
 初めて行った店だけど、とても美味しかった。Razzo という店。

2016年05月20日

ユジャ・ワン

 偶然、Youtube で、 Yuja Wang のピアノ演奏を見つけて、おどろく。
 さっそく、Googl Play Music で、まとめて聞いている。
 ものすごくパーカッシブな超絶技巧なのだけど、弱い音も丁寧だし、和音も美しい。
 さしずめ、クラシックピアノ界の上原ひろみという感じ。

2016年05月19日

歓送会

 NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターのスタッフが、3カ月ほどカナダへ行くので、歓送会。
 彼女をキャラクタ化したTシャツがプレゼントされたり、イラストが描かれたケーキが出されたり、とってもアーティストの町らしいパーティだった。

 残念ながら、途中で退出して、原稿書きの続き。

2016年05月18日

妻の誕生日

 妻の誕生日だが、超絶〆切モードなので、おめでとうのメッセージだけ。

2016年05月17日

多国籍の町

 夜中、仕事中。
 窓の外で、女性同士話をしている。どうやらタイ語のようだ。
 黄金町らしいね。

2016年05月15日

ローマ時間

 錦織対ジョコビッチ。(結果的に)ローマ時間で生活しているので、しっかりテレビ観戦。

2016年05月14日

またLEDが切れた

 台所にLEDがまた切れた。
 東日本大震災以後に、順次、家庭内の照明をLED化しているのだけど、4万時間寿命があるはずのLED電球がよく切れる。
 東芝2本、パナソニック2本、そしてこのたび、東芝がまた1本。
 LEDも進化して、熱に強くなってきているはずなのだけど、今度切れたのは改良型。
 最初の4本は、メーカーに電話して、無償交換してもらった。
 価格は最初の頃は2500円ほど。最近は1600円ほど。
 一流メーカー製でもなかなかきちんと寿命が出ないなら、と、900円ほどのアイリスオーヤマ製にしてみた。

2016年05月13日

執筆本格化

 昨日のテニスが久しぶりだったので、全身が筋肉痛。
 アリナミンEXのジェネリック(という言い方は正しくないがそっくりの成分構成の別会社のビタミン剤)を2錠摂取。

 味奈登庵経由で徒歩出勤。

 いよいよ短編の執筆の実作業に突入。

2016年05月12日

テニス!

 すこぶる良い天気。ついに木曜日の連続雨記録が止まった!
 というわけで、山手公園でテニス。
 4人揃ったのでゲーム中心。

 あんまり仕事できなかった。
基本的に木曜日は体をいたわる日にしている。

2016年05月10日

電池切れ

 家を出て徒歩で仕事場へ向かおうとすると、歩数計に電池切れの警告マークが出ていた。
 CR2032というリチウムボタン電池。
 コンビニに立ち寄ると値段が277円。
 高いので買わず、桜木町ぴおシティのダイソーへ立ち寄って2つ入って108円のものを買う。
 事務所に着いてから電池交換。日付は保持されていたが、時間は再設定。歩数の値は消えていない。

 半分ぼんやりとしながら、小説の構想を練る。

2016年05月09日

煮詰まってきた

「煮詰る」という表現は、本来、煮物で水分がとんで味が濃くなっていくこと、転じて、最終局面になっていよいよ結果が出る直前になる、という意味に使われてきた言葉なのだけど、最近では、進捗状況が滞ってどうにもこうにも出口が見つからなくなっているというような否定的な意味に使われることが多くなっているように思う。
「ちょっとここんところ、煮詰まっちゃってるんだよねえ」みたいな。
 なんでだろう。もしかしたら「にっちもさっちもいかなくなる」のと語感が似てるから? そんな阿呆な。

 こちらは、ここしばらず、色々なことをやりながら連作短編の最終回に相当する短編のアイデアを頭の中で転がしていた。
 それにそろそろ結論が出る感じの所まで煮詰まってきた。
 もうじき書きはじめられるだろう。

2016年05月08日

のきさきアートフェア

 午前11時から、黄金町かいだん広場周辺で「のきさきアートフェア」
 例によって、サイン本の直接販売。
 siteDでは、イラストレータのイクタケマコトさんが「主夫’s キッチン」をやっているので、お手製のカレーを朝昼兼用で食べてからのスタート。
 アーティスト割引で、大盛りにしてくれた。

