メイン

2009年06月01日

村松恒平

【むらまつこうへい】

 ココロのボス。
 失われた心の立体像を再構築すべく、【心が大事】ブログにおいて奮闘中。
 著書に、禅の生まれたときを描く『達磨』(新刊!)、文章のバイブル、『文章秘伝シリーズ』全3冊、他。

 運営サイト 【心が大事】 【文章学校】 【ドラゴンアート】

【販売予定タイトル】
  『達磨』
  『秘伝 〈プロ編集者による〉文章上達スクール』
  『文章王』
  『書く人』
  『火星パンダちとく文学』(村松恒平 編集/カバーデザイン)

野中邦子

【のなかくにこ】

 『黒死病』とか『図書館』とか『貧困の終焉』とか、重厚長大な本(本の重量&テーマが重く、ページ数が分厚く、話が長く、本のサイズと取り上げる範囲が大きい)の翻訳者。
 今回はそんなイメージとは違うものを売る予定。


【販売予定タイトル】

  『少女と少年と大人のための漫画読本2008―2009』lilmag編、600円
  『レニ・リーフェンシュタールの嘘と真実』スティーヴン・バック著、野中邦子訳、清流出版、2600円

中野幸紀

【なかのゆきのり】

 ぶきっちょな自然科学者。測定器、アマ無線機、PCなどの設計製作運用などが好き。
 経済、法律、政策立案などもお得意。論文書きも楽しい。
 でも、「理性の国>フランス」の実証的社会探究がいちばん好き!

【販売予定タイトル】

  『はじめて学ぶフランス』 関西学院大学出版会 2004年 (2800円)
  「日仏経営学会誌」 Vol.26 2009 (1000円)
  『政策学入門』 東洋経済新報社 2003年 ・・・検討中

水瓶ジュン

【みずがめじゅん】

 40年近くエンジニアやってます。
 といっても対象は、写真、健康食品、化粧品などかなり嗜好性の強いものなので、スキあらば個性を前面に出した商品を世に出そうと思ってやってきました。
 処女詩集「ときどきの時」のタイトル通り、ときどき詩や小説を書いて来ました。小説は新感覚派の巨匠、中河与一に師事。
 定年後は未完の歴史小説2本を先ず完成させる事を目標に置いています。

【販売予定タイトル】

  詩集『ときどきの時』 紫陽社(1985)
  『オジサンよパソコンと闘うな』 夏目書房(1996)
  『騒人の刺客』  (株)ブッキング(2001)
  『各種乳化技術ノウハウ・事例集』 情報機構(2009)

実川元子

【じつかわもとこ】

 6歳のとき「ピーターパン」を夢中になって読みふけって以来、本がなくては生きていけない活字中毒者に。中学の卒業文集内の「将来の夢」に書いた「外国にかかわる仕事がしたい。モノを書く人になりたい」が、幸運にも実現してしまった翻訳業/モノカキです。
 興味分野はオンナ・コドモ・ファッション。
 最新刊『堕落する高級ブランド』(ダナ・トーマス著)はブランドの好き嫌いに関係なく衝撃の書!

【販売予定タイトル】
  『堕落する高級ブランド』(ダナ・トーマス著 講談社)
  『受けてみたフィンランドの教育』(実川真由との共著 文藝春秋)
  その韓国版。(カラー写真満載のビジュアル本になって韓国で発売になりました)
  『ココ・シャネル』(実川元子著 理論社)
  『エンパイア』(ミッチェル・パーセル著 実川元子訳 文藝春秋)
  『星と呼ばれた少年』(ロディ・ドイル著 実川元子訳 ヴィレッジブックス)
  『女の子のための仕事ガイド』シリーズのなかから1~2冊

すがやみつる/菅谷 充

【すがやみつる】

 出版界の片隅で40年以上も棲息するマンガ家(すがやみつる)兼娯楽小説家(菅谷充)。
 マンガの代表作は『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』。
 小説は『旭日のGP』など架空戦記を中心に1994年から62冊を刊行。
 現在は社会人大学院生でもある。

