覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 池袋 | メイン | テニス、のち、黄金町 »

Olympus OM-D E-M1 Mark2

午前5時くらいまで寝られなかったが、家でもそうなので、宿のせいではない。
「BOOK AND BED」は、実際に本を読む人がどれほどいるのかというのは別にして、本をコンセプトにしているおかげで、安宿独特の場末感がまったくない。洗面所やトイレも清潔でデザインされている。上手なビジネスモデルだと思う。
日本人よりも海外からの宿泊客が多い感じ。

午前10時に起きて、11時少し前にチェックアウト。
午前11時、立教大学第一食堂で朝食。カレーライス270円。
中庭で原稿書き。いい風が吹き抜ける。
授業中の時間帯の大学は人が少なくて居心地がよいのだ。

トイレを借りがてら、知り合いがやってる(笑)東京芸術劇場へ移動。
ホワイエの椅子には昼休みにくつろぐ会社員の姿も多い。

大回りして、清掃工場の前の陸橋で東口側へ。
ビックカメラ本店で Olympus OM-D E-M1 mark2 を触ってみる。
あんまり売る気のない展示。
南池袋公園の平日昼間の光景を取材して、昨日とは違う Veloce でアイスコーヒー飲みながら原稿書き。

黄金町へ行くために横浜駅で乗り換える。
ヨドバシカメラで Olympus OM-D E-M1 Mark2 を購入。
(ちょうど、この機種についてタイムセールをやっていたのが運の尽き)
ハイエンドの APS-C 一眼レフがキヤノンから発売されないので、主力機をオリンパスに乗り換えた。

いままでは、小型軽量を最重点項目として一眼レフは EOS Kiss X7 を使っていたけど、いざというときに操作性や反応でストレスなので、フラッグシップ機に変えたくなり、キヤノンには小型で高性能のモデルがないので、システムをオリンパス中心に変更することにした。

最近になってキヤノンもミラーレス一眼に力を入れ始めたが、確実に出遅れている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.agawataiju.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4183