 売り子をしながら、掌編小説を書きはじめる。

 露店の隣は、映像作家の吉本直紀さん。
 今回はドローイングを売っている。
 ギターを持ってきてときどき演奏。
 店を出しているとヒマなので、ギター弾きながらというのもいいかも、と。
 僕も、今後の検討課題とする。(笑)

 午後3時、無事終了

 午後8時、掌編小説、いったん完成。
 午後11時、プリントアウトを見直して推敲。ネット経由で原稿送付。

2016年05月07日

遠足

 午前11時半、日ノ出町駅集合。
 黄金町の事務局スタッフとアーティストの計5人で、「みさきまぐろキップ」を買って三浦半島へ遠足。
 ゴールデンウィークだが、電車は余り混んでいない。
 順調に終点三崎口に同着、バスもすぐに乗れて、5つめのバス停「油壺入口」まで。
 降りてすぐの山崎屋食堂へ。
 黄金町のレジデンスアーティストの一人の実家だ。

 各自、煮魚の定食を頼んだところで、ビールを飲みながらそら豆の皮むき。
 大きなボールに一杯あったが、みんなで作業するとあっというまに完了。
 まもなく、茹で上がったそら豆がおつまみとして出て来る。
 煮魚も美味しくいただき、食堂の看板娘(彫刻家)もグループに合流して、バスで三崎港へ。

まぐろキップで乗れる「にじいろさかな号」が満員ということで、次の出発便のチケットに交換し、三崎の町を散策。
 最近、ヨットで来ていないので、三崎の町も久しぶりだが、けっこう変わっている。
 時間調整もかねて新しくできていたドーナツ屋さんでコーヒーブレイク。美味しいコーヒーでした。

 岸壁に戻って、いよいよ「にじいろさかな号」乗船。
 東京湾側に出てすぐの宮川湾で、アンカーロープを掴んで錨泊。
 船内のガラスの窓から、魚が泳ぐようすがよく見える。
 その場所で毎日餌付けをしているので、学習した魚たちがうようよ。
 とはいえ、熱帯魚のような色とりどりのサカナはいないので、みんなが灰色、いたって地味である。

 40分ほどで帰港。
  まぐろキップで食事を予約しておこうとしたら三崎館は「まぐろきっぷの食事は本日終了しました」の貼り紙。
 となりの立花は夕方5時まで店じまい中。
(どちらもヨットで来て宴会をやったことのあるマグロ料理の旅館)

 というわけで、5時になたら電話をすることにして、バスで城ヶ島へ。
 城ヶ島の灯台とそのまわりを散策。
 以前、城ヶ島にヨットをおいていたので、100回以上、城ヶ島には来ていたけれど、灯台付近にはまったく来なかったので、そのあたりは中学の遠足のとき以来だ。
「磯」を楽しめる、意外に楽しい場所だった。
 周辺のまぐろキップの使える店はすべて休みなのか、その日の営業時間が終わっているのか開いていない。
 立花に電話して、6時で予約。

 バスで戻ると、ちょうど6時。
 立花の2階の座敷で、マグロ丼。
 もちろん追加で、ビールと日本酒。マグロの珍しい部位の串焼きも。

 帰りは、三崎東岡のバス停まで数分間あるいて坂を上り、三崎口からガラガラの特急で横浜へもどる。

 のんびりとした、実に楽しい遠足でした。

2016年05月04日

ミクダヨー展 ほか

事務所へ出勤する途中、高架下の SiteA Gallery で、野口健吾「Your Life Is Not Your Own」展。
静かな映像に20分ほど浸る。リゾートのようにいい気持ち。

さらに八番館(阿川が「黄金町レビュー展」で作品を展示した場所)で、cha_bo「ミクダヨー展」。
初音ミクの着ぐるみをミクダヨーというらしいのだが、知らなかった。
で、この展示は着ぐるみではなくて絵画展。圧倒的点数があって、単にカワイイキャラクタを可愛く書いたものだけでなくて、とても楽しめるものだった。
それにして、ここには毎日ひっきりなしに人が来ていて、おそらく黄金町で開催されたどの個展よりも一日当たりの来場者数が多かっただろうと思う。
初音ミク、恐るべし。
ちなみにこの住所は「初音町」なので、初音ミクにちなんでこの場所が選ばれたのだろうと思う。