【販売予定タイトル】

  『マンガでわかる小説入門』 構成・すがやみつる、マンガ・横山えいじ。ダイヤモンド社刊
  『鳥よ飛びたて!』自費出版本。1978年
    「マンガ少年」掲載のアニメーターを主人公にしたマンガ。
    時代マンガ『伊佐入道の首』も収録。
    原作者・石津嵐とすがやみつるの交流エッセイもあり)
  『ゲームセンターあらし全百科』 小学館。1982年
    『あらし』アニメ化の際に刊行された『あらし』入門書。レア本。
  『荒鷲の航空艦隊』(学研刊。架空戦記小説最新刊)

大崎梢

【おおさきこずえ】

 2006年5月、東京創元社より『配達あかずきん』でデビューして丸三年。
 他社でもいろいろ書かせてもらいました。
 『片耳うさぎ』光文社、『夏のくじら』文藝春秋、『スノーフレーク』角川書店。
 児童書シリーズはポプラ社。
 やりたいことをやりきってしまった感がよぎりつつも、秋には8冊目の単行本が光文社より出ます。
 新たに連載も始めるつもり。何を書くんだ>自分、というのがもっぱらの個人的興味です。

【販売予定タイトル】

  『配達あかずきん』東京創元社 文庫版
  『配達あかずきん』新書館 漫画版
  『サイン会はいかが』新書館 漫画版
  『公園七不思議』ポプラ社 天才探偵線シリーズ ポケット文庫
  『オルゴール屋敷の罠』ポプラ社 天才探偵線シリーズ ポケット文庫
  『呪いだらけの礼拝堂』ポプラ社 天才探偵線シリーズ ポケット文庫

山口芳宏

【やまぐちよしひろ】

 第17回鮎川哲也賞受賞作『雲上都市の大冒険』でデビューした新人探偵小説家です。
 中学生でも楽しめる文章、内容を心がけているので、ホームズやルパン(三世も可)や名探偵コナンが好きな方なら十分に楽しめると思います。
 ご興味のある方はぜひ。

【販売予定タイトル】

  『雲上都市の大冒険』(東京創元社、2310円)
  『豪華客船エリス号の大冒険』(東京創元社、2100円)

ひかわ玲子

【ひかわれいこ】

 なんだかんだで長く文筆で仕事をしています。
 最初に物語を書いて原稿料をいただいたのは、1983年、「イズエ・ラ・リンの竜」というファンタジーを友人のイラストレーターと組んで、雑誌に載せていただいた時のことです。
 1988年に、翻訳の仕事で、初めて本を商業出版していただきました。これは、創元推理文庫でシリーズものとして刊行されていた、マリオン・ジーマ・ブラッドレーというアメリカの女性SF作家が書いた〈ダーコーヴァ〉という世界を描いた作品の一作で、『壊れた鎖』という本でした。氷川玲子名義です。
 1989年、結婚した年に、六月から、『ドラゴンマガジン』という中高生向けの小説雑誌でファンタジーを書くチャンスに恵まれました。『バセット英雄伝エルヴァーズ』という物語です。イラストを描いてくださったのが、当時、『マクロス』というアニメーションで人気を博していた美樹本晴彦さんという方だったこともあり、それから四年あまり連載を続けることになり──また、今も書き続けているハラーマ大陸、という空想上の世界を構築して異世界ファンタジーのシリーズ、〈女戦士エフェラ&ジリオラ〉も多くの読者に恵まれ、あれから20年、今も作家として活動を続けています。
 今年で20年目ですね。

【販売予定タイトル】

 当日は、「ローラリアス」という、30周年を迎える老舗のファンタジー同人誌で参加したいと思います。
 わたしが書いた、アーサー王伝説の短編の他、2007年に他ならぬ横浜で開催されたSFワールドコンにおける、ファンタジー・パネルのレビューなども載っています。
 あと、わたしがデビュー15年目の時に記念に作った同人誌も持っていけたら行きたい、と思います。
 よろしくお願いします。

2009年08月17日

西牟田靖

【にしむた やすし】

 旅にこだわり、現場にこだわり、実感にこだわり、イデオロギーにとらわれず事象に向き合うことを武器とする新世代のノンフィクション作家。
 1970年大阪生まれ。
 北方領土・竹島・尖閣諸島・沖ノ鳥島への上陸を試みたり、タリバン政権下のアフガニスタンに潜入したり、といった挑戦的な旅を重ねている。
 雑誌「本が好き!」(光文社)にて「ニッポンの穴紀行」を連載中。

