覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2018年01月 | メイン | 2018年03月 »

2018年02月28日

横浜へ

が本日横浜で用事があり、僕も明日用事があるので、横浜へもどる。
途中、FUJIスーパーで、家の買い物。横浜より安い。

2018年02月27日

油壺マリンパーク

妻がペンギン好きなので、油壺マリンパークへ。
小学生のときに遠足で来たかも知れないという微かな記憶。
イルカやアシカのショー。個々のパフォーマンスはいいけど、全体の構成に緩急がないのが惜しい。
同じことをしても見せ方の演出力で見る人の感動が大きく変わる。
昼食は、危険を冒して園内の食堂。シーフードカレーライスは、人生でワースト3に入りそうな残念な味だった。
油壺マリンパークは長閑でいいところだけれど、掲示物などのデザインが場末感を強めている。
小さなサインや告知にもデザインは大切。

平日の下町探検。ROJIに立ち寄ると、テレビを見て訪ねてきたというご夫婦がさっそく相談に来ていた。
夜の食事場所についていろいろリサーチするが、休みのところが多い。
本来、休みでないはずの所も臨時で早じまいしているなど。

結局、また、安定の山崎屋食堂へ。ここのマグロ漬け丼は鉄板。
小網代に住むカウンターの人と、昔の話や今の話など。
クレープ「木の花」は、かつては「銀座並みに」値段の高いスナックだったとか。

2018年02月26日

TAUTAYA と TOTOYA

横浜のTSUTAYAで、7泊8日のモバイルwifiレンタルをゲット。これで3月始めまで凌げば、あとは3月分のデータ通信でスマホで行けるはず。

というわけで、小網代に復帰。
今日も平日の下町探検を少し。
ミサキドーナッツ。2Fが一杯で1Fの席、この店はひっきりなしに人が来る。
観光客がピンポイントで狙ってきても、失望しないことって大事だ。

河津桜を見に行く。横浜にソメイヨシノが咲く前に得をした感じ。
今日はどうやらやっているらしいので夜は、TOTOYA 。
活気はないけど、食べ物はどれもおいしかった。
35年営業しているという。
三浦によく来ていた頃にできたので、店があることはずっと知っていた。

2018年02月25日

今日の立腹

 黄金町へ出て、確定申告に向けて領収書の整理中なのだけど、日付の書いてないけっこう高額な(当社比)の領収書があって、向こうは気を利かせたつもりかもしれないけど使えない。領収書出すときはちゃんと日付入れやがれ、ばーろー。
 頼んでもいないのに、日付なしとか、白紙とかの領収書をよこされると、「ほら、あんた不正をするんでしょ」と言われているみたいで不愉快。客に失礼だと思う。

2018年02月24日

会田誠展

都内へ出て、まもなく終わってしまう会田誠展。
面白い展示だった。
現代アートはしばしば字が多い。(笑)

2018年02月23日

ヒーターを消しに戻る

コンクリートが冷え切っているので、オイルヒーターを点けっぱなしで横浜へもどったが、なんとなく不安で、電気代の心配もあり、消しに行くことに。
昼過ぎにシーボニアに戻り、コーヒーを入れて、音楽をかけながら窓の外を見る。
豊かな時間。
向かいの北方謙三邸は在宅のようす。
1時間ほどの滞在で、横浜へもどる。

2018年02月22日

深夜、横浜へもどる

 部屋にネット環境がないのでスマホのテザリングなのだが、昨日、知らぬ間に17GBも消費していて、残りがなくなってしまい、仕事にならないので、深夜2時過ぎ、急遽、自宅に戻ってきた。
 原因不明、疑わしいのは、windows update 。
 明日以降の対応策を考えないといけない。
 ネット環境がないのはつらい。

2018年02月21日

本格稼働?

とりあえず、小網代で仕事ができるようになった。
主な食品買いだしは、FUJIスーパーで行っているが、三浦産でないものでも野菜が安い。
周辺の市場価格というのは大量仕入れのスーパーの価格にも反映されるようだ。
横浜へ帰る時も、三崎で買って帰ったり。

2018年02月20日

デスクをゲット

家の近くのニトリで、先日注文したデスクをピックアップして、その足で小網代へ。
到着後、さっそく机を組み立てる。
仕事(=日常生活)ができるまでに5日を要した。
ここからが本当の三浦生活の体験。

