覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








メイン

2018年02月12日

短編、脱稿

短編、結んだ。
50枚の予定が72枚。
雑誌でなく、短編集向けの書き下ろしなので、とりあえずこのままにして手離れさせる

2018年02月11日

牡蠣の会

黄金町の某所で、某氏主催の恒例の「牡蠣の会」

一斗缶で仕入れた加熱用の殻付きの牡蠣を、ただ電子レンジでチンしてひたすら食べる会。
楽しい会話とおいしいお酒。
ただし、僕はこれから小説追い込みなので、お酒はほんの少しで、午後9時過ぎには、仕事場へ。

タウリンたっぷりの牡蠣のおかげで、今夜も執筆絶好調。

2018年02月09日

ステーキ

事務所に出る前に、ステーキ200gとサラダ2皿。
朝まで好調を維持する。
やっぱり肉だな。

もしかして、2月9日は「肉の日」??

2018年02月08日

テニス、のち、仕事

午後1時から、いつもの場所でテニス。
10月以来、病気のため運動ができなくなっていた期間があり、まだ体力は完全に戻っていない。
高校時代の友人とふたりで2時間、たっぷりやったけど、慣れていないのでしんどかった。
首を上に向けるのが困難で、前回はサーブはアンダーハンドからだったけど、今日はスリークォーター気味ながら、上から打てた。

シャワーを浴びて、黄金町の仕事場に出勤。
執筆好調。
好調すぎて(笑)物語の風呂敷が広がって、分量が増えてしまっている。広げた風呂敷を畳むのが大変だ。

2018年02月05日

小説、追い込みモード

次の本のための短編の追い込みモードに入っている。
いつものように昼夜逆転。

2018年02月04日

きりきり舞い

バイクで、黄金町のオープンスタジオへ。
4人のアーティストが共同でつかっている場所を、2日間だけ公開。
秋山直子さんと栗原亜也子さんがいたので、作品とかその技法とかについて話を聞く。
自分の事務所へは立ち寄らずに、そのまま自宅へトンボ帰り。

午後2時半から8時まで、マンションのパーティールームを借り切って、妻が、テーブルを使って書類その他のものの整理をするので、ほぼ、その手伝いをする一日。
自分の部屋ではものが広げられずに片づけられないので、モノタロウで段ボールを20個購入して、それに詰め込んで広い部屋に運んで、わあああっと広げて整理をする、という荒技。

翌午前1時半に家を出て、午前4時までやっているジョナサンで、コラムのゲラチェック。

2018年02月03日

予定通りにいかない節分

リハビリのため、スポーツクラブでストレッチとジョギング、計1時間。

黄金町でのオープンスタジオと写真展訪問は諦めて、石川町のギャラリーでスザンヌ・ムーニーさんの個展だけを見る。
昼間の予定の3分の1しかこなせなかった。

夜は小説。午前1時半まで。
こちらは少しペースが上がってきたけど、まだまだ。

2018年02月01日

テニス中止

予定の時間の30分前になって雨が降りだして、今日のテニスは中止。
午後6時くらいから雨で、やがて雪、という予報だったけど、降り始めが随分と早まったようだ。
代わりにスポーツクラブで念入りなストレッチ。
昨年10月から2カ月以上、頸椎椎間板ヘルニアで運動できなかったので、体重も増えているし、筋力は落ちているし、体も硬くなっている。少しでも戻さないと、このまま老化していってしまう。

天気が悪いので、黄金町には出勤せず、家の近所で午後11時まで仕事。
妻は、雪に備えて、都内にホテルを取っていて外泊。

2018年01月31日

新井政彦『硝子の記憶』

 うれしかったこと。 新井政彦さんから、新刊『硝子の記憶』が送られて来たのだ。 新井さんの12年ぶりの新作だ。
 僕と新井政彦さんは、高嶋哲夫さんとともに、1999年の第16回サントリーミステリー大賞の同期。つまり、あの時の3人が最終候補になった。
 ふつうは文学賞の候補になっても顔を合わせることはないのだけど、サントリーミステリー大賞は、サントリーホールでの公開審査なのでお互いに控え室で初めて会って、名刺交換をしたりするわけです。
 この時は、高嶋哲夫さんが大賞(副賞1000万円)で、新井さんと僕は選外。(優秀作品賞という「残念賞」はもらった)
 そのままつきあいはつづいていて、6年後の2005年、僕はダイヤモンド経済小説大賞優秀賞でデビュー。年が明けて新井さんは光文社の2006年に日本ミステリー大賞新人賞でデビューと、ほぼ同時期。というわけで、無事、3人がデビューを果たした。
 さて、デビューしたけど、僕も新井さんも、それから苦難の道のりだった。
 その新井さんの11年ぶり(文庫からでは8年ぶり)の新作が、手紙を添えて送られて来た。
 これですね。ほんと我がことのようにうれしいのですよ。
 10年の間が空いてカムバックするのは、もしかしたら、新人としてデビューするのよりも難しい。ほとんど不可能に近いくらい大変なこと。それを成し遂げた、新井さんの小説を書き続ける執念に脱帽します。
 よかった。 高嶋哲夫さんは大活躍。僕も何とかベストセラーを出してやっと小説家であると胸を張れる感じになって、また3人で酒が飲める。
 16回サンミスのことについては、この本の解説で西上心太さんが、新井政彦さんの来歴を照会する中で、触れてくれています。

