覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 洗車と三線調整 | メイン | デモ版 »

龍馬暗殺

スタジオの1階で映像作家吉本直紀さん主催の映画上映会。
ATG映画、黒木和雄監督「龍馬暗殺」脚本は清水邦夫。
1974年の作品だが、学生運動との対比となるような批判的作品になっていた。
大政奉還の後、次の主導権を巡る路線対立、セクト間の内ゲバ。
御旗だけの反体制。つぎにどういう国を作るのか。
語り合うが結論に達せず、坂本龍馬は隠れているだけで結局何もしないうちに殺害される。

同じ時間に別のイベントがあったこともあって、参加者はほとんど韓国のアーティストで、公用語は英語。

一日経って、三線が安定してきた。
このまま使えそうだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.agawataiju.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4125