覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 2018年10月 | メイン | 2018年12月 »

2018年11月30日

マンガ原作、完成

週刊モーニング連載のコミック「終電ちゃん」の原作を講談社に送付。
阿川大樹原作、藤本正二作画で、1月17日発売の週刊モーニングに掲載される予定です。

2018年11月28日

カレーの日

午前3時過ぎ、帰宅途中にバイクの給油。
町乗りばかりだったので、22.4Km/L 。

10時からの会議に行くつもりで、4時間睡眠で出かけるが、それは明日だった。
ぼけ。

というわけで、いきなり普通の人の生活時間帯にむりやり戻った。

大通り公園のスープカレーの店「アルペンジロー」の隣に Baybike のステーションがあることがわかったので、黄金町から足を伸ばしてお昼を食べに行った。
1200円のランチにサラダ200円を付けて1400円。
とても美味しかった。また行きたい。

夕食は「かつや」でカツカレー。
最近、身体がカレーを求めている。

睡眠が足りないので、腰の痛みがある。
午後9時半、早めに帰宅。

2018年11月27日

マンガ原作、佳境

講談社「週刊モーニング」向けのマンガ原作を作る作業が佳境に入っている。
前日から夜通し仕事をして、午前10時ごろ就寝。
午後5時から会議なので、それに合わせて出勤。
翌午前3時過ぎまで仕事。

2018年11月26日

ビールの飲めない健康ランド

よく寝るようにしたのはいいが、ベッドから起き上がったのは午後2時だ。
スポーツクラブへ行って軽くストレッチして体が目覚める程度に筋トレをする。
ほとんど銭湯がわりの利用方法。(笑)
ビールの飲めない健康ランドだ。

伊勢佐木町を歩いて、ダイソーで事務用品を買い、リンガーハットで皿うどんを食べ、ドトールでコーヒーを飲みながら本日やることを考えてから事務所に出勤すると、すでに午後8時。
ここから仕事始め。

2018年11月25日

母の iPad

一人暮らしの母のところに、柿と梨と iPad をもっていく。

IPad で、FaceTime や skype ができるようになり、いままでガラケーで見ていた僕のブログを大きな画面で見ることができるようになる。(はず)
まもなく、ウエブサイトを作り直す予定。
そうすると「つぶやきの壺焼き」が携帯電話では見られなくなるので、それまでに母に iPad を使いこなしてもらわないと。

そのまま黄金町の仕事場へ。
午前2時過ぎまでマンガ原作の仕事。

2018年11月24日

iPad Pro でゲラの校正

DeNAベイスターズファンクラブ、会員の継続手続き。

iPad Pro + Apple pencil を使って PDF Expert (1200円)でコラムの校正をやってみる。
ふつうに赤ペンで校正するのと同じようにできるので、これは実用になる。

2018年11月23日

結婚記念日

35回目の結婚記念日。
世の中は休日だが、妻は仕事に出かけていく。

昼過ぎ、車検の終わった車を受取に中華街にある自動車ディーラーに。
車間費用約15万円。3年の間に走った距離15000km。
1km走るのに、これだけで、ガソリン以外に10円かかっている。
ガソリン代が1リットル150円として、15Km走れば1Kmあたり10円。
さらに駐車場代が1kmあたり64円。(ここ高い!)
任意保険が1Kmあたり15円。
クルマを6年間乗るとすると購入費用が1Kmあたり100円。
というわけで、1Km走るのに200円くらいかかる。

三連休で中華街もみなとみらいも大混雑。

夜は、家の近くのそこそこのレストランで記念日のディナー。
腹いっぱい。食べ過ぎた。

2018年11月21日

けいゆう病院

午前中、3年目の車検のため、車を中華街にあるディーラーに持っていく。
昼食は「海南鶏飯」。
恵比寿にある店が中華街に進出して来ている。最近、中華街は劣化しているので外部からの参入は大歓迎。六本木のチャイナエイトも来ればいいのに。

午後は、腰部椎間板ヘルニアに関してけいゆう病院へ。
ベッドで横になっている時間が長い日はあまり痛みがないのだが、いつも十分な時間横になるわけにもいかないので、また、薬(リリカ日量100mg)を出してもらうことにした。

別に依頼したことによって今日中に車を受け取れないことになり、23日受け取りとした。

ゆうがたのじかんがすこしあいたので、午後5時前、けいゆう病院に入院している知人の病室を訪ねる。
思いの外元気そうで、明日退院とのこと。
まだ治療中だが、とりあえずよかった。

2018年11月19日

グレンミラーオーケストラ

午前中、内科。
コレステロール他、すべて正常値に入っている。
朝食はサブウエイのサンドイッチとマクドナルドのコーヒー。
ツタヤで CQ Ham Radio を買って、ハックドラッグでビタミンCと養命酒を買う。

