覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 遠回り通勤 三浦 | メイン | もう少しで1200本 »

「もつを象った鍋」でもつ鍋を食べる会

午前9時、内科。(薬を飲んで)コレステロール値正常。
安定しているので、薬を90日分まとめて出してもらうことに。
午前10時半、眼科。
白内障、安定。

昼前、筍とハマグリが大量に届いた。三重県の知人より。
今日、雑誌の締め切りなのに。
しかも、IHが2つのうち1つ壊れているのに。
でも、新鮮なものが届くのはうれしい。
とりあえず、ハマグリの半分を茹でて殻を外して減量。残りは冷凍。
そして、筍を茹で始める。
2バッチ目、タイマーをかけて、出かける。
3バッチ目は妻が帰ってからやってくれるはず。

伊勢佐木町のドトールで仕事。
ちょうどほぼ終わったタイミングで、楊珪宋から彫刻家の山田裕介の家でもつ鍋をやるよという連絡。
楊珪宋は内蔵をモチーフにした陶芸作品をたくさんつくっていて、心臓の形をした土鍋を作ったので、それでもつ鍋をやろうというイベント。
あつまったのは、この3日連続で、ほぼ同じメンバー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.agawataiju.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3835