覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2016年05月 | メイン | 2016年07月 »

2016年06月30日

汗びっしょり

 午後3時から5時までテニス。
 気温は26度くらいだが湿度が90%以上ある感じで、まったく汗が乾かない。
 ウエアがびっしょりで肌に貼りついたまま重たい。

 帰宅して、シャワーを浴び、知人と妻とでみなとみらいで食事して、午後9時半過ぎ、黄金町の事務所へ。
 コラムの仕事の続き。560本目まで。
 翌午前3時半帰宅。
 録画しておいた錦織の試合を見る。

2016年06月28日

ジェイノベル向け短編校正

 昼間、スポーツクラブへ。
 ゆっくりストレッチ。外が雨模様なので、室内で筋トレとトレッドミル。

 ヨット関係の細かな部品などの調査。

 近所のドトールでジェイノベル向け短編のゲラチェック。
 夕食をすませ、深夜、NHKでウィンブルドンを見て、午前4時から、ゲラチェックの続き。

2016年06月26日

ウィンチの分解

良い天気の日曜日。
 先週にひきつづき、ヨットの整備。

 ホームセンターでパーツクリーナスプレーを二本。その他、雑巾とかゴム手袋とか洗剤とかを入手して、ヨットハーバーへ。

 デッキからウィンチを外して分解。
 パーツクリーナーで汚れや古いグリスを洗い流す。
 全部で4つあるウィンチの内、2つ終了。

 交換するロープ類の寸法測定。
(ヨットにはすべて加えると400mくらいのロープが使ってある)
 交換する予定のスタンションの長さ測定。

 マリントイレの動作確認。
 給水排水の銅のバルブが緑青を吹いて硬くなっているので、CRC556をかけて洗浄。手動ポンプのピストンの動作はやや渋いがまずまず。シリコンオイルを注油。

 セールメーカーの人が見積りを持って来訪。
 改装のスペックや部品の選定について討議。

 ちょうどクラブレースの日で、たくさんの顔なじみの人たちと顔を合わせて、ちょっと話をしたりの陸ヨットライフ。

2016年06月23日

汗と一緒に毒抜き

 天候が心配だったけど、テニスを始めると晴れてきて暑い。
 ぐっしょり汗をかいてデトックスな感じ。

2016年06月20日

コラムの追い込み

 短編を脱稿したので、今度はコラムの追い込み。

 夜、人と会う約束があったので一緒に食事をして、また黄金町に戻る。
 途中、かいだん広場を通ると、黄金町のアーティスト数人が屯している。
 ちょっと混じって、一緒にタバコを吸って雑談をして、事務所へ。

 朝5時過ぎまでかかって、エッセイ1本とコラム4本。
 コラムは、累計540本目まで。

2016年06月19日

ヨットのメンテナンス

 3年以上、ご無沙汰だったヨットに復帰する準備を続けている。

 午前9時半に家を出て、同じマンションに住む共同オーナーの車に同乗してヨットハーバーに。
 馴染みの船を尋ねて、メインセール、ジブセールのシステムを見せてもらう。
 改造をするための下調べだ。

 近くのニトリと相鉄ローゼンへ行って、洗剤とブラシを買う。
 ついでに鰻重弁当1650円を買って、クラブハウスでプチ贅沢な昼食。
 今年初めての鰻。

 あとは、スポンジとブラシと洗剤でヨットのデッキの掃除。
 長い間に溜まった汚れをどんどん落としていく。
 反射光が眩しい元の姿に戻った。

 その他、艤装品のチェックなどをして、交換すべきロープ類もチェック。

 FLEAZ POP (格安スマホ)の新しいバッテリーが届いていたので交換。(これもメンテナンス記録)

