覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








« 盛りだくさんの中で原稿書き | メイン | Olympus OM-D E-M1 Mark2 »

池袋

夕方から執筆と取材をかねて池袋へ。
そのまま「BOOK AND BED 池袋」に宿泊する。
池袋の駅前至近距離に一泊3570円で泊まれる場所があるのは、ちょっと不思議な感じがする。

行きの電車の中で、二級海上特殊無線技士の問題集を解く。
午後5時にチェックイン。
エレベーターでシンガポールから来ている若者に会った。
まず、腹ごしらえ。立教通り入り口の「日乃屋カレー」でカツカレー880円。
ドロリをカツの上からかけると、その下のご飯が真っ白になっちゃうんだよね。カツは横に避けるか、最後に上に載せて欲しい。
全国のカツカレーベンダーのみなさま、よろしくお願いします。ゆたしくうねげーさびら。

まずは、夜の執筆場所調査。
宿には本を読むソファはあるが、デスクやテーブルはない。
近くのドトールは21時まで、ベローチェが23時まで、サイゼリアが24時まで。
ジョナサンとハスとが午前5時まで。同じく午前5時までやっているスポーツバーが2軒。
飲み屋ばっかりでなく、平常の暮らしができる店がほぼ24時間あるのはいいね。

というわけで、午後9時まで Veloce で原稿書きして、午後11時過ぎからは、スポーツバーへ。
入り口で「テニスの全仏オープン見れますか?」といったら店のスクリーンを大坂の試合に切り替えてくれたので、ビールとハイボールとピザで2840円也。
大坂なおみはいきなり 0−6 で第一セットを取られ、第2セットもサービングフォーザマッチを握られたけど、大逆転でフルセット勝ち。
ある意味、世界ランキング1位の貫禄を見せた勝ち方だった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.agawataiju.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4182