平常運転

 ホテル滞在で生活パターンが朝型になっている。

 午前中、洗濯。
 午後、さっそく黄金町に出勤。

 水曜日なので、夜はロックウエルズの500円定食。

2016年05月03日

バカンス終了

 朝食後、大浴場の露天風呂からしばらく海を見る。
 チェックアウトまで、少しのんびり。

 正午前、チェックアウト。
 午後1時、自宅に到着。

 近いってイイネ。

 午後5時、黄金町の事務所に出勤。

2016年05月02日

ジョギングのはずが

 朝食バイキングのあと、ジョギング、という前日と同じコース。
 逆方向の観音崎灯台方面へ。
 500mほどで観音崎の駐車場。キャンプをしている人が結構いる。
 さらに500mほどで灯台の下、残り150mの階段のところまで。
 そこからは灯台に向かわず、海沿いの道を進むと、三崎を回って自然博物館の方へ。
 途中、見える海が心地よい。

 自然博物館は子供向けという感じ。並びのレストランは月曜で休み。
 同じ道を戻るのでは面白くないので、博物館の駐車場の脇から入る山道へ行ってみる。
 あっというまに鬱蒼とした原生林の中になる。
 石畳の道も、舗装されたところも、そして、木の根と石のいわゆる山道も、また階段もある。
 結構な山道だ。軽いジョギングのつもりはトレイルランニング、あるいは、ハイキングになった。
 半袖に短パンという超軽装で、山に入っているのはなんとなく心許ないのだけど、どっちへ転んでも1キロほどで人里になる。
 戦没船員の碑、いくつかの砲台、三軒園地。
 いろいろ分岐を経ながら、案内図にしたがって歩いて、横須賀美術館の裏へ出た。
 4kmほどのハイキングになった。

 昨日と同じように別館SPASSOで入浴し、そこでサンドイッチとコーヒーをテイクアウトして、自室でランチ。

 妻は、そのまま部屋で休んでいたいようなので、車で少し広い範囲を探検。
 近くに十分大きな町があるので、車があれば生活は結構便利な地区だ。
 気温は横浜に比べて、1ー2度マイルドな感じ。

 夕食は、本日も洋食のフルコース。

2016年05月01日

ジョギングからスタート

 午前7時過ぎ、朝食。
 バカンス先では普通の人と同じ生活時間帯になる。

 食後、少し休憩してからジョギングへ出る。
 5キロ半ほどをゆっくり走ったり歩いたり。土地の匂いを嗅ぎながら暮らしぶりを知る。
 ホテルの隣は防衛大学校の研修施設。カッターやヨットも見える。
 峠もあって、急な坂の上り下りも。
 あとは小さな漁港が続き、横浜からすぐなのに、かなりの田舎でいい感じ。
 都会ではあまり見かけないヤンキーな感じの男性とか。
 走水は湧水があって、ペットボトルの商品もホテルで売られているが、浄水場があり、その駐車場には湧水をただで汲むことのできる施設もある。
 地元の人が、スクーターや乗用車でタンクをもって汲みに来ている。

 馬堀海岸に近づいたところでは、パームツリーの並木が続く、サンタモニカのような景色。
 来て、来て、来て、サンタモニカ♬ (桜田淳子だったっけ?)

 宿に戻って、別館の温浴施設 SPASSO へ。
 はやりのスーパー銭湯ではなく、大きな銭湯という感じだが、露天風呂から観音崎を通過する船が見えて心地よい。

 ランチは歩いてすぐの横須賀美術館のレストラン。
 美味しくてリーズナブルな値段のパスタランチ。

 企画展は「さくらもものこ世界展」
 常設展では佐伯祐三の絵に引かれた。
 各所で「いいな」と思うと佐伯祐三だということがよくあるので、どうやら僕は佐伯祐三が好きみたいだ。
 別館は「谷内六郎館」になっている。
 週刊新潮の表紙画が無数に展示されている。
 風景の中に小さな子どもがぽつんといるところが、谷内六郎とさくらももこはすごく似ている。
 子どもの目から見た世界の大きさ。

 今日の夕食は洋食のフルコース。
 和食と違って、こちらはなかなか楽しめる。