 発売は、2月8日です。

2018年01月29日

推理作家協会新年会

ホテルメトロポリタンエドモントで推理作家協会の新年会。
普段は会わない編集者以外の実業之日本社の人、何人かと話をした。
おかげさまで『終電の神様』は、2017年の実業之日本社文庫で売上第一位。

パーティは出版社の人が多く、作家側が少なかった印象。
おいしい料理がたくさん余っていた。
ローストビーフもステーキも寿司もしゃぶしゃぶも食べました。(笑)
ビンゴで、スコッチウィスキーが当たった。
春から縁起がいいけど、これで運を使い果たさないようにしたい。
7時過ぎに辞去して、どこにもよらずに、まっすぐ帰宅。

2018年01月28日

アマチュア無線という趣味

 アマチュア無線の無線局免許が下りてから、10日が過ぎたが、まだ1局もQSO(交信)していない。もちろんCQも出していない。
 移動運用のための持ち物パッケージ化とか、各種アンテナの試験とか、快適な運用のための小物の準備とそれの収納とか、システムインテグレーションが楽しくて、交信することはどうでもいい、という気になっている。(笑)
 100均グッズ大活躍。
 1Wハンディ機での430MHz帯のレピーターのアクセス可能なエリアマップの作成というのもなかなか楽しい。
 バイクへのインスタレーション法の検討、というのもいろいろ考えているけど、バイクにつけても、たぶん、使わない。(笑)
 趣味としてのアマチュア無線というのは、ほんとに奥が深いよ。電波出さなくてもこんなに楽しめるんだから。(厳密にいうと、試験電波しか出さずに楽しめる、だけど)
 少し先のテーマとしては、無線機のパソコンによる操作、ログのデジタル化、かな。
 一応、取材がてら(笑)日本アマチュア無線連盟(JARL)にも入会した。
 この一ヶ月で、機材などに20万円くらい投資しているけど、1局も交信しなくても、現時点までの楽しみで投資の元を取った気分だ。

2018年01月27日

オープンカーで焼きいもを売る

 みなとみらいでオープンカーの焼きいも屋さんを見かけた。
 オープンカーが似合う、かっこいいおにいさんと、かっこいいおねえさんがやっていました。たぶん冗談でやっているのだけど、すてきな冗談だと思う。
 明らかに違法改造だけど、僕は許す(笑)

 ところで、なんで近ごろのイルミネーションは青くなっちまったんだろう。
 昔は赤かった。「赤いネオン」という言い方があるくらい、電飾は赤が主流だった。
 青い電飾は、とくに冬に寒々としてあんまり好きじゃない。
 苦労して青色発光ダイオードができたからって、調子に乗って青ばっかり使わなくたっていいと思う。

日本アマチュア無線連盟

日本アマチュア無線連盟(JARL)に入会申込み。
入会金1000円、年会費7200円(高い!)振込。
あまりQSLカードの交換とかしないと思うけど、取材をかねて。(笑)
JARLに入会するのは6回目くらいかな。
入会するたびにコールサインが刻印された「門標」というのをくれるのだけど、昔からの物がそのまま家にある。

いろいろ気が抜けて無気力状態なので、夕方、妻と近所のカフェ「コクテル堂」へコーヒーを飲みに行く。焙煎会社の直営店。ここのコーヒー(390円)は本当においしい。

その後、4.5kmほどウォーキング。
仕事はおやすみ。

2018年01月26日

お断り

月に30本のコラムを書いている通信社を訪問。
3年間に1100本以上書いてきたが、病気をきっかけに、小説に専念するため、お断りすることにした。
幸い事情を理解してもらえて、期限を付けて交代することで了承。
事情を理解してもらえてありがたいことです。
大きな安定収入を失うことになるが、そもそも小説家になる為に会社員を辞め、なんとか小説家をつづけてきたので、あらためて本業回帰する。

2018年01月25日

事務所の片付け

午後5時から、アーティスト連絡会議。
土曜日に、事務所のシェアオフィスの空きの内覧があるので、めいっぱい拡張していた我がオフィスを、正常値まで縮小するための片付け。

2018年01月23日

地球市民賞

お世話になっているNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが、国際交流基金の地球市民賞を受賞した。
長い間の活動が評価されたわけで、とても喜ばしいことだ。

2018年01月22日

積雪

まさに先週からの予報通りの降雪。
これだけ降る降ると言われていたのに、底の滑りやすい革靴履いて予想通り転ぶ人とか、ノーマルタイヤで出かけて予想通り立ち往生してしまう車とか、なに考えているんだろうと思う。
いくら東京で降る雪が珍しいといっても、いつも大騒ぎになっているのだから、予想できているわけだし、予想通りにしかなっていないではないか。