夜は、妻と渋谷へ。
BUNKAMURA オーチャードホールで、グランミラーオーケストラ。
基本、自分の親の世代の音楽だけど、とにかく安定したリズムと美しい音とアンサンブル。流石のビッグネームは気持ちのいい演奏。
帰り、お腹が減ったので、東白楽で降りてイタリアンを食べて、また電車に乗って帰ってきた。

2018年11月16日

R16 オープンスタジオ

風邪がよくなったので、スポーツクラブで軽く運動と入浴。

旧東横線の高架下にできている R16 というアトリエコンプレックス(半野外)のオープンスタジオのレセプションに。
知り合いのアーティスト多数。アーティストでない知り合いも多数。

2018年11月15日

終電エピソード大賞選考会

南池袋公園に面したおしゃれなレストランで編集者と会食。
周りはカップル多し。(笑)

夜8時、タクシーで護国寺の講談社へ。

漫画「終電ちゃん」の作者・藤本正二さんと初めてお目にかかる。
講談社、実業之日本社の両編集者と藤本さんと僕とで「終電エピソード大賞」の選考会。

午後9時半に「大賞」「藤本正二賞」「阿川大樹賞」決定。

ひきつづき、同じ場所で東洋経済の対談。

2018年11月13日

小学館 打合せ

いつもの崎陽軒地下一階「アリババ」にて、小学館の編集者と会食。
ふたりとも「昔ながらのシウマイ」が大好きなので、いつもこの場所になる。

何年か越しでプランを温めている小説のイメージを膨らませる作業。

2018年11月12日

三省堂池袋本店

池袋のホテルで目覚める。

午前11時、三省堂書店池袋本店へ。
池袋本店は開店3周年なのだが、累計で『終電の神様』が売り上げ4位だとか。
三周年フェアでの販売用に『終電の神様』シリーズのサイン本(約70冊)を作る。

解散後、リベンジに再びラーメンに挑戦。新潟ラーメン「上越味噌ラーメン」。
うーん。朝ご飯抜きで空腹で臨んだにもかかわらず美味しくなくて途中で止めてしまった。

一旦帰宅、3時間ほど休憩して、こんどは新宿へ。

花園神社の屋台で飲む、年に一度の定例会。

2018年11月11日

西武鉄道取材

午後10時、池袋のホテルで編集者と待ち合わせ、チェックイン。

午前0時、西武池袋駅へ。
西武鉄道の終電とバックヤードの取材。
終電の終わった後の駅の中の仕事など、ふだん知ることのできないことを取材できた。

午前2時、取材終了。
コンビニでビールを買って、ホテルに泊まる。

2018年11月10日

ヤクザ映画を観る会

黄金町の仕事場一階で、映像作家の吉本直紀さん主催の、ヤクザ映画について語る会。
少人数で、映画の話をすることができて、とても楽しかった。

2018年11月08日

散骨

 正午、根岸駅で義父をピックアップ。
 ヨットハーバーへ。

 桟橋に繋いであるヨットで、海に出て義母の散骨。

 故人の好きだったモーツアルトのクラリネット五重奏曲をかけ、その場所の緯度経度を記録し、小さな瓶のワインを注ぎ、バラの花を、義父と妻と僕と1人1輪ずつ合計3輪。(できるだけ海を汚さないように茎を除いて花弁だけ)
 散骨用に前処理され、水に溶ける袋に入った遺骨を海にいれ、音響信号長音一声。
 しばらく、付近を周回して名残を惜しんで母港に戻りました。
 曇りの予報でしたが、青空がのぞき、陽が射していました。
 操船がシングルハンドなので、離岸着岸が忙しかったけど、無事、お役目終了。
 風邪引いてるけど、海に出ている間は咳が出なかった。空気が湿っていて埃もないからかな。

2018年11月06日

徳間書店

夕方、徳間書店の担当編集者来訪。
1時間ほど事務所で話し、続きに伊勢佐木町の中華料理店で食事しながら、なんとなく次はどんな小説を書こうかなどという話。

ひいきにしてくださる出版社がいろいろあってありがたいことです。
むしろ、阿川の方の書く速度をどうやって上げて行くのかというのが大きな問題。

2018年11月05日

内科

午前9時、採血の予約で内科へ。
咳が出るので、診察もしてもらって、処方。

2018年11月04日

散髪

オートバイでヨットハーバーへ。
馴染みの人たちにあって立ち話。後、船の状態の確認。

創業141年、柴垣理容院で散髪。

2018年11月03日

いわの不動産開所祝い

オートバイで、三崎の下町の倉庫を改装してオープンした「いわの不動産」の開所祝いへ。
酒は飲めないので、お茶で乾杯に参加し、紅白のおまんじゅうを戴いて帰ってきました。

2018年11月02日

双葉社、打合せ

自宅近くのカフェで、双葉社の編集さんと次の長編の打合せ。
だいたいテーマは固まった。
あとは資料を通じてアイデアを膨らませて書きはじめる。