2018年02月19日

コラムの日

デスクがなくて三浦では仕事ができないので、黄金町に戻ってコラムの追い込み。

2018年02月18日

三浦3日目

午前6時過ぎに目覚める。
窓の外はシーボニアヨットハーバーのボートヤード。
小網代湾が見え、富士山も見える。
午前七時半過ぎから、出航準備を始めるヨット。
午前10時、富士山の方角にレースのスタート前とみられるヨット多数。天気はいいが、風は余りない。
昨日の交流会の残りのチャーハンなどで朝食。
お刺身もあったが、醤油がないので、残念ながら食べられなかった。

昼少し前から、マンション周辺を少し歩いて探索。
向かいに「鵜ヶ島食堂」というのがあったので、営業時間を確かめようと中へ入ると年配の女性が一人で切り盛りしているようす。
しばらくマンションにいるんですよ、と話をすると、食事もしていないのに、自分で栽培しているという明日葉の天ぷらを頂戴する。
その足で、「小網代の森」へ散策に出かける。
緑が多い季節にはおそらくすばらしい場所だろう。

山崎屋食堂で昼食を摂り、「いなげや」の建物にある「ダイソー」で足らない日用品を調達。
あれやこれや買って1600円程。ダイソーすごい。これで一躍住環境が整うはず。

妻が月曜出勤で、僕もデスクのないシーボニアでは仕事ができないので帰宅。
あまり寝られなかった疲れがどっと出て、帰宅後、ソファーで爆睡。
深夜になってから、原稿書き。せっかく朝型になったのになあ。

2018年02月17日

三浦2日目

自宅で目覚める。

午後3時、海南神社に集合。
同時期にトライアルステイをする人たち、サポーターチームのメンバー、などと、ガイド付き町歩きの後、日の出会館(町内会館)で交流会。
マグロと三崎の野菜を中心にした料理を満喫。
夜、ファミレスで仕事をしなければならないので、お酒が飲めなかったのが残念。

午後6時散会。残った料理を持ち帰りに。

シーボニアに帰ると、2台のデロンギオイルヒーターのおかげでさっきよりは暖かいが、でも寒い。
壁や床が冷たいので、暖房が十分に効かないのだ。

ほとんど寝ていない妻は、こたつに足を突っ込んで爆睡。
僕は車で近くのガストに行って、コラムを(5本の予定のうち)2本を書く。
マンションにもどって、僕もコタツで眠るが、床が冷たい。室温もまだまだ低く、寝苦しい夜となる。

2018年02月16日

三浦トライアルステイ

原稿〆切のため、就寝が午前5時過ぎだったため睡眠時間4時間。

本日より、三浦トライアルステイ開始。
三浦トライアルステイとは、三浦市が人口減少対策として移住を促進するために、三浦市内の不動産物件に一ヶ月「お試し」で住むことができる制度。
正午、シーボニアのマンションの駐車場に着くと、サポーターAさんご夫婦が待っていてくださる。
市役所のSさん、不動産会社のSさんらと一緒に、マンションの一室へ。
そこで全体の説明、使用契約の捺印など。

リゾートマンションは、冬季、あまり人がいないので、建物のコンクリートが冷え切っていて、とにかく寒いというのが第一印象。

朝食を摂らずに出て来ていたので、バス停「油壺入り口」にある、山崎屋食堂へ。
山崎屋食堂は、黄金町のレジデンスアーティスト仲間のKさんの実家。
僕は金目の煮付け定食、妻はまぐろづけ丼。
小鉢もついて、おいしくて、おなかもいっぱい。

まだ、暮らすための環境が出来上がっていないので横浜へもどる。
ヨットハーバーで自分の船からカセットガスコンロをピックアップ。
ニトリでデスクを購入するが、在庫がないので、20日に入手できるまではシーボニアにはデスクがない。

2018年02月14日

抜け殻

 小説脱稿直後は元気でそのままコラムだって5本くらいさらさらって書けるぞ、みたいな状態だったが、寝て起きたら、抜け殻みたいになってて、何もやる気がしない。
 気力も湧かないし、腰痛が出て来るし。体は硬くて重いが、運動をするという前向きな気力がない。
 家にいても何もしないので、夕方、靴を買いに町へ出る。
 アウトドア用の靴は、サイズが合わなくて買えない。
(幅広で短いのでしばしばメーカーからサイズが用意されていない)
 普段の街歩き用とフィールド用とテニス用を3足一気に更新しようとしたが、結局、今日の所はテニスシューズしか買えなかった。(テニスシューズは5年ぶり)
 アウトドア系はレディスにいいデザインのものがたくさんあるのに、メンズはなんでどんよりしているんだろう。ビジネスシューズじゃないんだからもっと楽しそうな靴を履きたいな。
 すでにコラム10本の締め切りは2日過ぎている。
 次の10本の締め切りまで、あと1日。
 つまり、あと1日で20本書かなくては。
 そんなもん、書けるわけない。(笑)
 もたもたしていると、さらにもう10本の締め切りが20日にはやってくる。6日で30本かよ。18日締め切りのエッセイもあるじゃん。
 確定申告があるから、今月はもう小説はなしだなあ。
 考えるだけでうんざりするけど、考えておかないと勢いだけではこなせないので、ものすごく緻密なセルフマネージメントしないと。ふう。

