覇権の標的 フェイk・ゲーム  幸福な会社 会社、売ります D列車でいこう インバウンド








メイン

2019年02月09日

タクシーで出勤。

仕事場についたら室温4度。
キーボード、冷たい。
液晶、色薄い。
エアコンつけたら、空気が動いて寒い。
ハクキンカイロがありがたい。

いままでも執筆佳境だったけど、いろいろ佳境で調子も上がり、午前7時まで仕事場に居た。
体力勝負のフェーズ。

2019年02月08日

外で仕事の日

気分を変えて家の近くで仕事。
シェアオフィスBUKATSUDOで23時まで、一旦帰宅して、翌午前1時前から4時前まで、ジョナサン。

2019年02月06日

国際VHF

午前四時前、帰り道、松屋でカレー(380円)食べてきた。
松屋のカレーうまいなあ。CoCo壱番屋よりうまいと思う。
(個人の感想です)
徒歩で家までの時間つぶしは、無線機で国際VHF(船舶間の通信)を聞きながら。
おやすみなさい。

2019年02月05日

マッサージ

夕方、行きつけのマッサージへ。
といっても半年ぶりくらいか。
どうにも身体が辛くてほぐさないと集中できない。
75分、5800円。生き返った。
身体がボロくなってきて、体調維持に時間もお金もかかる。
年を取るのは大変だ。
69歳になったら「おれって、ロックだろ?」というオヤジギャグ連発したい。
おかげで、執筆の調子が上がった。
執筆中のやつ、なかなかいい感じになってきたところで、翌午前3時過ぎ、今日はここまでとする。
このあたりにさしかかると、どんどんイメージが膨らんで、やっと楽しくなってくる。
飲み忘れていたリリカをあわてて飲んで、帰宅部の部活開始だ。

2019年02月04日

うれしいニュース。

 2017年2月発売の『終電の神様』が、紀伊國屋新宿本店の2018年年間売り上げベスト100の18位に入っている、との情報が入りました。
 びっくりするロングセラー。
 いろいろな人に感謝感謝。
『終電の神様 始発のアフターファイブ』の方も韓国語版のオファーが来ていますが、すすめていいですか、というのも。
 で、編集者は「そろそろ締め切りですがどんな感じですか?」と聞いてくる代わりに、このタイミングでこういうのをメールで伝えてくるわけです。なんともすばらしい手練手管であります。さすが、直木賞候補作も出している匙加減。
 などと感心している場合ではありません。
 創作の沼にふたたび沈みます。ゴボゴボゴボゴボ。

2019年02月02日

社交断絶

 執筆佳境モードのため、社交取りやめ中。
 推理作家協会新年会も予定通り欠席。
 本日参加を予定していたオープニングパーティもメンタルが社交を拒絶しているので、欠席することにします。
 そちらには改めて別の機会にうかがうことにしよう。

2019年02月01日

カイロプラクティックは偉大なり

体のメンテナンスのため、カイロプラクティックへ。
過去二日間、足の痺れが悪化していたのが、すっと消えた。
そのまま用賀で昼を食べ、一旦帰宅。
ベッドパッドを洗濯機にかけ、象印の加湿器のクエン酸洗浄をセットしながら、カレー作り。
執筆佳境で、食べ物のことを考えるのが面倒なので、チンして一皿で野菜もタンパク質も摂取できるように。
そうこうしているうちに午後4時になったので、そのカレーを食べてオートバイで出勤。
いろいろな服装を試しているが、今日は手袋を二重にしてみた。
一時間くらいならこれで行けるかな。
グリップヒーターを着けてしまう、という選択もあるけど、そういう設えをしているうちに、きっと春になってしまうだろう。
仕事場のBGMで聴いた Marcus Miller Band の So What がゴキゲン。
そのあとは、波の音を流しながら執筆。

2019年01月31日

家にとどまる日

今日から二晩、仕事で妻は外泊なので、見送った後、OKストアで買い物。
帰宅後、定番の白菜とベーコンのスープを作る。

帰る時間が雨か雪になりそうなので、スタジオへは出ない。
午後9時から「昼食」をより、家の近所のガストで、24時の閉店まで、原稿書き。
帰宅して、翌午前2時過ぎに、スーパーで買ったトンカツを食べながら缶ビール。これが夕食。

2019年01月29日

池袋

池袋をじっくり取材したいので、池袋のシェアオフィスの調査に。
二ヶ所内覧。
池袋はからは、自宅まで電車一本で座って帰って来られる。

腰の調子はいい。

2019年01月28日

スポーツクラブ

空いている時間を狙って、スポーツクラブへ。
筋トレをしっかりやると、腰の調子が良くなる傾向があるので、前回から種目を増やしている。

2019年01月27日

アーティスト会議

ICOM ID-31Plus が届く。
D-STAR対応機は初めてだけど、よくできている。
午後3時からの地域パトロールは欠席。
午後5時からアーティスト連絡会議、のち、新年会。
楽しく飲んで喋ったけど、仕事ははかどらず。
調子が出ない。