【販売予定タイトル】

 『僕の見た「大日本帝国」』(2005)
 『写真で読む 僕の見た「大日本帝国」』(2006)
 『誰も国境を知らない』(2008)

檀原照和

【だんばら てるかず】

 「土地にまつわる習俗」をテーマにした作家。
  舞台活動を経て執筆を始める。
  キューバやNYでヴードゥーの儀式に参加して踊ったり、東京で秘密結社
  フリーメイソンのパーティーに参加したり、横須賀で海中軍事遺跡「第三
  海堡」引き上げ工事に参加したりしながら、二冊の著作を書き上げる。


【販売予定タイトル】

 『消えた横浜娼婦たち』(2009)

新井政彦

【あらい まさひこ】

 2004年、『ユグノーの呪い』で第8回日本ミステリー文学大賞新人賞(光文社)を受賞しました。
 あきらめないで長く書き続けていればどうにかなるという典型で、小説を書き始めてから受賞するまで20年かかりました。
 自分では寝食を忘れて小説に打ち込んでいるつもりですが、気がついてみると麻雀やソフトボールやドライブなどにも十分に時間を使っていることが判明。
 みなさんにお目にかかれるのを楽しみにしています。


【販売予定のタイトル】

 『ユグノーの呪い』(光文社文庫)
 『ふたりのノア』(光文社文庫)

常田景子

【つねだ けいこ】

 俳優、舞台制作を経て、翻訳家となったので、書籍の翻訳もやっていますが、舞台公演の台本翻訳がメインです。
 2001年、第8回湯浅芳子賞、翻訳脚色部門受賞。


【販売予定のタイトル】

 「リディキュラス!」(新宿書房)
 「現代戯曲の設計」(ブロンズ新社)
 「モラル・インテリジェンス」(朝日新聞社)
 「路上の砂塵~ハーストン自伝」(新宿書房)」

日野やや子

【ひの ややこ】

 1978年横浜うまれ。
 横浜育ち、横浜在勤。
 2002年より作歌をはじめ、ネット発の若手歌人を中心に発行している短歌同人誌「歌クテル」(うたくてると読みます)に参加しています。
 紙の上や、紙でないところを舞台に、いろいろやりたいなあ。と、思ってます。


【販売予定タイトル】

 「歌クテル 2号」
 「歌クテル 3号/太陽編」
 「歌クテル 3号/月編」
 「歌クテル 4号」
            (各500円)

高嶋哲夫

【たかしま てつお】

 神戸の垂水というところに住んでいます。
 東京からは、ずいぶん遠いです。新幹線だと家を出てから、東京に着くまで四時間以上かかります。
 ミステリー(?)を書いています。最近は、パニック小説だとか、シミュレーション小説だとか言われています。。僕には、よく分かりません。

 詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
 http://www.takashima-tetsuo.com/

【発売予定のタイトル】

 『追跡 -鉄道偵察隊-』
 『風をつかまえて』
 『ミッドナイトイーグル』
 『命の遺伝子』
              など。

汐見 薫

【しおみ かおる】

 都内杉並区に住んでいます。
 銀行員を長くやったのちに、私立中学・高等学校教諭に転じて目下継続中。出版社には取りあってもらえないのですが、ほそぼそと執筆してます。(^-^;
 『ガイシの女』(講談社)を数冊、叩き売りしようと思ってます。 

【販売予定のタイトル】

 『ガイシの女』(講談社)

阿川大樹

【あがわ たいじゅ】

 歌舞伎町の女性のたくましさを描いた長編『フェイク・ゲーム』(徳間書店)が5月に発売になりました。
「どんな小説を書いているのですか」と聞かれたときには、ちょっと悩んで「サスペンス小説でしょうか」と答えていますが、現在は、沖縄が舞台の恋愛小説も執筆中。
 何にしても「のっぴきならないもの」を書き続けたいと思っています。
 日経ビジネスオンラインで『第三企画室、出動す』を連載中。
 のっぴきならないのが〆切だけ、にならないように自戒しつつ、これからも、あがく人、たたかう人の物語を書きつづけます。


【販売予定タイトル】

  『フェイク・ゲーム』(徳間書店)
  『D列車でいこう』(徳間書店)
  『覇権の標的』(ダイヤモンド社)
  『ワールドカップは終わらない』ブッキング