2016年06月18日

脱稿

 編集者から助言をもらって、今週から短編の改稿作業をしていた。
 〆切の午後3時の4分前にメールで原稿送付。

 7月15日発売の「月刊ジェイノベル」(実業之日本社)8月号に掲載されます。

2016年06月16日

テニスは中止

 木曜日に限って雨。
 残念だがテニスは中止。仕事ができるのでよかったということにする。

 バスで出勤して、夕方、黄金町のアーティスト連絡会議。
 そのあと、片岡純也さんの報告会と懇親会だったが、原稿があるので欠席。

 明日〆切の原稿の目途が立ったので、夜、遅くなってから、関内で妻と食事。
 ボーナスが出たので妻のおごりで「内助の功ディナー」。

2016年06月12日

のきさきアートフェア

 午前11時から15時まで、黄金町かいだん広場で月例の「のきさきアートフェア」に参加。
 サイン本を売る露天商をやる。
 午後から日差しが強くなり。かなり暑い。

 隣はスイスからリサーチに来ている女性アーティスト。
 ひまなので、かなりいろいろな話をした。

2016年06月11日

BankART で原稿書き

 劇版「横浜黄金町パフィー通り」の公演をやった BankART NYK のテラスで原稿書き。
 爽やかな風が吹いて気持ちがいい。

 日刊コラム 530本目までを通信社に送付。

2016年06月10日

映画「ビハインド・ザ・コーヴ」

 黄金町の映画館ジャック&ベティへ。

 アカデミー賞を受賞した反捕鯨映画「コーブ」へのカウンターとしての、日本人の監督によるドキュメンタリー映画。

2016年06月05日

ヨットのメンテナンス

 雨の上がるタイミングを見計らって、ヨットハーバーへ。
 この3年ほど出艇していなかったので、本日の所は、整備すべき項目のリスト作り。

【予定整備項目】
 ジブセールのシステムをファーラーに変える。ゼノア新調。(生涯3枚目)
 フィルムの接着が剥がれてしまっているメインセールをダクロンで新調。(生涯4枚目)
 主なロープ類をすべて新調。(3セット目)
 錆びている船台の修繕。
 キールの再塗装。
 エンジンオイル交換。
           (以上)

 で、今日の所はデッキを仮の水洗いから。
 食料庫で缶が漏れてその結果、連鎖的に他の缶を腐蝕させたらしく、ほぼすべての缶が漏れていた。

 ヨットで8回単独世界一周をしている斉藤実さんがいて、しばし、いろいろ病気自慢の会となる。(笑)
 体力と運動能力的に、ヨットに乗れるのもあと10年くらいかな。斎藤さんの年齢(82才)まで乗れる自信は無い。

2016年06月04日

東大劇研OB会

 午前中、横浜美術館「複製技術と美術家たちーピカソからウォーホルまで」展。
 芸術作品を精密に複製する(レプリカを作る)技術についての展示かと思ったら、複製可能が技術(版画とか写真とか)を使って新しい作品を作ることがテーマだった。
 実際の内容は、富士ゼロックスの版画コレクションと横浜美術館のコレクションから版画と写真をならべたもの。

 その足で、黄金町へ出勤。
 午後2時少し前、ゲストの女性2名が来訪。
 夕方から「夢の遊眠社」の前身である「東大劇研」のOB会なので、それに参加する前に同期の元女優二人が静岡と京都から黄金町観光に立ち寄ってくれた。
 ちょうどイラストレーターのイクタケマコトさんがアトリエにいて、中を見せて戴いたり。
 かいだん広場で前衛音楽の即興演奏と絵画のペインティングのパフォーマンスをやっていた。
 ジャズやロック、ブルース以外での音楽や踊りの即興というのが好きではないので、横を通り過ぎるだけでした。
(即興はハズレが多いので、よく準備され稽古されたハズレのないものを見たり聴いたりしたい人)

 女性たちを先に送り出し、午後4時、東大駒場に向かう。
 午後5時から、駒場キャンパス内のフレンチレストランで二十人ほどが参加するOB会。
 二次会は渋谷のビアレストラン。

2016年06月03日

自律神経

昼夜逆転&1日24時間以上の周期で仕事をしていたら、自律神経がおかしくなって時差ボケ状態なので、体内時計リセットのため、日に当たりながら移動して仕事。今日の仕事場は、BankART NYK。ちょうどオープンスタジオです。黄金町の関本幸治さんの部屋がすごくいい。リン・チャーチルさんは、魔女のようでした。
近くのブースに、同じく、黄金町の仲間でもある(あった)片岡純也+岩竹理恵さんがいて、作品の中にしばらく座ってお話ししました。コラム1本書いたら、黄金町の事務所へ向かいます。

年間7万タイトル、毎日200タイトルの新しい本が発売されている日本で、発売6年になる拙著『D列車でいこう』(徳間文庫)を改めて取り上げていただいていることに、著者、深く感銘と感謝の念を抱いております。
 文教堂浜松町店、Book Express エキュート上野店、へ、ぜひ、お立ち寄りください。