2019年01月24日

低調な日もあるさ

午後7時から「防犯教室」。
伊勢佐木警察の担当者が来て、2005年のバイバイ作戦の話。
あんまり仕事ができなかった。
集中力がない。やる気が起きない。
Amazonから、ダミーロードが届く。

2019年01月21日

メンテナンスデー

朝、眼科に行ってから、午後、カイロプラクティック。
家賃と業務委託費の振り込み。

最近、メンテナンスデーが多い。

2019年01月20日

牡蠣

黄金町で、牡蠣をたらふく食う会。
美味しいもの食べて、美味しい酒飲んで、たくさん喋って楽しかった。
ただ、社交をすると、原稿が進まない。

2019年01月18日

都内で打合せ

 南青山、骨董通りにある、お洒落な出版社で、打ち合わせ。
 表参道での打合せの後、乃木坂へ行って、国立新美術館で「レイコイケムラ展 イケムラレイコ 土と星」、六本木まで歩いて森美術館へ行って「カタストロフと美術のちから展」。
 森美術館のロッカーで、23日から国立新美術館で展示が始まる、かつての黄金町アーティスト仲間の志村信裕さんにバッタリ、何年ぶりだろう。招待券もらったぞ、イエイ。
「イケムラレイコ 土と星」はすばらしかった。
「カタストロフ……」は、会田誠のカラスとアイ・ウェイウェイのオデッセイが良かった。池田学も。
 個人的には、会田さん、字を書かないで絵だけ書いている方がいいと思う。
 災害を扱った作品は概して災害に負けてしまってました。自分で無心に現場に立ち尽くさないで、先に頭の中に災害をどう作り込もうって決めてしまっているような作品が多い。災害を「作品に利用しよう」としているから、災害の理解が既成概念に捕まってしまっている。むしろ、トコトン写実的に緻密に災害の光景を再現した方が作品に力が出ると思うけど。それも「現代アートの呪縛」なのかなあ。

2019年01月17日

阿川大樹原作「終電ちゃん」

 マンガ原作に初挑戦した「終電ちゃん」(作画/藤本正二)掲載の週刊モーニング(講談社)が発売になりました。
 吉野家でご飯を食べたついでにコンビニでゲット!

 新聞で「きょうの言葉」というコラムを1200本ほど書きましたが、鴻上尚史さんの言葉も何回か取り上げました。

 さて、コラムではありませんが、きょうの言葉は、
「大切なことは、自分の生き方に納得できるかどうかだ」

 いま、これを書いている黄金町には、そうして自分の生き方を大切にしている人たちがたくさん集まっています。そういう人たちと一緒にいることはとても心地よいです。幸福です。
 日本中の人がそう考えて生きたら、日本は素晴らしい国になると思います。
 神社にお参りするとき、僕は、いつでも手を合わせてまず最初に「世界中の人がそれぞれ自分らしく生きられますように」とお願いします。それから、個人的なあんなことこんなことをお願いします。
「自分の生き方に納得できるかどうか」を大切にして生きる人たちの集まり、そういう国づくりをできたらいいのにね。
 僕が小説を書いているのは、そのための社会運動みたいなものかもしれません。(笑)