2018年01月21日

阿川大樹からの謝恩会

午前11時から、黄金町は「のきさきブックフェア」。
午後2時から、阿川のトークイベント。
題して、『終電の神様』20万部突破記念トークイベント、ベストセラー小説の作り方!? 〜小説が生まれ、読者に届くまで〜 
実業之日本社の編集担当の藤森文乃さんとの対談形式。
従姉妹夫婦が会場に現れてびっくり。

夜は、お世話になっている黄金町の地域の人たち、アーティスト仲間、阿川の本に関わってくれた人たちを招待して、「阿川大樹からの謝恩会」。
食事は、地域の商店会からのケータリング。
差し入れをいただいて、用意したお酒と同じくらいのお酒が残った。
それもこれも、感謝、感謝。

2018年01月20日

ひがよしひろ ライブ

午後、秋葉原へ。
ハンディ無線機 VX-3 を購入。
週末の秋葉原は、新宿渋谷並の大混雑。
かつての秋葉原からはすごい変わり様だ。

徒歩で、神田小川町へ移動して、八重山そばのお店で、ひがよしひろのライブ。
ひがよしひろは沖縄・コザの友人で、シンガー・ソングライター。
イラストレーターでもあり、店は個展の会場でもあった。

2018年01月19日

都内へ

 新宿。
 Place M で、矢崎とも子さんの個展「女装放浪記」は想像はるかに上回るすばらしい写真展でした。
 行ってよかった。
 その後、手塚マキさんに教えてもらった食堂で夕食を摂り、友人のご母堂でもある亡くなったゴールデン街のママの弔いに「花の木」へ。
 満員の常連さん(初対面)としばしゆったりと故人を偲びました。
 僕は、常連というほど通ってはいませんでしたが、何度かお宅に泊めて戴いたりで、お世話になりました。僕にとっても「古き良き」ゴールデン街の入り口。

2018年01月18日

『終電の神様』25万部突破

21日の「のきさきブックフェア」専用のポップが版元から届いた。
ほぼ同時に『終電の神様』23刷決定を使えるメール。
累計25万部を超えました。

2018年01月17日

アマチュア無線局開局

アマチュア無線局の免許状が到着。
1月7日の申請なので暦で11日間。
ものすごく早い。(これを遅いという人もいるようだけど)
電子申請も紙の書類の記入より遥かに楽だし、個人的には満足度はとても高い。総務省、よくやっている。

2018年01月11日

aibo がやって来た

昨年の11(ワンワン)月11(ワンワン)日に注文した、SONY の犬型ロボット aibo が、本日1(ワン)月11(ワンワン)日にわが家に到着。
とりあえず、箱を開けて中を確認。
まだ、スイッチは入れていない。
性別を決め、名前を決めなくてはならない。
わが家には初代のAIBOもいる。

2018年01月09日

食事会

午前中、内科。
夜は、恵比寿のおそばやさんで、スウェーデンから帰国&来日している友人を囲む食事会。

2018年01月08日

成人の日

家を出ると、マンションの前にテレビカメラ。
スマホを手にした男性に呼び止められ、
「TBSテレビですが、○○階にお住まいの××さんご存じありませんか?」
どうやら何かの事件の当事者について取材をしているらしい。
知らないし、知っていても、人のプライバシーなど話しませんよ。

2018年01月07日

開局申請

インターネットから、アマチュア無線局の電子申請。
かつてと比べて、手続きがとても簡便になっている。

無線局の開設は何年ぶりだろう。

2018年01月06日

地上105m

マンションの屋上にアンテナを仮設して、調整してみたり、交信しているようすを聞いたり。
(免許が下りていないので、電波は出せない)
地上105mあるので、430MHzで遠くの局がよく聞こえる。
屋上は、マンションの共用施設を時間貸しで借りるので、「さっと設置してさっと撤収する」プチ移動運用。
逆にいえば、わざわざ移動しなくても、屋上に上がれば地上高105mのアンテナが簡単に手に入る。

2018年01月03日

秋葉原で無線機を買う

 ふと思い立って秋葉原。
 アトレにある三省堂で『終電の神様』第3位。

 残り少ない現存するアマチュア無線専門店、富士無線、ロケットアマチュア無線本館の2店を覗く。
 富士無線で、無線機 FT-817ND とアンテナ ATAS-25、それにモービル用のアンテナと同軸ケーブル5mを購入。
 買い物で疲れたので、昔ながらの喫茶店でコーヒーを飲む。

2018年01月02日

始業

正月2日。
本日より、仕事始め。

2018年01月01日

元旦

明けましておめでとうございます。

和風のお節をもって、昼、一人暮らしの母のところへ。
もう一組のお節をもって、夜は妻の実家へ。
わが家のお正月はこの日一日で終了。