« 飾り窓トークスタジオ(終了しました) | メイン | 著者が売る本屋さん vol.3 »

阿川大樹

【あがわたいじゅ】

 小説家。日本推理作家協会会員。
 最新刊「D列車でいこう」(徳間文庫)は、発売6週間で4刷。
(ただし、これが初めての重版である)

「どんな小説を書いているのですか」と聞かれたときには、ちょっと悩んで「サスペンス小説でしょうか」と答えている。
 何にしても「のっぴきならないもの」を書き続けたいと思っている。

【販売予定タイトル】

  『D列車でいこう』 徳間文庫 660円
  『フェイク・ゲーム』 徳間書店 1890円
  『覇権の標的』 ダイヤモンド社 1785円
  『taro urashima』 私家版 1260円