2019年01月15日

寅さん映画について語る会

自分の仕事場であるスタジオの1階でのイベント。

映像作家の吉本直紀さん主催で「寅さん映画について語る会」。
ドキュメンタリー映画監督のの松元裕之さんも来てくれて、少人数でじっくり話ができた。

2019年01月14日

スポーツクラブ

リベンジで、スポーツクラブに行った。
体調維持は、なかなか大変。

2019年01月13日

日曜日はきらいだ

昼食は「かつや」でロースカツ定食。
スポーツクラブへ行きたかったが、日曜日は午後8時で終了してしまうので行けなかった。

2019年01月12日

あまり社交的でない

ヤマノカフェ。
原稿を書かなくてはならないので、夜の歓迎会はパス。

2019年01月11日

5回目のカイロプラクティック

行き帰りに二子玉川の駅ホームから見える多摩川が清々しい。

2019年01月10日

横浜へもどる

家に帰ったら届いていた「美術手帖」。生まれて初めて買った。
で、いきなり腹が立った。
「ここで学ぶのは技術でなく、固定観念や既成のものを一度疑ってみる目」(中学の先生)
 だって?
 いや、それはそれぞれ自分でやるからいいの。
 美術教育では技術を教えて欲しいの。義務教育、一般人はそこでしか技術を教えてもらう場がないんだから。唯一のチャンスなんだから。
 こういう勘違い(?)のおかげで、僕は義務教育でまともに絵の描き方1つ習ってこなかった。うまく絵が描けないままに大人になってしまった僕の年月を返して欲しい。
 一方で、「固定観念や既成のものを一度疑ってみる目」は、美術教育以外の所でちゃんと身につけてきたつもりだよ。
 美術の義務教育で教えることは、「芸術家の心構え」ではなく、「ただのふつうの人間が上手に絵を描ける」技術だと思うよ。算数が数学者のためのものではないのとおなじように。
 美術関係者は、もしかしたら「美術教育で必要なのは、技術ではなく固定観念を疑う目を養うことだ」という既成概念に囚われているんじゃないだろうか。それ、違うと思います。

2019年01月09日

普天間とかコザとか

 宜野湾の地元の方が、「オスプレイが並んでいるところを見に行きますか?」と案内してくれた。
 普天間基地を見下ろす、「嘉数の高台」と呼ばれているところ。
 しばらく、じっと立って、耳をそばだて、目を見開いて、いろいろな思いがよぎる、そういう時間を過ごした。
「沖縄の人は辺野古のサンゴのことなんてだれも気にしていません。日本政府のやり方が気に入らないっていうことなんです」
「空港だって拡張しているし、恩納村のリゾートだって、そこいらじゅうでサンゴなんて潰して埋め立てているんですからね」
 僕もそう感じていましたけれど、沖縄の、しかも、普天間基地の近くに住む人の口から、その言葉を聞くと、また複雑な思いが湧いてくる。

 昼にオーシャンでタコスを食べた後、普天間などへいって、沖縄最後の夜は、またコザへ戻った。
「りんりん」で晩ご飯を食べて、「Club Queen」でライブを楽しむ。
 生まれて初めて、「代行」を使って、恩納村へ戻った。
 友人夫妻が一緒だったので、コザの友人のみなさんへ連絡はしないで、勝手に行って勝手に楽しんで帰ってきました。すみません。

2019年01月08日

友人合流

滞在先に、友人夫婦、合流。
先日のレストランで大いに食べて飲む。

2019年01月07日

のんびり

近所を散歩してみたり、
かなーりのんびりしながら、
雑誌の新連載のゲラを見たり。
今晩は、デリバリーを頼んで、これからおうちご飯。
キッチンあるけど、お茶やコーヒー以外は自分でやらない。

2019年01月06日

沖縄へ

沖縄に来てます。
今回は妻と一緒なので、コザでなくリゾート。
The Orange という、まったく沖縄らしくないレストランが、予想外に美味しくてびっくり。

2019年01月05日

加湿器

新しい象印の加湿器が届く。
ほとんど湯沸かしポットの構造で、注ぎ口の代わりに蒸気の出口になっている感じ。

2019年01月04日

野毛山公園

4回目のカイロプラクティックへ行った後、仕事場へ出る途中で、野毛山公園へ。
昨日、野毛山公園から無線をやっている人がいたので、どんなところか来て見た。
展望台は標高51m、ほぼ360度どちらにも開けていて、無線をやるにはぴったりの場所。
無線機は持っていないので見ただけ。

2019年01月03日

新春散歩(QSOパーティ 2日目)

家の周辺が長閑な雰囲気なので、散歩に出る。
今日の午後9時までQSOパーティは続いているので、ハンディ機(VX−3)を持って出る。
自宅からは電波が飛ばないが、外へ出ればそれなりにできるだろう。

まず、高島中央公園。
430MHz。周囲の高層ビルに反射する感じでいろいろな局が聞こえてくる。
何局か交信。

次は臨港パークへ。
そこでも少し交信。
手の中に入る小さな無線機と小さなアンテナで結構遊べる。

じっとしていると寒いので、あとは歩く。都合10Kmくらい歩いた。

2019年01月02日

QSOパーティ

車で湘南国際村駐車場(横須賀市)までいって、アマチュア無線。
2−3日は「QSOパーティ」というお空の上での賀詞交換会のようなイベント。
10局ちょっとと交信。
特に話はしなかったけど、同じ駐車場に、無線をしに来ている車が他に2台いた。
仕事のことを忘れられた一日だった。

2019年01月01日

元旦

明けまして、おめでとうございます。

年が明けてから、タクシーで日ノ出町へ。
初詣は、日ノ出町の子の神社。甘酒を戴き、氏子代表の町内会長さんなどと立ち話など。
徒歩で帰宅して寝る。

寝て起きて、午後、それぞれの実家へ行く。
仕事はしなかった。