2018年02月13日

ディスポーザー交換

 家のTOTO製のディスポーザーが生産中止で部品の供給もなくなる。
 設計寿命も過ぎているので、何時壊れても不思議はない。
 というわけで、予防的に他社のものに交換するため、工事業者がやってきた。

2018年02月12日

短編、脱稿

短編、結んだ。
50枚の予定が72枚。
雑誌でなく、短編集向けの書き下ろしなので、とりあえずこのままにして手離れさせる

週間ランキング

『終電の神様』
八重洲ブックセンター・宇都宮パセオ店で週間文庫ランキング1位。
発売から一年間、全国のいろいろな書店で、時間差で売上ランキングに入り続けている。

2018年02月11日

牡蠣の会

黄金町の某所で、某氏主催の恒例の「牡蠣の会」

一斗缶で仕入れた加熱用の殻付きの牡蠣を、ただ電子レンジでチンしてひたすら食べる会。
楽しい会話とおいしいお酒。
ただし、僕はこれから小説追い込みなので、お酒はほんの少しで、午後9時過ぎには、仕事場へ。

タウリンたっぷりの牡蠣のおかげで、今夜も執筆絶好調。

2018年02月09日

ステーキ

事務所に出る前に、ステーキ200gとサラダ2皿。
朝まで好調を維持する。
やっぱり肉だな。

もしかして、2月9日は「肉の日」??

2018年02月08日

テニス、のち、仕事

午後1時から、いつもの場所でテニス。
10月以来、病気のため運動ができなくなっていた期間があり、まだ体力は完全に戻っていない。
高校時代の友人とふたりで2時間、たっぷりやったけど、慣れていないのでしんどかった。
首を上に向けるのが困難で、前回はサーブはアンダーハンドからだったけど、今日はスリークォーター気味ながら、上から打てた。

シャワーを浴びて、黄金町の仕事場に出勤。
執筆好調。
好調すぎて(笑)物語の風呂敷が広がって、分量が増えてしまっている。広げた風呂敷を畳むのが大変だ。

2018年02月05日

小説、追い込みモード

次の本のための短編の追い込みモードに入っている。
いつものように昼夜逆転。

2018年02月04日

きりきり舞い

バイクで、黄金町のオープンスタジオへ。
4人のアーティストが共同でつかっている場所を、2日間だけ公開。
秋山直子さんと栗原亜也子さんがいたので、作品とかその技法とかについて話を聞く。
自分の事務所へは立ち寄らずに、そのまま自宅へトンボ帰り。

午後2時半から8時まで、マンションのパーティールームを借り切って、妻が、テーブルを使って書類その他のものの整理をするので、ほぼ、その手伝いをする一日。
自分の部屋ではものが広げられずに片づけられないので、モノタロウで段ボールを20個購入して、それに詰め込んで広い部屋に運んで、わあああっと広げて整理をする、という荒技。

翌午前1時半に家を出て、午前4時までやっているジョナサンで、コラムのゲラチェック。

2018年02月03日

予定通りにいかない節分

リハビリのため、スポーツクラブでストレッチとジョギング、計1時間。

黄金町でのオープンスタジオと写真展訪問は諦めて、石川町のギャラリーでスザンヌ・ムーニーさんの個展だけを見る。
昼間の予定の3分の1しかこなせなかった。

夜は小説。午前1時半まで。
こちらは少しペースが上がってきたけど、まだまだ。

2018年02月01日

テニス中止

予定の時間の30分前になって雨が降りだして、今日のテニスは中止。
午後6時くらいから雨で、やがて雪、という予報だったけど、降り始めが随分と早まったようだ。
代わりにスポーツクラブで念入りなストレッチ。
昨年10月から2カ月以上、頸椎椎間板ヘルニアで運動できなかったので、体重も増えているし、筋力は落ちているし、体も硬くなっている。少しでも戻さないと、このまま老化していってしまう。

天気が悪いので、黄金町には出勤せず、家の近所で午後11時まで仕事。
妻は、雪に備えて、都内にホテルを取っていて外泊。